立川志の輔 初主演映画見て「自分でも1本撮りたいなって」

立川志の輔 初主演映画見て「自分でも1本撮りたいなって」

 すべての力を使い果たし、楽屋に戻ってきた立川志の輔(65)の目は、どこかうつろだった。2時間余の独演会をやり終えた達成感と激しくも心地よい疲労感。楽屋見舞いに訪れる人々と言葉を交わしながらも、気持ちは高座から現実へと容易には戻らない。

 東京の「EXシアター六本木」で行なわれる師走恒例の「志の輔らくご」は、900人からの客で毎夜埋め尽くされた。5日間の公演チケットは即日完売だった。翌日、志の輔は師匠である立川談志を引き合いに話し始めた。

「高座を終えたばかりの談志の傍で『ハードディスクのフル回転の音が聞こえた』と、昔よく人に話してたんですよ。それがいまではスタッフから私が同じことを言われてるんです(笑い)」

 毎夜0時に帰宅しても、寝つくのは3時過ぎ。それほど独演会の負担は大きい。それでいて、翌日の楽屋入りは早い。幕が開く30分前に入ればいいところを2時間近く前にやってくる。

「これだけの大きな劇場となると、1回必ず公演前にステージと客席に身を置いてみないと安心できないですね」

 会社員だった志の輔が談志の門を叩いたのは、1983年、28歳と11か月のことだった。その半年後、談志は、落語協会と衝突し、寄席とも決別。「喋る場所はてめえで探してこい」と師匠から命じられた弟子は、スナック、そば屋、果ては船上とあらゆる場所に高座を求め、現在の劇場やホールへと辿り着いた。

◆さらに大きな仕事が加わった

「たったひとりの落語家の話をじーっと2時間半も、飲み食いなしに聴いてくれる観客のことを考えたら、劇場やホールに落語のための空間をこしらえることが、とても大切だと感じましたね。落語が広い空間に負けないためには、音響、照明、美術といった劇場の専門スタッフの力がとても重要になります。『座布団一枚と屏風があればいいんだろう』と思われてきましたが、いまは、空間とスタッフと演者、三位一体にならないと、広い空間でやれないし、やる意味がない。大きけりゃいいってもんじゃありませんから」

 志の輔が900人もの客をひきつけるのは、時事ネタを巧みに取り込むマクラの面白さ、噺の運び、丁寧さだけでなく、会場の空気をも自分のものとしているからだ。全国の劇場やホールを最も知り抜いた落語家へのオファーが途切れるはずもない。

 こうして365日のほとんどを落語に捧げながらも、24年間続く『ガッテン!』(NHK、毎週水曜19時30分〜)の司会やラジオのパーソナリティなどの仕事も間隙をぬってくる。

 そんな中、今年はさらに大きな仕事が加わった。動物写真家・岩合光昭氏の初監督映画『ねことじいちゃん』(2月22日公開)で主演に抜擢されたのだ。妻に先立たれ猫のタマと小島でのどかに暮らす老人役だ。

「オチや笑いがないといられない落語家の私が、穏やかな日常の中の、猫と人間の暮らしの機微を演じられないだろうと思ってお断わりしたのですが、岩合光昭監督の再三再四のオファーにとうとう根負け。顔合わせのときに共演者の柴咲コウさんが『これ、猫の映画ですよね』とさらっと言ったのを聞いて(笑い)。その時、そうか猫の見事な脇役になってやれ、と思えたんです」

 そして、1か月に及ぶロケを終えた志の輔は、思わぬ感想を抱く。

「なんとか自分なりに監督の要望は満たしたと思う。そして試写を見たとき、自分でも映画を1本撮りたいなって(笑い)。映画って素晴らしい芸術だなと心底思えて」

 映画化をイメージした新作落語は、「メルシーひな祭り」。小さな商店街の人々と外務省役人の感覚の齟齬を描いた作品だ。志の輔はこれまで、映像、舞台化された「歓喜の歌」をはじめ、30近い名作を発表し続けてきた。

 が、落語の神髄は、古典も新作も根本では変わらないと志の輔は言う。

「古典落語の多くは餓えと寒さと貧乏の時代が背景にあって生まれたもの。お酒を一杯ご馳走になるためになんでもする、というような日常の笑いです。いまは逆に、モノがあふれ、何を買ったらいいのかで迷う時代。でも、古典も新作も人間のすごさ、面白さ、愚かさを、手を替え品を替え、時代に合わせて描いている点は同じこと。古典落語を繋げていく、新作落語を創る、この2つのことを、あらゆる空間でやっていきたいですね」

【PROFILE】たてかわ・しのすけ/1954年生まれ、富山県出身。明治大学在学中は落語研究会に所属。卒業後に劇団、広告代理店勤務を経て、1984年に立川談志門下に入門。1990年、落語立川流真打に昇進。全国各地での落語会の他、『ガッテン!』(NHK)をはじめ、テレビ・ラジオのパーソナリティとしても活躍。2008年に芸術選奨文部科学大臣賞、2015年に紫綬褒章など受賞多数。初主演映画『ねことじいちゃん』が2月22日より全国で公開される

●撮影/江森康之 ●取材・文/一志治夫

※週刊ポスト2019年3月1日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索