3年ぶりのGPファイナル制覇へ、羽生結弦選手(24才)は闘志に燃えている。フィギュアスケート関係者はこう語る。

「羽生選手の最大のライバル、アメリカ代表のネイサン・チェン選手(20才)とベストな状況で競いたいという気持ちが大きくなっているのです。

 羽生選手がけがで欠場となった昨シーズン、その前のシーズンとグランプリファイナル(以下GPファイナル)を2連覇しているのが、ネイサン選手。しかも今年3月の世界選手権で羽生選手はネイサン選手に敗れました。以降“いつもネイサンの幻影がちらつく”というほど意識していました。羽生選手としては今回こそ圧勝し、自分が絶対王者であることを証明しようと意気込んでいます」

 決戦の日まで、一瞬たりとも気を緩めたくないが、彼の周辺では、集中に水を差すような出来事が相次いだ。

 NHK杯前の11月13日、あるツイッターが炎上した。《僕もフィギュアスケーター》という人物が《羽生くん、ちょー性格悪いですよ》などと羽生選手の悪口を書き込んだのだ。

 ツイートは瞬く間に拡散。その後、投稿主は特定されたのだが、なんと岡山県スケート連盟に所属する高校3年生のA選手だった。彼はネットユーザーからバッシングを受け、岡山県スケート連盟共々、謝罪する事態に。

「このツイートに羽生ファンたちは激怒し、大騒動になりました。投稿主に誹謗中傷のツイートを送り返すファンもいる一方で、“これをきっかけにスケートをやめないで”という応援のツイートも散見されました」(別のフィギュアスケート関係者)

 炎上ツイートを投稿したA選手とはどんな人物なのか。

「彼は、西日本ジュニアでもなかなか結果を残せておらず、全日本への出場経験はありません。つまり、彼は羽生選手と一緒に練習したことは一度もないはず。なのになぜ、こんなことを書いたのか。A選手はすでに某有名大学へのスポーツ推薦が決まっているという情報もありますが、この事件がどう影響するのか…」(前出・フィギュアスケート関係者)

 羽生選手は、別の話題でもファンのツイッターをにぎわせた。

「アメリカ代表としてNHK杯に出場していた樋渡知樹選手(19才)が練習場で、羽生選手の進路上にいてあわやの事態だったと報じられたことをきっかけに双方ファンのツイッターは大荒れ。

 この翌日の練習時に、島田高志郎選手(18才)とのニアミスを指摘する声もあがるなど、ファンはピリピリ。以前、進路妨害でけがをした経験もあるので気持ちはわかりますが、練習のニアミス問題は、見る角度で見え方が全く変わってくるので、誰が悪いなどという追及はできませんからね…。羽生選手の一挙手一投足がSNSを動かすという流れは、年々大きくなる一方です」(スポーツ紙記者)

 自身をめぐるツイッターの応酬や事実と異なる誹謗中傷が広がっていることは、本人の耳にも届いているという。

 大切な一戦を前に心乱してほしくないが、羽生選手のメンタルはまったく揺らいでいないようだ。

「以前は人の評価を気にすることがありましたが、最近はまったく動じる様子はありません。絶対王者たる演技がすべてというのか、自分の生き様を見ていればわかる人には伝わると、悟りを開いているかのような安定ぶりです。

 今回の勝手に悪口を書いてしまった高校生の件も“よくあること”と静かに笑いとばす雰囲気。むしろ、A選手の今後を心配してあげる余裕も見せていたそうです。ファイナルへの影響は全くないでしょうね」(前出・フィギュアスケート関係者)

 イタリアでのGPファイナルの結果が出るのは12月7日の夜10時頃(日本時間)。3年ぶりの舞台で中央に立つ羽生選手が見られるか。

※女性セブン2019年12月19日号