緊急事態宣言が明け、一週間ほど経った10月の週末。都内のショッピングモールに向かう人々の足取りは、心なしか軽く、マスク越しにも笑顔があふれているのがよくわかる。雑踏にまぎれていたのは、黒のパフスリーブブラウスに、黒のパンツ、スタッズ付きのローファーを合わせ、秋の装いに身を固めた女性と、彼女の手にしっかりと手を絡ませる長身の男性。まるで新婚カップルのようなふたりは、最新アルバム『続・40周年記念アルバム SEIKO MATSUDA 2021』を発売したばかりの歌手・松田聖子(59才)とその夫だった。

 ふたりは、化粧品売り場や雑貨店を回った後、とある人気ブランドへ。「女子高生や女子大生といった若い女性に支持され、お値段もお手頃だと評判の『アースミュージック&エコロジー ナチュラルストア』に入ったので、びっくりしました。秋用のコートを何着か念入りに試着していましたよ。しかも、それが全部似合ってるんです。まさかショッピングモールの試着室で聖子ちゃんに会えるなんて、一生の宝物です」(居合わせた女性客)

 聖子と夫は、その後スーパーへ。その日の献立を相談しているのか、ゆっくりとスーパーを一周。野菜をメインにお目当ての食材を購入すると、手慣れた様子で手分けして買い物袋を車に詰め込み、帰路についた。あまりに普通にショッピングする姿に、このスーパーには、彼女があの歌姫・聖子とその夫であると気づいた買い物客はほとんどいなかった──。

 昨年デビュー40周年を迎えた聖子は現在、テレビ、ラジオに相次いで出演。初めて映画監督に挑戦したことも発表された。日々多忙を極めるが、昨年のデビュー40周年のメモリアルイヤーはコロナの影響で散々だった。

「さいたまスーパーアリーナを皮切りに6月から10月まで予定されていた記念コンサートは、新型コロナのため、すべて延期されました。さらに年末恒例のディナーショーは、前年東京・大阪・名古屋を中心に全23公演行われていたものが、東京一か所だけで全4公演に縮小。それに東京・表参道にあった自身の公式ショップも閉店しました。ツアーのキャンセルなどによる損失は、5億円を超えるとされます」(音楽関係者)

 だが彼女は、転んでもタダでは起きなかった。音楽関係者が続ける。

「今年は40年ぶりにMVで聖子ちゃんカットを披露。白いワンピース姿で『青い珊瑚礁』を歌う姿に、往年のファンは大歓喜です。昨年できなかった全国ツアーも6月にスタートし、2万3000円するプレミアムシートの売れ行きは絶好調。節目の記念イヤーは昨年で終わったのに、10月発売のアルバムに『続・40周年記念』と銘打つ商売上手には驚かされました。コロナの損失挽回にひた走る聖子さんは、やはりたくましい(笑い)」

 10月21日、『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)にVTR出演した聖子は、極めて多忙だったという1980年代の頃をこう振り返っている。

「(1980年代は)生番組、歌の番組がすごく多かったので1日に2本とかやって、そのまま夜中深夜にレコーディングして、次の朝早く起きたら、映画の撮影に行くとかそういうサイクルで動いていました。振り返ったら確かにもうちょっと寝たいなとかお休みが欲しいなとかあったと思うんですけど、それがあって今があって。振り返ると私のキラキラした青春時代ですね」

 あれから40年。「それがあって今があって」と話す聖子は、自由な時間がある幸せを噛みしめるように夫との時間を過ごしている。