プロ野球ドラフト会議が10月26日に開催される。今年はコロナの影響でアマチュア野球は多くの大会が中止となり、12球団のスカウトは例年のように有力選手の力量のチェックもままならないまま、指名候補の最終絞り込みに入っている。高校野球から大学、社会人と、アマ野球の現場取材が長いスポーツライターの矢崎良一氏が、独自の視点で気になる選手をピックアップした。

 * * *
 今年のドラフトは“柳田2世”と称される近畿大学のスラッガー佐藤輝明内・外野手、東京六大学の“ドクターK”こと早稲田大学・早川隆久投手、慶應大学進学から一転プロに進路を変えた“高校No.1”中京大中京・高橋宏斗投手ら、1位指名確実の選手たちの争奪戦も気になるが、本当の意味でスカウトの目利きが問われるのが、1位指名のクジに負けた場合のハズレ1位や、ウェーバー方式(下位チームから順に選手を指名する)となる2巡目以降の指名選手たちだ。

 プロ志望届の提出が義務づけられた現行のドラフトでは、かつてのようなプロ拒否を表明する選手の強行指名や、他球団を出し抜く“隠し球”は見つけにくくなり、それだけにまた、目をつけた選手を他球団にさらわれることなく確実に指名するため、1位指名の選手以上に激しい駆け引きが直前まで繰り広げられる。

「MAX154km」準硬式野球の剛速球投手

 今年のドラフト指名候補の中で、“異色の経歴”という面では一番に名前が挙がるのが、福岡大学の右腕・大曲錬投手だ。だが、大学野球の主要大会の記録を探しても彼の名前は出てこない。それもそのはず、大曲は福岡大の「準硬式野球部」に所属していた。

 高校は福岡の強豪・西日本短大付属の硬式野球部出身だが、背番号は2桁。サイドスローの控え投手だった。甲子園出場もなく、公式戦の登板はわずか一度きり。さすがに大学の硬式野球部からは声が掛からず、高校の監督の勧めで福岡大に進学し準硬式に転向する。

 そこで、投球フォームをオーバースローに変え、理想的な身体の使い方を模索しながら実戦の経験を積むうちに覚醒した。監督やコーチが細かく指導する一般的な硬式野球部とは違い、準硬式には選手が自分たちで考えて練習していく文化がある。それが大曲には合っていたのかもしれない。

 準硬式野球は、マウンドからホームへの距離などフィールドサイズは硬式と同じだが、使用するボールが異なる。準硬式球という、表面が軟式球のようにゴムで出来たボールが使われる。これは一般の硬式球よりも軽く、滑りやすいため、球速が出にくくなる。その準硬式球で、大曲のストレートは球速150kmを超える。

 3年生の頃から、「準硬式に凄い投手がいる」と評判は広がっていた。所属の九州六大学リーグや九州選手権で優勝しMVPを受賞。4年生になった今春、3月の開幕カードには、「本物か?」と確認のために7球団のスカウトが福岡に集結した。ネット裏でスカウトが構えるスピードガンは、151kmを計測する。

 勢いに乗って再び九州を制し、大学選手権で待ち受ける関東の強豪大学を相手に全国デビューを果たすはずだったが、コロナ禍でリーグ戦や主要大会が相次いで中止。その力をアピールすることが出来ずに終わった。

 しかし、実際に大曲のピッチングを見た人は、みな「凄い」と口を揃える。ストレートのMAXは154km。

 これまでも、プロ通算210登板で9勝を挙げた青木勇人(同志社大―西武)を筆頭に、最近でも鶴田圭祐(帝京大―楽天)、坂本工宜(関学大―巨人)ら準硬式からドラフト指名を受けてプロ入りした投手は何人かいる。そうした過去の選手たちと比較しても、大曲は「レベルが違う」と視察したあるスカウトは言い切る。「硬式、準硬式の枠を取っ払った中でも、素材では今年の大学生の投手で10人の中に入ってくるのでは」と絶賛する。

スカウト「4位まで残っているかな?」

 進路をプロに絞った大曲は、夏場から硬式に再転向。同じ福岡大の硬式野球部の練習に参加し、硬式球を使っての本格的なピッチングを始めている。部員登録をしていないため試合には出場出来ないが、打撃投手として、シート打撃などで打者相手に全力のボールを投げることもある。球速は140km台後半をコンスタントに計測し、硬式球への違和感はないという。

 ドラフトが近づく中、ヤクルトなどが指名候補としてリストアップしたことがスポーツ紙で報道されるなど、もはや指名は確実視されている。順位は4〜6位の中位での指名と見るのが順当だろう。それでも、「4位まで残っているかな?」と他球団の動きを探るスカウトの声も聞こえてくる。予想以上に上位で指名される可能性もありそうだ。

 俄然注目を集め始めた“準硬式の星”だが、準硬式野球関係者の中には、「試合をしていない分、良い話ばかりでちょっと心配になります」と冷静に見ている者もいる。

「プロ入りした後、どれだけプロの環境に馴染めて、コーチやスタッフに応援してもらえるかが重要だと思います。即戦力ではないので、1年でどれくらい伸びるのかがカギでしょうね。可能性があると思ったら、それだけチャンスをもらえる世界ですから」(同前)

