V6の最後の日が迫っている。メンバーが誰一人欠けることなく26年間駆け抜けてきた彼らだが、決して順風満帆だったわけではない。なかでも、悩み、耐え抜いて成長してきたのが岡田准一(40才)だった。初めて総括される岡田とV6メンバーの物語──。

「最後、大事に歌いたいと思います」。10月15日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)は、11月1日をもって解散するV6にとって同番組への最後の出演回となった。スペシャルメドレーを歌い上げるステージの直前、岡田准一は噛みしめるようにコメントした。

 デビューから26年を振り返ると、メンバーのなかでもっとも悩み、努力を重ね、成長したのは岡田だったかもしれない。

 V6のデビューは1995年9月。「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして結成されたのが、きっかけだった。

 メンバー構成が特徴的で、リーダーの坂本昌行(50才)、長野博(49才)、井ノ原快彦(45才)の年長者3人からなる「20th Century(トニセン)」と、森田剛(42才)、三宅健(42才)、岡田の年少者3人組「Coming Century(カミセン)」の2つのユニットで構成される。

 岡田は最年少で、デビュー当時は14才。ジャニーズ入りのきっかけは、バラエティー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)だった。1995年3月に同番組内の企画『ジャニーズ予備校』でオーディションに合格し、ジャニーズ事務所に入所。夏には地元の大阪から上京して、ジャニーズJr.で活動を開始する。そこからわずか3か月でV6のメンバーに選ばれ、ジャニーズ史上最短でのデビューとなった。

「最年少の岡田さんは、いまも昔もグループ内ではイジられ役です。当時、共同生活を送っていた合宿所で岡田さんが寝ていると、森田さんと三宅さんから睡眠を邪魔されたり、勢いあまってキスマークをつけられたりと、微笑ましいイタズラをしょっちゅうされていたそうですよ(笑い)」(芸能関係者)

 日常生活ではすぐに打ち解けたものの、ステージ上ではそうはいかなかった。

「森田さんと三宅さんは、ジャニーズJr.時代から圧倒的な人気を誇っていました。『剛健コンビ』という名前がついていて、Jr.で初めてコンサートを開催したほどです。

 森田さんのダンスは群を抜いていました。後輩の憧れの的でもあって、森田さんのダンスを真似しようとするJr.も少なくありませんでした」(前出・芸能関係者)

 下積みのJr.時代に技術を磨いた森田と、Jr.時代が極端に短い岡田に実力差が生じるのは当然のことだった。岡田は同じグループの森田の背中を、必死に追いかけることになる。

 岡田は過去のインタビューで、デビュー直後から最前列で踊る森田に対し、「初めの頃はちょっとしゃべりにくかった」と明かしている。イジられ役でコミュニケーションが取れていたかに思えたが、大きな溝があったのだ。

 森田の存在が、岡田にコンプレックスを抱かせたこともあった。

 岡田は2016年12月に『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した際、森田の存在をこう振り返っている。

「森田くんとか天才肌だと思うんだけど、天才肌の人たちを見て、『おれは普通だ』っていうのを若い頃にわかっちゃったっていうか……。アイドルとしても劣等感しかなくて……何やっても向いていると思えなくて……」

 数か月前まで地元でラグビーに明け暮れ、体育会系だった少年が、きらびやかな衣装をまとって女性ファンに手を振る。急激な状況の変化に、岡田少年の心は追いつかなかったのかもしれない。

 一方で森田は、ステージ上で迷いながらパフォーマンスを続ける岡田の前で、輝きを増していく。

10年以上、口もきかず

 1997年、V6の名を全国区にしたバラエティー番組『学校へ行こう!』(TBS系)がスタートする。

「心が追いついていなかった岡田さんは、意識的に収録で消極的な態度を取ったこともありました。反対に森田さんは、その番組で新しい引き出しを見つけています。それまでの森田さんは人と話すのが面倒と周囲に話していたのですが、バラエティーを経験するなかで、分け隔てなくコミュニケーションを取るようになっていったんです。その姿を目の当たりにした岡田さんは、さらに追いつめられている様子でした。殻にこもるようになり、メンバーとはほとんど口をきかない状態だったそうです。後に、この頃を振り返って“末っ子の反抗期状態”と自分で語っています」(テレビ局関係者)

 2010年に出演した『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、岡田が「20才になったら事務所を辞めて、中学校の社会の先生になりたかった」と明かしたのは有名な話だが、当時は、かなりナイーブになっていたのだろう。

 そんななか、人生を変える仕事に出合ったのは、2002年のこと。ドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)への出演で、役者の面白さを見つけたのだ。岡田は反抗期を続けたまま、役者にのめり込んでいく。

