所属するANAから契約を解除され、多くのスポンサーも去った。日本水連からは年内の活動停止を言い渡されるなど、“お迎え不倫”問題で窮地に追い込まれている競泳の瀬戸大也(26才)。そんななか、ウェブマガジン『FRaUweb』による妻の優佳さん(25才)へのインタビューが話題を呼んでいる。

 取材開始直後には涙が止まらなかった優佳さんだが、《私自身この騒動を経た彼がどう変わるか見届けてからじゃないと離れられない》と離婚を否定。さらに、《19歳で出会って、大好きになって、選手としてのキャリアを全部捨てても一緒にいたいと思った相手です。今回のことがあってよくわかりました。本当に、ものすごく好きだったなあって》と、懐古する強さまで見せた。そして、《『彼が金を取ったら家庭は崩壊するだろうな』という確信に近いものがありました》、《このまま金メダルを取ったら、いよいよ手のつけられない『裸の王様』になってしまうと感じた》と本音を話したのだ。

 関係者によると「瀬戸さんは、不倫を反省しているというよりは“世間は騒ぎすぎじゃないか”と開き直っている雰囲気」というが、これはそんな夫への切実なメッセージともいえる。このインタビューは瀬戸にとって「救いの手になる」とは、ある広告業界関係者だ。

「結局、不倫は夫婦間の問題でしかないので、優佳さんが自らの言葉で“終止符”を打ったことの影響は大きい。瀬戸さんに対して、新しい所属先やスポンサーが手を挙げやすくなったのは間違いないでしょう」

 瀬戸夫妻を知る水泳関係者はこう語る。

「さすが優佳さんです。瀬戸さんが強心臓なのはよく知られていますが、実は優佳さんこそ“鋼のメンタル”。一瞬の集中力と、恐怖心を克服する胆力が問われる水泳飛び込みの世界で、日本代表にまでなったメンタルタフネスが、あの堂々としたインタビューに表れています」

 このインタビューは、夫への“追い風”である半面、“強烈なムチ”でもあるという。

「瀬戸さんが銀座や六本木で女性たちと華やかに遊んでいたことは、もちろん優佳さんも知っています。でも、それについてはひと言も触れず、“スルー”しました。夫としては、人生の最大のピンチに助け船を出してくれた妻に、これから一生、頭が上がらないでしょう。また、今回のインタビューでは優佳さんの実直さが随所に感じられました。瀬戸さんは、妻だけではなく多方面に言い訳をしづらくなったでしょうね」(前出・水泳関係者)

 妻の“ショック療法”で、夫は命懸けで泳ぐしかなくなった。

※女性セブン2020年11月5・12日号