“異色の経歴”ということでは、準硬式だけでなく、近年は独立リーグからNPB入りし、素質を開花させる選手も増えている。今年の独立リーグは、MAX150km超の石井大智(高知ファイティングドッグス)を筆頭に、投手が空前の逸材揃いと評判だ。

 反面、こうした選手たちは、結果が出なければ見切りをつけられるのも早いという現実もある。大曲に話を戻せば、まず「硬式球で、(準硬式と)同じボールが投げられるのか」という判断が求められる。

 スカウトは、埋もれかけていた原石をどれくらい見分け、ダイヤモンドやプラチナにすることが出来るのか? その答えは何年か後に出てくる。

サニブラウンに勝った男

 野手で注目しているのは、中央大学の五十幡亮汰外野手だ。

 まさに“スピードスター”。「サニブラウンに勝った男」という異名で高校時代(佐野日大)から話題となってきたが、中大の先輩でもあるヤクルト小川淳司GMが「12人の中に入ってくる」とコメントしたこともあり、ここに来て、ドラフト1位候補とまで言われるようになっている。

 最近では近本光司(阪神)、辰巳涼介(楽天)といったスピードを武器とした外野手が1位指名を受けた例はあるが、スカウトに聞くと「さすがに、そこ(1位)までは……」と言葉を濁される。

 どこの球団も、先発ローテーションを担える投手や、将来的に主軸を打てる打者といった、チームの骨組みの部分にまず手をつけていく。五十幡のような、いわば“飛び道具”は、おのずと優先順位が後になってくるものだ。

 とはいえ、五十幡の足が“スペシャル”であることは間違いない。50mのタイムが5.6秒。一塁まで3秒5で駆け抜ける。中学時代は野球と陸上を掛け持ちし、全日本中学陸上選手権の100mと200mで、あの100m日本記録保持者サニブラウン・ハキームを破って優勝している。それが「サニブラウンに勝った男」という異名の由来だ。

 だが皮肉なことに、五十幡のドラフトにおける評価基準は、この“足”とは別のところにある。それは“バッティング”であり、また“守備”の能力だ。

 いまや、どこのチームにも足のスペシャリストはいる。ソフトバンクならば周東佑京、巨人なら増田大輝、ロッテなら和田康士朗……。そしてファームや育成に目を向けると、彼らの予備軍がゴロゴロしている。今年のドラフト候補の中にも、並木秀尊外野手(獨協大学)のように、五十幡に匹敵するスピードを持つ選手もいる。

 そうなると、単なる“走り屋”、代走要員として考えるのであれば、あえて五十幡にこだわる必要はない。極論すれば、「下位で残っていたから指名しよう」という程度で十分だし、先に他球団に指名されてしまったら別の選手を探せばいい。

 だが、もし五十幡がプロでレギュラーとして10年以上やれる選手であれば、その存在価値は一気に上がる。そのときに基準になるのが打つことと守ること。だからスカウトたちは、最大の武器である足よりも、五十幡のバッティングと守備力を、「プロでどれくらいのレベルに行けるのか」という視点で見ているのだ。

“走り屋”で終わらない可能性

 もちろんこれだけの足があって、遠投100mを越える強肩となれば守備に不安はない。大学のリーグ戦でも、再三、球際に強いプレーを見せている。そうなると、やはり最後はバッティングだ。

 五十幡を4年間見てきた中大・清水達也監督は、「プロでも十分通用するだけのものを持っている」と話している。

 中大は以前にも同じようなタイプの選手をプロに送り出している。元・日本ハムの村田和哉外野手だ。五十幡と同じようにやや小柄で、陸上選手並みの足が武器だった。村田はレギュラー獲得には至らなかったが、代走と守備固めなどで起用され、7年間現役でプレーした。清水監督は「大学4年の時点では、(五十幡は)村田よりも上のレベル」と言う。

 五十幡は小さな身体に似合わず、強いスイングをする。俊足選手にありがちな、ボテボテのゴロを打って一塁を駆け抜ける、というバッティングスタイルではない。ただ、大学生相手から一つレベルが上がるプロで、果たしてこれが通用するか?

 逆に、プロに入って打てるようになる選手もいる。ヤクルトの青木宣親や元・阪神の赤星憲広がそうだ。いずれも大学、社会人時代には、「足だけの選手」と酷評されていたが、プロでバッティングがレベルアップし、野手の間を抜ける打球を打つようになった。そうやって「1番(あるいは2番)センター」という定位置を掴み、その俊足がさらに武器になっていった。

 もちろんもともとのバッティングセンスもあるが、プロで良い打撃コーチに巡り会えたという要素もあるだろう。五十幡もそうなる可能性はあるはずだ。「1番・センター」が空いているチームで、その可能性に懸けるスカウトがいたら、本当に“12人”に入ってくるかもしれない。

●やざき・りょういち/1966年山梨県生まれ。出版社勤務を経てスポーツライターに。細かなリサーチと“現場主義”でこれまで数多くのスポーツノンフィクション作品を発表。著書に『元・巨人』(ザ・マサダ)、『松坂世代』(河出書房新社)、『遊撃手論』(PHP研究所)、『PL学園最強世代 あるキャッチャーの人生を追って』(講談社)、近著に『松坂世代、それから』(インプレス)がある。