新型コロナウイルスの流行の陰で、いま、多くの人を悩ませている病気がある。80才になるまでに、3人に1人が発症するという帯状疱疹だ。突然の発疹を「もしかして吹き出物かな」なんて放っておくと、10年以上、後遺症に苦しむことになるかもしれない。

《私もうそんな年なの? という感じ。病院で採血したらいろんなことが出てきて。帯状疱疹っていって、怪談のお岩さんっているでしょう。あれも帯状疱疹でお岩さんと呼ばれるようになっちゃった。この半年くらい弱っています》(『ENCOUNT』12月1日配信記事より)

 3月に上演される朗読劇の記者会見でこう告白したのは、女優の浅丘ルリ子(80才)だ。昨年6月頃に帯状疱疹を発症し、いまは症状をコントロールしながら舞台の稽古に励んでいるという。

「個人差がありますが、帯状疱疹ではヒリヒリとした痛みやかゆみが2〜3日続いた後に、小さな水疱を伴う発疹が現れます。頭や顔から下肢までの左右どちらか片側に、帯状に出るのが特徴です」(亀谷診療所院長の亀谷学さん)

 高齢になると罹患率が上昇し、80才までに3人に1人が発症するといわれている。ところが最近では、もう少し若い世代でも帯状疱疹に悩まされる人が急増しているのだ。静岡県在住の主婦、山崎綾子さん(仮名・52才)はこう話す。

「最初はブラジャーのワイヤーが当たる左脇腹あたりに赤い発疹ができました。もともとアレルギー体質なので、『ブラジャーでかぶれたのかな』程度に考えていました。そうしたら、2〜3日で発疹が背中にまで広がって。それも左側だけ。皮膚科を受診したら、帯状疱疹の初期でした」

 なぜ帯状疱疹を発症する人が増加したのか。感染症を専門とする朝倉医師会病院の佐藤留美さんが指摘するのは、新型コロナによる影響だ。

「帯状疱疹の原因は、水疱瘡と同じ水痘・帯状疱疹ウイルスです。水疱瘡は多くの人が幼少期にかかり、1週間から10日前後で治癒します。しかし、治った後も体内にウイルスは潜伏している。加齢などによって免疫力が低下したときに、再びウイルスが活性化すると、帯状疱疹となって現れるのです。

 いま、帯状疱疹を発症する人が増えているのは、新型コロナによる自粛生活のストレスや運動不足などにより、免疫力が低下していることが原因だと考えられます」(佐藤さん)

 和歌山県に住む主婦の藤田陽子さん(仮名・49才)は昨夏に帯状疱疹を発症。彼女には心当たりがあるという。

「足の付け根とお腹の間に帯状の発疹ができ、すぐに病院を受診しました。コロナ禍で娘の就職活動が思うように進んでいないうえ、私自身もパートのシフトが激減して経済的な不安が大きくて……そうしたストレスから免疫力が低下していたのかも」

 2017年に厚生労働省が発表した感染症流行予測調査によると、日本では20才以上の男女の95.2%が水疱瘡のウイルスを保有している。つまり、ほとんどの人が帯状疱疹を発症する可能性があるわけだ。

 また、1997年から2006年に宮崎県で約4万8000人の帯状疱疹患者を対象に行われた研究調査「宮崎スタディ」によれば、女性の方が男性よりも1.25倍発症しやすく、さらに2回目の発症では、女性の方が1.45倍も多いという。コロナ禍のいま、女性は特に警戒が必要なのだ。

発疹が治っても、針で刺されるほど痛い

 前出の佐藤さんは指摘する。

「帯状疱疹の治療にはウイルスの増加を抑える抗ウイルス薬が使われ、のみ薬、点滴、塗り薬の3種類がある。早めにこれらの治療を受ければ重症化するリスクを減らすことができます」

 一方で、治療が遅れて重症化すると大変なことになる。

「例えば顔面の神経に潜んでいたウイルスが活動すると、顔面神経麻痺が起こり、目が閉じられなくなったり、聴覚神経がおかされて難聴になったりすることも少なくない。まれに髄膜炎や脳炎症、意識障害を起こし、寝たきりになってしまうケースもあります。

 帯状疱疹を発症しても、72時間以内に抗ウイルス薬を服薬すれば症状を抑えることができます。皮膚に複数の発疹ができたり、ピリピリとした痛みを感じたら、できるだけ早く皮膚科や内科を受診してください」(佐藤さん)

 さらに帯状疱疹が怖いのは、多くの人に後遺症が残るということ。発疹が治っても、その後に痛みやしびれが残るのだ。その痛みは「風が当たるだけでも、針で刺されるように痛い」「体の中からガンガン響くような鈍い痛み」などと個人差があるが、いずれも軽い痛みではない。

 先の「宮崎スタディ」によると、50才以上では2人に1人の割合で後遺症が残ると報告されている。効果的な治療法はなく、対処療法しかない。しかも、長いケースだと10年間もこの痛みとつきあい続ける人もいるという。

 タレントのハイヒール・モモコ(56才)もその1人だ。雑誌『婦人公論』(2020年12月22日・2021年1月4日号)のインタビューによれば、モモコは2018年10月に帯状疱疹を発症。最初は「なんか顎がピリピリするなぁ」程度だったが、その夜から口が開けられないほどの痛みに襲われた。

 耳の発疹に気づいて病院を受診したのは4日後のこと。症状はすでに鼓膜にまで広がり、左耳が聞こえなくなって顔面麻痺になるかもしれないと医師が懸念したほどだった。幸いにも発疹は治癒し、聴力の低下や顔面麻痺も避けられた。だが、痛みは2年経ったいまも続いているそうで、マスクを耳にかけるのも痛くてたまらないという。

 早期受診ももちろん有効だが、近年ではワクチン接種による予防も推奨されている。ワクチンには2種類あり、それぞれ特徴が異なる。まず2016年から「生ワクチン」と呼ばれる、従来は水疱瘡の予防のために幼児に打たれていたワクチンを接種できるようになった。注射は1回で、費用は7000〜9000円ほど。しかし、これは免疫抑制薬やステロイド、抗リウマチ薬などを服用している人、妊婦は接種できなかった。

 そこで2020年1月に登場したのが「不活化ワクチン」だ。2か月の間隔を空けて2回の接種が必要で、費用も1回あたり約2万円と高額だが、免疫が低下している人も接種が可能。臨床試験では生ワクチン以上の効果が確認されており、60才以上では約97%、70才以上でも約85〜98%の発症を予防できるという。自治体によっては接種費用の補助があるので確認しておきたい。

 自粛生活のなかでストレスをためない工夫をすることも有効だ。

「趣味を持ったり、電話で友達とおしゃべりをするなど、自分なりにストレスを解消することが帯状疱疹の予防につながります。睡眠、栄養に偏りのない食事、規則正しい生活も大切。不要な外出は控えるように言われていますが、ウォーキングや家のなかでもできる軽い運動など、運動不足にならないことも心がけてください」(佐藤さん)

 怖いのは新型コロナだけではない。健やかに春を迎えるため、心と体に気を配りたい。

※女性セブン2021年2月4日号