歌手の華原朋美(47)が10月27日、エルメスの代名詞とも言える高級バッグ「バーキン」をブランド品の買取サービス「ブランディア」で売ったことをInstagramで報告した。「かなり高く買い取って頂いたのでまた行きたくなりました!!ブランディアさんありがとうございました!!」とテンション高めにつづっている。

 華原がブランディアを訪れたのは今回が初めてではない。今年6月には私物の高級バッグを店舗に持ち込んだ模様をYouTubeで公開し、「ブランディア様々ですよ。『本当ありがとうございます』って言うくらい出しました」とヘビーユーザーであることを告白。「こんな時代になって、歌の仕事っていうのが全く入ってこなくなっちゃった。もう月ゼロとか。本当にどうしたらいいかわからない状況。厳しい生活」と嘆いていた。

 最近の華原は、金銭関係のぶっちゃけ発言が増えている。今年4月1日に放送された『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)では、「金が全て。今の時代、金がないと生きていけない」と力説した。YouTubeの収入が「月100万円くらい」あるとしつつも、「どん底ですよ。冷蔵庫を開けたら納豆しか入っていない。食事は納豆と白飯」とのこと。「なんか買っちゃう。毎月買っちゃう。最近はクリスチャン・ディオールのバッグを買っちゃった」「家買いました。一応、億ション」と散財ぶりを明かし、マツコ・デラックス(49)に「貯金しなさい」と諭された。

 さらに同番組では、1歳半の息子のためにフェラーリを購入したものの、自身は免許を返納していることもあり、弟から「バカじゃないの?」と指摘されて結局1600万円で売ったという仰天エピソードも披露していた。とにかく現在の華原は、気前よく買って、気前よく売る生活を送っているらしい。

 華原といえば、9月26日に放送された『チャンスの時間』(ABEMA)で披露した、自身の性について赤裸々に明かした下ネタソングも話題になっていた。なかなか歌の仕事が掴めず、バラエティ番組に全力投球する今、金の亡者キャラを新たな武器にしようとしているのか?

 なんにせよ、「どん底」と言いつつ収入はしっかりあるようで一安心。今年夏には所属事務所の社長と結婚し、信頼できるパートナーを得て、仕事も順調。今後も“ともちゃん”の弾ける笑顔を見ていたい。