1990年代後半に誕生したプロゲーマー。ここ数年でその数は急増したものの、まだまだ歴史の浅い職業だ。「ゲームをやって暮らすって、一体どういうこと?」と思う人は多いだろう。プロゲーマーたちは一体どのような生活を営んでいるのだろうか。

 そもそも、プロゲーマーにはプレイヤーとしての活動だけで生活する「専業」プロゲーマーと、会社員など別の仕事をする傍らで活動している「兼業」が存在する。その割合は兼業の方がかなり高く、専業で活動できているプロゲーマーは一握りなのが実情だ。専業で活動している一例として、ウェルプレイド所属のプロゲーマーとして活動している私、すいのこのスケジュールを大まかに紹介したい。

 練習としてゲームに取り組む時間は、平均すると1日5〜8時間程度。内訳としてはトレーニング用のゲームモードなどを用いた操作練習の時間、自分や他のプレイヤーの対戦動画を見たり動きを振り返ったりして考える時間、そして実戦形式で知人のトッププレイヤーたちと練習試合を行う時間に分けられる。

 対戦会が無い日はトレーニングや対戦動画の振り返りに時間を使ったり、土日や休日には大会が行われたりするなど日によってプレイ時間には差がある。

 それ以外の時間をこうした執筆活動や、YouTubeでの配信・動画投稿活動、イベント出演などに使っている。これらで得た報酬を所属先であるウェルプレイドと分配する形で収入を得ている。

「チームでFPS」はどんな生活?

 私が取り組んでいる『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』は主に一対一で戦うゲームなので、個人の範疇で活動する形になるが、チーム単位でプレイするゲームも存在する。

 チームでの活動スケジュールとは一体どのようなものなのか。FPSタイトル『コールオブデューティ(Call of Duty)』シリーズにおいて国内外の大会で活躍するプロeスポーツチーム「リバレントヴァーテックス(Libalent Vertex)」でデータ集計・分析活動を担当しているアナリストのJapanese小池氏に話を聞いた。

「私たちのチームは選手5名に加えて、監督兼控え選手のような立場の私を含む計6名で活動しています。メンバーの住んでいる地域はバラバラで、関東には自分含め2人しかおらず、他のメンバーは関西など様々な地域に住んでいます」(小池氏)

 練習はどうやって行っているのか聞いたところ、全てオンライン上で行っているのだという。

「練習は毎日20時から行っています。21時までの1時間、その日の練習方針などについてのミーティングや操作練習などのウォームアップを行い、25時まで別チームなどと練習試合を行います。練習後の1時間で私が集計した対戦データをもとに軽く反省会を行い、翌日のミーティングまでに振り返るポイントを洗い出します。そして、翌日の練習までにメンバーごとに練習試合の映像を見返してもらい、課題を考えて翌日のミーティングで共有するというサイクルを繰り返します」(同前)

 練習試合後のスケジュールはメンバーの裁量に任せており、引き続き個人練習をするメンバーもいれば、YouTubeでの配信活動などを行うメンバーもいる。こうした練習スケジュールは、大会が行われるシーズンである12月から翌年10月頃まで毎日行われるのだという。

「『コールオブデューティ』シリーズは毎年10月頃に新作がリリースされるので、オフシーズン中も新作の練習をしています。ほぼ1年間ずっと練習しているようなものですね」(同前)

 メンバーはどのように生計を立てているか聞いたところ、チームから一定額の給与は支払われているものの、それだけで生活を成り立たせるのは難しいと語る。

「具体的には言えないのですが……高校3年生が気合を入れてバイトしたときの給料くらいでしょうか。社会人の月給ほどは支払われていないのが現状です。収入の大部分が優勝賞金で成り立っています。勝てば食っていけるし、負けたら食えないぞっていう覚悟で取り組んでいます」(同前)

 2018年のチーム発足以来、3年間で獲得した優勝賞金総額はおよそ1900万円。それを運営会社と分配したのちにメンバーで報酬として分配する。これらに合わせて、イベントなどの出演費や広告宣伝費、個人での配信活動などで得られた収益が収入となる。

「賞金だけで車を買ったり家を買ったりする生活は、現状だと正直厳しいです。それでも、世界最強を目指して会社を辞めてプロとして活動しているメンバーもいます」

 メンバーの平均年齢は21歳から22歳。23歳になったら引退を考え始めるのだという。大会規定で18歳未満は出場できないことを考えると、彼らの選手生命は4〜5年程度と短い。厳しい環境の中でも上を目指して邁進する彼らの原動力は何なのだろうか。

「同じ夢を目指す仲間として、楽しい時も苦しい時もメンバー全員で分かち合うことが出来るのが一番の良さであり、やりがいですね」

◆取材・文/すいのこ

【プロフィール】すいのこ/1990年、鹿児島県生まれ。プロゲーマー。本名・桑元康平。鹿児島大学大学院で焼酎製造学を専攻。卒業後、大手焼酎メーカー勤務を経て2019年5月より、eスポーツのイベント運営等を行うウェルプレイド株式会社のスポンサードを受け「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのプロ選手として活動開始。近著に『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』。