京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコがDNA鑑定や画像解析など最新の科学を駆使して、難事件を解決する人気ドラマ『科捜研の女』(木曜午後8時、テレビ朝日系、以下『科捜研』)。1999年に第1話が放送され、現行の連続ドラマの中で最長の歴史を誇る人気シリーズだが、テレ朝関係者はいう。

「実は『科捜研』は、今シーズンを最後に、終了することが決まっています。厳密に言えば、同ドラマが放送されている“木曜夜8時枠”ごとなくなります」(テレ朝関係者)

 背景には、個人視聴率が重視されるようになったこと、京都撮影所で撮影されるため、出張費や滞在費が余分にかかることなど、さまざまな理由が囁かれているが、マリコを演じる沢口靖子(56才)が多大なショックを受けたことは想像に難くない。今回の決定を受けて、沢口の知人が嘆息する。

「沢口さんは突然の“クビ切り宣告”が残念でたまらないはずです。なにしろ彼女は、『マリコは私の分身』と常々口にするほど、このドラマに打ち込んでいましたから」

 キャストのなかで唯一、シーズン1から同一役で出演し続けている沢口は、全身全霊でマリコ役に臨んできた。「沢口さんはとにかく真面目なんです」と語るのは、ドラマの制作スタッフだ。

「勝手知ったる大ベテランなのに、沢口さんはクランクインの1週間前には京都に入って、撮影に備えます。クランクイン直前に移動するのでは体調を崩すかもしれないし、万が一、自然災害で新幹線が不通になったら困るからとのこと。熱血刑事役で共演する内藤剛志さん(66才)は、『ほかの共演者にプレッシャーがかかる』と苦笑しています。

 しかも沢口さんはせりふを完璧に覚えることで有名で、難解な科学用語をちりばめた長めのせりふもあるのに、22年間でほとんどNGを出したことがありません」

 ベストな体調で撮影に臨むため、私生活でも細心の注意を払う。

「休日はストイックにジムに通い、暑い夏でも健康管理のため冷たい飲み物を避け、口にするのは白湯だけです。独身を貫き、これまで男性関係の浮いた話はほとんどありませんでしたが、完璧主義者の彼女はその分、仕事に打ち込んでいるんです」(前出・沢口の知人)

 1984年に東宝シンデレラのグランプリに輝いて高校3年生で芸能界デビューし、翌年のNHK連続テレビ小説『澪つくし』のヒロインを演じて人気女優の仲間入りをした沢口。34才のときに『科捜研』がスタートすると、京都が第二の故郷となった。

「マリコを演じるようになってから京都での撮影ばかりで、撮影の合間にひとりで街をウロウロすることもあり、ファンに声をかけられると『〇月〇日から「科捜研の女」が始まるから、必ず見てくださいね』と返答するそうです。

 排他的といわれがちな京都の人々も仕事熱心な沢口さんを快く受け入れ、ロケ先でも『科捜研のためなら』と撮影OKにしてくれるところが多い。沢口さんを筆頭にスタッフも京都への敬意を示しており、内藤さんにいたっては、ドラマが始まってから京都に本籍を移したほどです」(前出・ドラマ制作スタッフ)

 それほど京都への愛情が深いだけに、今回の“強制退場”ともいえる仕打ちは沢口に大きな衝撃を与えた。

「実は沢口さんは昨年春、都内の一等地に建つ億ションを3億円で購入したばかりなんです。新幹線で移動するのに便利な立地で、あと10年は京都に通い詰める思いで購入したそうだから、今回の決定は相当なショックのはずです。それでも沢口さんは自分のことはさておき、『応援してくれる京都の皆さんに申し訳ない』と口にしていました」(前出・沢口の知人)

 テレ朝が掲げる「視聴者の若返り」も、果たされようとしていた最中だった。

「ここ数年、ドラマの内容をわかりやすくキャッチーにしたこともあり、『科捜研』は子供の視聴者が増えていました。将来の夢として、『マリコさんのような法医研究員になりたい』との小学生のファンレターが制作現場に届くこともあり、スタッフ一同喜んでいたんです。若い世代にも支持が広がりつつあると思っていただけに、沢口さんは『まだまだこれからなのに……』と残念そうでした」(前出・ドラマ制作スタッフ)

 テレ朝にとって大きな功労者である沢口は、これからどうなるのか。いま検討されているのは、『科捜研』をリニューアルしたドラマの制作だという。スタッフの1人が、現場の声を明かす。

「『科捜研』が終わってから、テレ朝系列の朝日放送テレビで、沢口さんと若い出演者を組み合わせて、続編的な『NEO科捜研の女』を制作する案があるようです。そうなれば京都撮影所やなく都内で撮影するはずなんやけど、義理堅くスタッフ思いの沢口さんだけに、出演を打診されても『京都のスタッフと撮影できないなら私は出ません』と固辞するかもしれんな。

 何しろ長年やっていてチームワークは最高。視聴率が落ちているということなら納得するけど、悪くなっているわけやないんです。みんな『なんでや』『この番組が放されるわけない』と思ってる。どちらにしても具体的に固まるのは、もう少し先になるんやないですかね」

 さまざまな波紋が広がる決定に、前出とは別のテレ朝関係者も疑問を投げかける。

「今回の決定にはテレ朝内部からも賛否の声があがっています。局として、新しい視聴者を獲得しようと大きな決断に踏み切ったのは認められるべきなはず。でもその一方で長い年月をかけて作り上げた優良なコンテンツを本当にこのまま終わらせてよいものなのか……。この判断が正しかったかどうかわかるのはまだまだ先になりそうです」

 テレ朝に木曜8時枠の終了について問い合わせたが、「今後の編成に関しては決まっておりません」との回答だった。新シリーズの第1話ではマリコに異動話が舞い込んだが、果たしてマリコは本当に異動してしまうのか──。

※女性セブン2021年11月4日号