eスポーツを語る上で欠かせない存在が「プロゲーマー」だ。明確な定義は難しいが、メーカー主催の公式プロリーグに出場している選手のほか、プロチームに所属したりスポンサーから支援を受けていたり、2018年に設立された日本eスポーツ協会(JeSU)が認定・発行するプロライセンスを所有したりしている選手がそう呼ばれることが多い。

 その数はここ数年で急増しており、日本国内でプロゲーマーとして活動しているプレイヤーは数百人、世界全体だと数千人から1万人以上存在すると言われている。

 では、最初にプロゲーマーになった人間とは一体誰なのだろうか?

 実は、世界初のプロゲーマーは「First professional videogamer」としてギネス世界記録に認定されている。その名はデニス・フォン(Dennis Fong)、プレイヤーネームはスレッシュ(Thresh)。

 スレッシュは1995年にマイクロソフト社が主催したFPSタイトル『ドゥーム(Doom)』の大会で優勝して以降、1996年に発売された『クエーク(Quake)』というFPS(一人称視点で武器などを使って戦うシューティングゲーム)を中心に活躍。2001年に引退するまで大会で一度も負けたことが無く、世界初のプロゲーマーにして世界最強のプロゲーマーでもあった。1997年に行われた大会で優勝し、賞品としてクエークの開発者からフェラーリが贈られたことで話題を呼んだ。

 アメリカの経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルにスレッシュの特集が組まれたことがきっかけで、玩具メーカーのハズブロやインターネットプロバイダのアースリンクなど複数の企業が彼のスポンサーとなった。大会の賞金やスポンサーからの給与を合わせると年間で10万ドルを超える収入を得ており、「ゲームで生きていく」という概念を生み出したのは彼といっても過言ではない。彼がギネス認定されるに至った背景には、こうした数々の輝かしい功績や圧倒的なまでの実力があったのだろう。

 2001年の引退後、スレッシュはゲーマー向けサービスなどをヒットさせ起業家として成功している他、世界で最も有名なeスポーツタイトルの一つ『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』には彼の名前を冠した「スレッシュ」という操作できるキャラクターが存在するなど、eスポーツの歴史に深く名を刻んでいる偉大なプレイヤーなのだ。

自らスポンサー探し、会社員を辞めて世界へ

 日本で初めてのプロ格闘ゲーマーとして、2010年からプロとして活動している『ストリートファイター』のウメハラ(梅原大吾)の名前がよく取り上げられる。しかし、彼より5年早くプロ契約したゲーマーがいる。「シグマ(SIGUMA、本名は寺部鉄平)」は、2005年に株式会社ASKと契約し、1年間プロゲーマーとして活躍した。

 どのような経緯で「日本人初プロゲーマー」となったのか。シグマ本人が語る。

「昔からFPSのPCゲームが好きでした。ネットカフェで開かれていた店頭大会ではよく上位に入賞していたり、マイクロソフト社主催の『ヘイロー(Halo)』というFPSの海外大会に日本代表として出場して、世界選抜の16人中5位に入賞したりもしていました。

 そんな中、『ペインキラー(Painkiller)』というゲームの世界大会が2005年に開催されるというニュースを目にして、『出場したい。スポンサーを探そう』と思ったんです」

 当時25歳、社会人として仕事をしていた。それでも、がむしゃらにスポンサーを探し続けたのは、大会に出て世界で活躍したいという一心だったという。

「パソコン関連の企業に片っ端からメールを送りました。基本的に返事すらなかったんですけど、ゲームのイベントなどでお会いする機会が多かったPCパーツ販売などを行なうASK様から快諾をいただきました」

 シグマは会社員を辞め、日本初のプロゲーマーとなった。スポンサーからの支援内容は、各国で行われる大会への遠征費用と、最低限生活できるレベルの給与という、今のトッププロゲーマーと比較しても遜色ない待遇内容だった。

 プロとなってからはより高い質の練習環境を求めてロンドンへと拠点を移した。世界大会はツアー形式で行われ、期間中はトルコ、スペイン、ブラジルなど9か国を転々とした。結果は17位、約1500ドルの賞金を得た。

 1年間のツアーを終えてASKとの契約も終了、シグマは競技の世界から退いた。現在は一般企業に勤める傍ら、子供向けウェブメディア『コロコロオンライン』にて任天堂の大人気ゲーム『スプラトゥーン2』の攻略記事執筆を行っている。

 シグマから見た現在のeスポーツ業界は可能性に満ち溢れたものだと語る。

「『プロゲーマー』や『eスポーツ』という言葉も耳にする機会が増えて嬉しいです。今後も今以上にeスポーツの世界が大きくなり、次の世代にも楽しんでもらえるような文化に成長することを願っています」

◆取材・文/すいのこ 1990年、鹿児島県生まれ。プロゲーマー。本名・桑元康平。鹿児島大学大学院で焼酎製造学を専攻。卒業後、大手焼酎メーカー勤務を経て2019年5月より、eスポーツのイベント運営等を行うウェルプレイド株式会社のスポンサードを受け「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのプロ選手として活動開始。近著に『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』。