来春の選抜甲子園から「球数制限」が導入され、全国の強豪校はこれまで以上に分厚い選手層でトーナメントを勝ち上がっていく必要が出てきた。有力な中学生球児を巡るスカウト合戦もどんどん熾烈になっている。そうしたなか、全国の高校野球関係者から注目を集める15歳の球児がいる。激変する高校野球の現場を描いた『投げない怪物 佐々木朗希と高校野球の新時代』の著者であるノンフィクションライター・柳川悠二氏が、レポートする。

 * * *
 2020年春の高校入学を控える中学生球児にあって、注目度ナンバーワンの15歳が、千葉・京葉ボーイズに所属する外野手・海老根優大だ。全国の強豪校が関心を寄せた逸材であり、アメリカ・メジャーリーグのドラフトになぞらえるなら、今年度の1巡目全体1位指名の選手である。全国でも随一の大阪にある名門私立への入学が有力視されている。

 海老根は今年11月に愛媛県で開催されたアジアチャレンジマッチにU-15侍ジャパンの一員として出場し、松山市代表との初戦ではプロ野球の試合も開催される坊っちゃんスタジアム(両翼99.1メートル)のレフトスタンド中段に、特大の本塁打を叩き込んだ。さらに次の打席でも無死一塁から左翼線に二塁打を放つ活躍で、チームの勝利(13対3、6回コールド)に貢献した。

 試合後、海老根は言った。

「(本塁打は)ツーストライクノーボールからの真っ直ぐでした。走者もいなかったですし、あの打席はホームランを意識して打席に入りました。はい、打った瞬間、入ると思いました。次の打席は、大きいのを狙わず、前の打席で真っ直ぐを打ったので初球は変化球だろうと。初球のカーブを力まず、軽く打つことができた。良かったです」

 海老根と話していると、甲子園のお立ち台やプロのヒーローインタビューを聞いているかのような錯覚に陥る。とにかく大人びているのだ。

 右の強打者である海老根は、代表での本塁打が中学通算26本目。ちなみに、この数はフェンスオーバーの本塁打のみで、ランニングホームランは含まれていないという。また50メートル走が6秒ちょうどというU-15侍ジャパンでも一番の俊足であり、主に守っているセンターの広い守備範囲と強肩も特筆すべき点だ。とどのつまり、すべてにおいて能力が高いアスリートである。

 高校野球は来春の選抜大会から「1週間で500球」という球数制限が導入され、新たな時代を迎える。複数投手の育成が必須となり、選手を各地から集めやすい私立と、公立の戦力格差が懸念される一方で、強豪私立の中学生の獲得競争はよりいっそう熾烈なものとなっている。

 昨年の根尾昂(2015年NOMOジャパン→大阪桐蔭→中日ドラゴンズ)や今年の石川昂弥(2016年U-15侍ジャパン→東邦→中日ドラゴンズ)のように、近年は甲子園で活躍し、プロ野球へ進むような球児たちの登竜門となっているのが、U-15侍ジャパンやボーイズジャパン、NOMOジャパンといった中学硬式野球の日本代表である。

 海老根は今夏、NOMOジャパンにも選出された。私が記憶する限り、U-15侍ジャパンとのW選出は初めてのケースではないだろうか。

 小学生時代には千葉ロッテマリーンズジュニアに選ばれ、さらにはカル・リプケン12歳以下世界少年野球大会にも出場するなど、考え得る理想の野球エリート街道を歩んできている。

◆父は現役競輪S級選手、母は元陸上選手

 彼がプレーする姿を初めて見たのは、今年5月に開催されたボーイズリーグの代表選手を選考するトライアウトだった。目を奪われたのは、中学生離れした分厚い肉体で、とりわけ丸太のような太ももだった。

 この恵まれた肉体は、両親のDNAによるところもあるだろう。海老根の父・恵太さんは現役の競輪S級の選手であり、母のさおりさんも元陸上選手だ。

 トライアウトを訪れていた恵太さんに、注目を集める長男について話を聞いた。

「たいした実力でもないのに、過大評価されていますよね。相手ピッチャーが警戒して勝負を避けることもあって、変な球に手を出して打ち損じることも多い。まだまだ実力不足です。これからの野球人生に関しては、本人がやりたいところでやらせたいと考えています。自分で選んだ道なら、苦しくても頑張れるだろう、と。とにかく野球選手として、肩もあって、走れて、力もあって、そうした基礎的な部分が高いレベルにあって、何でもできる野球選手を目指して欲しい」

 同じアスリートとして、トレーニングを指導することもある。「野球を職業にしていく=プロ野球選手になる」ことは、プロアスリートの先輩として心配もある。

「プロの世界が甘い世界ではないということは、本人もわかっていると思います。競技こそ違いますが、私も現役を続けていてケガも絶えないし、骨折して家に帰ってくることもある。そんな姿を彼は見ていますからね……」

 アジアチャレンジマッチの直前、海老根は同じユニフォームを着てフル代表が戦ったプレミア12の試合もほとんど球場で観戦したという。海老根が憧れるのは同代表で「4番・中堅」を任され、日本の世界一に貢献した広島の鈴木誠也だ。

「スピード&パワーで、同じ右打者の僕も同じようなタイプだと思う。あと、浅村(栄斗・埼玉西武)さんの逆方向への打球も、参考になりました」

 浅村は高校時代、大阪桐蔭の1番打者として夏の甲子園で大暴れし、全国制覇を成し遂げてプロへの道を切り拓いた。海老根もすでに気持ちは名門校に身を置き、甲子園そしてその先のビジョンを思い描いている。