コロナ禍による巣ごもり需要で、世界的ブームを巻き起こしている韓国のエンタメ。『愛の不時着』や『梨泰院クラス』などの韓国ドラマから、BTS(防弾少年団)を筆頭としたK-POPなど、人気は高まる一方である。それに加えて、今日本で盛り上がりを見せているのが韓国のバラエティ番組だ。『韓国バラエティファンガイド2022』(扶桑社刊)などを執筆し、韓流エンタメ事情に詳しいライターの石見美由紀さんが話す。

「日本で見れる韓国の動画と言えば、これまでは映画やドラマがほとんどで、韓国で放送されている番組を見ようと思ったら、CSの韓流専門チャンネルで見るくらいしか方法はありませんでした。しかし今は、NetflixやAmazon Prime Video、ABEMAなど、多くの動画配信サービスがさまざまなコンテンツを配信しており、韓流番組が身近になっています。その中でも特に注目を集めているのが、韓国の人気バラエティ番組です。

 K-POP好きの若い女性層などの以前からの韓流ファンだけでなく、映画『パラサイト 半地下の家族』やドラマ『愛の不時着』、『梨泰院クラス』といった比較的最近のファン層も取り込んで、大きな盛り上がりを見せています」(石見さん・以下同)

 韓国のバラエティ番組が人気の理由は、「俳優やアイドルの素顔やプライベートな姿を見ることができ、トップスターたちを身近に感じられる」ことだと石見さんは話す。

「例えば、2008年から10年間続いた『私たち結婚しました』は、韓流スター同士が“仮想結婚”し、一緒に生活する様子を描いたバラエティ番組で、少女時代や2PMのメンバーなど、日本でも人気のK-POPアイドルや人気若手俳優が出演して一大ブームを巻き起こしました。お気に入りのアイドルの素顔が垣間見えるのが反響を呼び、CSの韓流専門番組などで配信が開始されると、日本の韓流ファンを瞬く間に夢中にさせました」

『私たち結婚しました』は、野村周平とさとうほなみが主演で“7日間の結婚生活”を送るリアル恋愛バラエティ番組として日本でもリメイクされ、7月からABEMAで配信が開始された。

「昨今の韓国バラエティ番組は“リアルバラエティ”が主流となっていて、独身男性芸能人の一人暮らしを覗き見する『密着バラエティ』や、人気スターが軍隊に入り軍人生活を送る韓国ならではの『体験型バラエティ』、スターたちが実際に自分たちだけで海外旅行する『バックパックバラエティ』、期間限定で民宿や食堂をオープンする『おもてなしバラエティ』など、どれも憧れのスターの意外な素顔を発見できるのが最大の魅力です。

 日本ではNetflixやAmazon Prime Video、ABEMAのほか、U-NEXT、dTV、Paraviなどでも見ることができます。SNSなどの口コミでは『韓国バラエティは毎日見ても見飽きない』『コロナ禍で韓国旅行に行けないから、最近は韓国バラエティを見るのが習慣になった』『番組が充実してるから有料プランに加入した』など、韓国バラエティの虜になる人が続出しています」

同じキャスト、制作陣が上質な作品を生み出す

 なかでも人気なのが、韓国在住の外国人を迎えてゲストハウスを運営するというコンセプトのバラエティ番組「ユンステイ」だ。

「人気バラエティ番組のヒットメーカー、ナ・ヨンソクプロデューサーが手掛けた『ユン食堂』の第3シリーズです。アカデミー賞助演女優賞を獲得したユン・ヨジョンや『梨泰院クラス』で主演を務めたパク・ソジュン、『パラサイト 半地下の家族』の長男役を演じたチェ・ウシクといった豪華俳優陣が出演し、韓国らしいおもてなしをするために奮闘しています。

 前作では、パク・ソジュンがスペイン語を勉強して接客したり、帰宅後には先輩たちに食事を振る舞うといった気遣いを見せるなど、笑顔で何でもこなす姿に『好感度がアップした!』という声が多く聞かれました。今作では、そんなパク・ソジュンとプライベートでも親交のあるチェ・ウシクの仲睦まじいやりとりも見どころです」

 作品のクオリティが高いのも人気の理由の一つだ。

「ナ・ヨンソクプロデューサーのように、名プロデューサーが手掛ける番組では、同じ俳優やアイドルがキャスティングされることが多くあります。作り手と演者の信頼関係が成立しているので、上質なバラエティに仕上がるのだと思います」

 もう一つ注目なのが「覆面歌王」。この番組は、覆面を被った8人の韓流スターたちが歌声を競う音楽バラエティ番組だ。謎のキャラクターとして登場し、自分なりの曲調にアレンジし歌声を披露、トーナメント方式で対決し、負けた挑戦者は覆面を外して顔を公開する。誰が歌っているのかは、負けるまで分からないようになっている。

「その場で聞いている判定団のタレントたちが、歌っているのは誰なのかを真剣に予想する姿も面白いですが、アイドルたちの今までクローズアップされなかった歌唱力の高さに驚かされます。4人組の男性アイドルグループWINNERのカン・スンユンは圧巻の歌唱力で6連勝するなど、グループ内でのパフォーマンスとはまた違った魅力が発見できます」

 ドラマ、音楽、映画に続き、新たなブームとなりつつある韓国バラエティ。韓流アイドルたちの「身近さ」や「リアルさ」の魅力にハマるかもしれない。

【プロフィール】
石見美由紀(いわみ・みゆき)/出版社の雑誌編集部勤務を経てフリーに。2007年から韓国エンタメ雑誌の取材・執筆を開始する。韓国ドラマ、K-POPをこよなく愛し、時にはプライベートで韓国に赴き、コンサートやファンミーティングに参加する。