包丁の使い方を専門家からアドバイスされると「めんどくさいわ〜」と大げさに顔をしかめる。炒めた油のにおいを嗅いだサンドウィッチマン伊達みきお(47才)の「IKKOさんのお化粧のにおいだ」というボケには「まぼろし〜!!」と全力で返す。その日、スタジオを懸命に盛り上げたのはIKKO(59才)。10月17日に放送された『サンドの日本一めんどくさ〜い料理店』(フジテレビ系)の一幕だ。

「IKKOさんは、こだわりの強い料理人が考案した麻婆豆腐作りにチャレンジしました。手際よく料理しながら、サンドウィッチマンさんのボケにテンポよく反応するなど安定した活躍でしたね」(芸能関係者)

 その日、スタジオゲストには平愛梨(36才)がいた。天然で知られる彼女は、IKKOが作る麻婆豆腐を見て、「お豆腐が生きているみたいですね!」と発言し、周囲を笑わせた。しかし──。

「当初、平さんがその麻婆豆腐を作る予定だったそうですが、収録日を前にして急きょIKKOさんが務めることになったとか。最近、平さんは仕事に対し、より考えるようになった。その裏には夫の長友(佑都・35才)さんの影響があるともっぱらです」(芸能リポーター)

 平は同日放送の『スクール革命!』(日本テレビ系)にも4年半ぶりに出演するなど、テレビ出演が増えている。

「サッカー日本代表の長友さんが9月、11年ぶりにJリーグ・FC東京に復帰しました。平さんもそれに合わせて帰国し、徐々に芸能活動を増やしていくそうです」(前出・芸能関係者)

 平と長友が結婚したのは2017年。当時、長友はイタリアのチームに所属していたため、新婚生活はイタリア・ミラノで送った。その後、彼がチームを移籍するのに合わせ、トルコ、フランスと見知らぬ土地で生活してきた。

「平さんは日本を離れてイタリアに移るとき不安があったようで、飛行機の中で泣き続けたそうです。その際、長友さんが“大丈夫だよ!必ず人は慣れるからね”“これまで以上に幸せになるよ”とポジティブに励ましていました」(前出・芸能関係者)

 夫婦には3才、2才、6か月の3人の男の子がいる。平は全員を不慣れな海外で出産した。孤独感や不安も感じたはずだが、いつも近くにいたのが長友だった。海外で過ごした4年間は、平をたくましくさせ、そして、夫婦の絆をより強くさせた。平は夫のJリーグ復帰に際してインスタグラムに《彼の夢は私の夢》と綴っている。いつでも夫婦ふたりで話し合い、行動してきた──それだけに、平は長友の影響を強く受けるようになったようだ。

「アスリートの中でも、長友さんのストイックさは有名です。コンディション作りにも決して手を抜きません。そうしたプロ意識から平さんも学ぶことが多かったのでしょう。いまでは、一つひとつの仕事を受けるべきかどうか長友さんに相談していて、今回の仕事についても長友さんと話し合ったそうですよ」(前出・芸能リポーター)

 スポーツ選手の妻が料理番組に出演すると“そんなこともできないで夫の体調管理ができるのか”“ネイルをしながら料理するなんて!”とちょっとしたことで炎上しがち。そのリスクを考えて、料理するのをやめたのかもしれない。フジテレビに聞くと、「制作の詳細に関してはお答えしておりません」(広報宣伝部)とのことだった。

「平さんが、辛いものが苦手だということも関係あったようです。スタッフは内容の変更に、大慌てだったでしょうね」(スポーツ紙記者)

 平の料理シーンはまぼろし〜に終わった。

※女性セブン2021年11月4日号