8月10日から「甲子園高校野球交流試合」が開催される。各県のトーナメントを勝ち抜いた高校が覇を競う例年の夏の甲子園ではなく、中止になった春の選抜の出場校が1試合のみを高校野球の聖地で戦う。本来であれば甲子園への切符を懸けて争われるはずだった地方大会は、甲子園出場とは関係のない独自大会として開催された。1年前の夏、佐々木朗希(現・千葉ロッテ)を擁して岩手大会を戦った大船渡高校の國保陽平監督(33)は、いま何を思うのか。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

 * * * 
 新型コロナウイルスの感染拡大によって春の選抜に続き選手権大会が中止となり、各都道府県が独自大会を開催したこの夏、耳に残る指揮官の言葉がある。

 昨年、令和の怪物こと佐々木朗希を擁し、岩手大会決勝まで進出した大船渡は、今年は沿岸南地区代表決定戦で同じ公立校の大船渡東と対戦。序盤から劣勢を強いられ、大船渡の國保陽平監督は次々と控え選手を投入していくも、4対11と7回コールド負けした。

 試合後のロッカールームで國保監督は、出番のなかった部員に直接、こんな言葉をぶつけられていた。

「なんで勝たせてくれなかったんですか」

 甲子園に結びつかない独自大会とはいえ、敗れた選手たちの表情は例年と何も変わらない。涙にくれる部員からの厳しい声だが、國保監督は冷静に受け止めていた。

「去年は、どんな選手が出ても、どんな戦い方をしても、これがベストな戦い方なんだと選手に伝えきることができなかった。今年のチームに関しても、朗希の代のこととか、コロナのこととか、自分が考え過ぎてしまったのかなというのはありますね。

 昨年も試合に出ていた選手は2人しかいない。本来なら一緒になって目標に向かわないといけないのに、去年のチームは3年生と下級生(今年の3年生)とが、どうしても別行動になることが多かったんです。実質、今年の3年生に対しては昨年の夏が終わってからの1年間しか、じっくり指導することができず、今年に入ってコロナが感染拡大する中で、あっという間に試合が来てしまった。なんとか勝たせてあげたかったですが……」

 昨夏までは大きな注目を浴びた佐々木たちの代への指導でかかりきりだった上に、年明け以降はコロナで選手たちも不安を抱えるなか、野球に集中できる環境を作ってあげられることができなかった。そう國保は自戒していた。

 しかし、指揮官に「なんで勝たせてくれなかったのか」と本音をぶつけられる関係性こそ、昨年のチームに欠けていたものではなかったか。

 ちょうど1年前の岩手大会決勝では、前日の準決勝で129球を投げていた佐々木を國保監督は登板させなかった。佐々木はそれまで4番として打の中心でもあったが、決勝では野手としても起用せず、強豪私立の花巻東に惨敗した。佐々木の起用の正否をめぐり、試合後は国民的な大論争に発展した。

「エースがたくさん投げたら選手は納得するのか」

 私は、國保監督の采配には強い抵抗を覚えた。佐々木をマウンドにあげなかったことに対してではない。最速163キロに耐えうる身体に成長しきれていない佐々木の故障リスクを回避する代わりに、実質、4番手、5番手の投手を起用した決勝の戦い方が、とても35年ぶりの甲子園を目指した戦い方には思えなかった。佐々木の将来と、部員全員が共有する本懐である甲子園の夢を天秤にかけ、前者を選んだようにしか見えなかったのだ。試合後は「もうちょっと説明してほしかった」と明かす選手もいたが、多くはやりきれない感情を吐き出すこともできず、ただただ涙にくれていた。

 指揮官の采配に、佐々木以外の選手たちが納得していたのか――そこに大きな疑問が残り、私は『投げない怪物』(小学館刊)を著したのだった。

「エースがたくさん投げたから選手は納得するのか。レギュラーの9人だけで戦ったら勝敗に選手は納得できるのか。正解が見えないことってたくさんあると思うんです」

 國保監督は、選手の健康に気を遣いながら、エースやレギュラーに頼らず、全ベンチ入りメンバーで勝利を目指す戦い方を標榜する。それは盛岡第一高校を卒業後、進学した筑波大学野球部で学んだことが基になっている。

「恩師の川村卓監督(筑波大)には、長いリーグ戦の中で、(レギュラーの)9人に頼らず、控え選手も同じように試合に向けて準備して、苦しい状態の試合終盤や、公式戦の日程が進んだ段階で部員全員で頑張るというスタイルを学びました」

 そして、大学卒業後にアメリカに渡り、独立リーグを経験したことが、投手の肩やヒジへの負担を軽減し、登板間隔を十分に保ちながら起用していく采配へとつながっている。

 それでも國保監督は、昨夏以降、あの決断が正しかったのか、それとも間違っていたのか、自問自答する日々を送ってきた。「答えは見つからない」と私の取材で打ち明けた。その日の取材では、昨夏の岩手大会の準々決勝のことも振り返っていた。久慈との準々決勝で、國保監督は佐々木を起用しなかった。延長戦までもつれた末に大船渡は辛くも勝ちを拾ったが、あわや敗退の危機だった。

「もし朗希が投げずに最後の夏を終えることになったら、選手に悔いは残ったんじゃないか。あなたはそう書かれていましたよね。おっしゃる通りで、あの試合で負けていたら納得できなかったと思います。しかし、敗退の危機に陥る度にエースを登板させていたら、全試合でエースを投げさせなくてはいけなくなる。どこかでエースを投げさせないという試合は、今後必ず出てくると思います」

公立校はどうすればいいのか

 昨年の騒動の直後に開幕した甲子園では、エースナンバーを背負った投手に頼らず、継投で勝ち上がるチームが増えた。猛暑の過密日程のなかで、複数投手を育成し、ベンチ入りメンバー総出で頂点を目指していく傾向は今後強くなり、スタンダードとなるだろう。昨夏の優勝校である履正社や大阪桐蔭、関東の日大三や東海大相模など強豪私立は既に、そうした戦い方を前提に選手のスカウティングに力を注いでいる。

 だが、一昨年の甲子園準優勝校である秋田・金足農業や大船渡のような地方の公立校に、能力の突出した選手がいたら、どうしても個の力に頼らざるを得ないだろう。

 つまり、トーナメントの頂点を目指すことと、体調を考慮しながら継投策を講じ、ベンチ入りメンバー総出で試合を戦うことは、大船渡のような学校の場合、二律背反することでもある。

「なんとかそれを両立させながら……矛盾しているようなことを追い求めていこうと思っていますが、やっぱり難しいですね」

 8月10日から開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」は、選抜に出場予定だった32校の救済措置として聖地に招待し、それぞれ1試合だけ戦う“夏のセンバツ”だ。甲子園が通常開催に戻った時、昨年にも増して継投策は目立つようになり、投手の登板過多を防ぐために大事な試合でエース(怪物)を起用しない――そうしたシーンも出てくるかもしれない。その度に國保監督の采配が思い起こされ、高校野球は佐々木朗希以前と、佐々木朗希以後で語られていくことになるだろう。

 プロ1年目で、いまだ試合登板がない佐々木が今後、どのような野球人生を歩むにしても、あの日の國保の起用が正しかったか間違っていたか、答えは出ない。

 確かなのは、公立校の青年監督である國保監督が新たな時代の扉を開いたということだけだ。