「大量の作品を鑑賞したり、役のために格闘技や乗馬を習得したりして、役者としての引き出しを増やしていきました。それらの努力が実り、2007年に主演した『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)で、アクション俳優として高い評価を受けました」(前出・テレビ局関係者)

 2008年に『学校へ行こう!』が終了すると、V6はソロ活動に力を入れるようになる。

 岡田はますます俳優業に邁進するようになり、2014年にはNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主演を果たした。

 映画界でも評価されはじめ、2015年の第38回日本アカデミー賞では、『永遠の0』(2013年公開)で最優秀主演男優賞を、『蜩ノ記』(2014年公開)で最優秀助演男優賞をダブル受賞。これは史上初の快挙であり、現役ジャニーズタレントが日本アカデミー賞を受賞することも初めてのことだった。

 現在公開中の映画『燃えよ剣』でも、主役の土方歳三を熱演している。いまや押しも押されもせぬ日本を代表する役者となった。

「岡田さん本人いわく、メンバーと口をきかないという反抗期は、日本アカデミー賞を受賞した2015年頃まで続いていたようです。でも岡田さんのなかでは反抗ではなく、自分が役者として認められることこそが、グループにとっても事務所にとってもいいことだと信じて、役者に没頭した結果だったようです。森田さんの眩しすぎる背中を見て、岡田さんは自分の道を模索した。グループに迷惑をかけるわけにはいかない。V6の岡田として、役者で成功する。そういう強い思いがあったようです」(前出・芸能関係者)

森田の言葉に岡田が涙

 アイドルとして岡田の前を走っていた森田は、役者としても一足先に頭角を現していた。V6結成前の1994年、15才のときに『半熟卵』(フジテレビ系)でドラマデビューすると、NHK大河ドラマにも出演。『八代将軍吉宗』(1995年)、『毛利元就』(1997年)、『平清盛』(2012年)と3度も出演している。

 だが、2人が“交わる”ことはない。岡田が「映画」や「ドラマ」なら、森田は「舞台」を主戦場にしていく。2005年の舞台、『荒神〜AraJinn』以来、数々の舞台作品で主演を務めてきた。

「2010年には故・蜷川幸雄さん(享年80)が演出の舞台『血は立ったまま眠っている』に主演しました。森田さんの演技力が認められ、その後、蜷川さんから目をかけられるようになった。蜷川さんと接するなかで演技の固定観念を覆され、ますます舞台に没頭するようになりました」(舞台関係者)

 舞台で磨かれた森田の演技は、映画にも生かされている。2016年に初主演した映画『ヒメアノ〜ル』(R-15指定)では猟奇的な殺人犯を好演した。

 来年1月には、森田が重要な役どころで出演する映画『前科者』の公開が予定されている。

 個々の活動にも重点を置くV6ゆえ、岡田と森田が“共演”することはほとんどなかった。しかし、10代から苦楽を共にしてきた岡田のことを、森田はずっと気にかけていた。

「2015年にNHKの音楽番組『SONGS』にメンバー揃って出演した際、森田さんは大河ドラマや映画で大役を務める岡田さんに、『(V6の)みんなで集まっているときくらいは、何も考えずに笑っていてほしい』と温かい言葉をかけていました。必死に演技を磨いていた岡田さんを、森田さんはしっかりと見ていたんです。岡田さんは『剛くんからそんな言葉が聞けるなんて……泣けるよ』と、言葉をつまらせていました」(前出・芸能関係者)

 2015年は岡田の長い反抗期が終わりを告げた年と重なる。この森田の言葉が関係しているのかは、岡田にしかわからない。

 森田と岡田の成長は、グループ全体にも影響を及ぼしてきた。

 最年長のリーダー・坂本と最年少の岡田の年齢差は9才。岡田はデビュー当時、坂本に何度も怒られ、「ホント怖くて、ほとんどお父さんだった」と、後年語っている。

 長い下積みを経験してようやくデビューを果たした年長組の「トニセン」と、年少組の「カミセン」の関係は時間とともに変わっていった。

「デビュー当初こそトニセン主導で物事が決定していましたが、近年は岡田さんと三宅さんの発言が多くなっているようです。そこに森田さんが局所的にアイディアを付け加えるケースが多い。年長組は以前のように意見する機会は減り、年少組が決めた内容に穏やかに頷くというのがここ数年のパターンです。カミセンが成長したことで、安心してグループのことを任せられるようになったということでしょう」(前出・テレビ局関係者)

 デビュー当時のV6は、森田と三宅が絶対的な2トップとしてグループをけん引していた。26年の時を経て、劣等感と憧れの間で揺れた岡田も中心メンバーとなり、実力派のトニセンの3人が支える。最高のチームワークを誇る6人が、間もなくV6としての最後の日を迎える。

※女性セブン2021年11月4日号