離婚から1年が経過しての熱愛報道。もちろんお互い独身。本来なら祝福の声があってもおかしくはないが……再び女性問題で物議を醸した東出昌大(33才)が窮地に陥っている。今度は芸能生命、さらには父親としての権利すら奪われる可能性が出てきた。

 それは、迷いをすべて取り払ったような、どこか吹っ切れた笑顔だった──。10月14日、フランス大使館で開催された『フランス映画祭2021 横浜』の記者会見にフェスティバル・ミューズとして登場した杏(35才)。

 シャネルのロゴがあしらわれた純白のノーカラージャケット&スカートに、キラキラ輝くベルトやピアスまでシャネルという装いで、会場を魅了した。記者からの「フランスに住みたいですか?」という問いかけに、「はい、そうですね」と笑顔を見せたが、これはリップサービスではない。フランスへの移住。それは、彼女がいま切望していることであり、同時に元夫への絶縁を意味する。

 会見では終始笑顔を見せていた杏だが、この前日、彼女の心を大きく波立たせる出来事があった。それは、元夫・東出昌大の熱愛報道だ。『文春オンライン』によれば、東出は数か月前から20代のハーフ美女・A子さんと交際。A子さんの部屋の合鍵を持ち、足しげく通うばかりか、10月上旬、新作の撮影のため滞在していた広島県呉市内のホテルに彼女を呼び寄せて3連泊させていたという。

「このコロナ禍で、しかも未発表の作品のロケ地に交際相手を連れ込んだことに東出さんの所属事務所は激怒しています。そもそも東出さんは昨年1月、女優の唐田えりかさん(24才)との不倫が報じられ、出演していた4本のCMが契約解除になるなど、事務所は大打撃を受けました。

 2億円ともいわれる違約金を事務所が肩代わりしたのも、彼に反省を促し、今後を期待していたからこそ。撮影中の新作だって、周囲のかたがたが頭を下げて獲得したもの。それなのに、東出さんは恩をあだで返すような行動をとった。事務所幹部の怒りはすさまじく、東出さんは謹慎、あるいは解雇の可能性もゼロではありません」(芸能関係者)

 この新恋人・A子さんの素性も東出の“学習能力”のなさを露呈した。A子さんは一般人だと報じられたが、インターネット上ではちょっとした有名人で、インスタグラムでもかなりのフォロワーを持つインフルエンサーだ。

「実は、A子さんは自分のインスタのストーリーに、東出さんとの写真を何度か公開していたんです。以前から知り合いの間では“もしかしてつきあってるの?”と話題になっていました。このような匂わせ投稿が何度かあり、交際情報が広まってしまったんです」(東出の知人)

 唐田もSNSで何度も東出との交際を匂わせる投稿をしていた。それが不倫発覚の糸口にもなり、さらに唐田が激しいバッシングにさらされる一因ともなった。しかし、そんなことなどおかまいなしといわんばかりに、東出はまたもや“匂わせ女子”と恋に落ちてしまったというわけだ。

「A子さんは名家の生まれなんですよ。祖父母はともに有名な大学教授で、祖母は勲章も受章しているほど。さらに母親は音楽家と、まさに華麗なる一族。彼女自身も容姿や才能に恵まれ、有名YouTuberの後押しもあり、ライバー(ライブ配信者)として活動していたんです。

 東出さんのことを“5才児みたい”とのろけていたようですが、交際発覚後は、インスタを全部削除。それも唐田さんと同じ反応だったので杏さんは怒っているでしょうね」(前出・東出の知人)

養育費が一方的に振り込まれていた

 再び女性問題で注目を浴び、“懲りない男”であることを証明してしまった東出。彼は杏との間に5才の双子の女の子と、4才になる男の子を持つ父親である。親権を持つ杏は、もはや怒りを通り越して呆れ果てているそうだ。

「昨年8月の離婚成立後からずっと、杏さんは東出さんに“せめて父親としての責任は果たしてほしい”という思いでいました。でも、東出さんから提示された養育費は子供1人当たり月額1万円、合計3万円。これには杏さんも愕然としたそうです」(杏の知人)

 金額が多ければ責任を果たしているとは一概に言えないが、この金額にはさすがに杏も黙ってはいなかった。

「“1万円は納得がいかない、もう少し何とかならないか”と杏さんは返答したそうです。杏さんは金額が少ないことに怒っているのではなく、子供たちのために少しでも多く払おうという誠意が感じられないことに憤っていたんです。それなのに、まだきちんと合意ができていない段階で東出さんは一方的に3万円ほどを振り込んできたそうなんです。“払えばいいんでしょ”と言わんばかりの態度に杏さんの中で、何かがプツリと切れたんでしょうね。

 これまでは月に一度、子供たちと東出さんを会わせていたそうですが、それも今後は考え直す可能性があります。もう縁を切りたい、というのが本音ではないでしょうか」(前出・杏の知人)

 実際、杏は東出に頼らずとも3人の子供を女手一つで育てるべく、仕事に邁進中。ここ数年は子育てもあり、仕事量をセーブしていたが、離婚成立後は一気に仕事を増やし、育児と見事に両立させている。

 そんな彼女はいま、持ち前の行動力である計画を実行に移そうとしているという。それが、子供たちを連れてのフランス移住だ。

「杏さんは、以前からヨーロッパで暮らしたいと公言していました。なかでも、かつてパリコレモデルとして活躍した杏さんにとって、フランスは青春時代を過ごした思い出の地。フランス語も猛勉強しているし、ただの夢じゃないようです」(前出・杏の知人)

 フランスへの思いは、冒頭で紹介した会見での“移住宣言”にも表れている。しかし、この宣言は、単なる憧れではなく、シングルマザーとして人生をかけた一大決心だったという。

「上の双子のお子さんは、東出さんがどんな問題を起こしたのか、なんとなくわかるようになってしまったそうなんです。再来年小学校に入学すれば、クラスメートに父親のことを何かと揶揄されるかもしれない。

 それに娘さんたちが傷つくのが杏さんはいたたまれないのでしょう。でも、異国の地なら注目を浴びることなく、普通の生活を送れる。今回の東出さんの熱愛報道を受け、今後東出さんが何かしでかすたびに、子供たちにも影響が及ぶことを考え、移住への決意を固めたそうですよ」(前出・杏の知人)

 5年ぶりの出演映画『CUBE 一度入ったら、最後』が公開され、さらにドラマ『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)にも主要キャストとして出演中と活躍を見せている杏。東出とは対照的に、世間からも彼女を応援する声が高く、仕事のオファーは引きも切らないという。

「実は来年の夏クールでドラマ出演が決まりそうで、それを最後に渡仏するのかもしれません。子供たちがある程度大きくなるまでは、フランスでできる仕事を探していくつもりなのでしょう。そうなれば、東出さんと会うことは難しくなる。移住宣言は、“私と子供たちの人生に、あなたはもう必要ない”という東出さんへの痛烈なメッセージなのでしょう」(前出・杏の知人)

 冒頭の会見で、フランスについて「住んでみると刺激がたくさんありそう。街が違うと気持ちも変わるような気がします」と話していた杏。元夫がいる東京という街を離れた先に、彼女の新たな未来は開けている。

※女性セブン2021年11月4日号