新進気鋭の若手が何年も鍛錬を積み重ねた熟練した達人に勝る“下剋上”は様々な競技で散見される。ゲームも例外ではない。2019年7月に行われた『フォートナイト(Fortnite)』の世界大会では、当時16歳だった少年ブーガ(Bugha)が優勝し、賞金300万ドル(約3億2600万円)を獲得した。また『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の世界ランキング1位に君臨するのは、メキシコ出身の19歳、世界的名門ゲーミングチームのティーワン(T1)に所属するエムケーレオ(MkLeo)だ。同ランキングの日本人最高位である7位には、ゲームウィズ(GameWith)に所属する19歳のプロゲーマー、ザクレイがランクインしている。

 若い世代が強い理由の一つとしてよく言われるのは「反応速度(反射神経)は若い人の方が優れている」というものだ。特に動体視力や反応速度を要求されるFPS(ファーストパーソン・シューティング=本人視点のシューティングゲーム)では、25歳がプロゲーマーの寿命だと言われることがあるが、果たして本当なのだろうか。脳の機能に詳しい神奈川歯科大学附属病院高齢者総合内科の眞鍋雄太教授によると、推測ではあるものの、その可能性はあるという。

「カナダのサイモン・フレーザー大学で『スタークラフト2(StarCraft 2)』という自分の軍隊を成長させて相手の軍隊を倒すゲームを使い、脳の処理速度について研究した論文があります。16歳から44歳の3305人のプレイヤーたちが、プレイ中の画面の情報をもとにコマンドを入力するまでにかかった時間を測定するというもので、24歳程度から課題解決速度・反応速度の低下が始まるという結果が得られています」(眞鍋教授)

 この実験はランプが光ったらボタンを押すといった単純な反応速度を測定する実験と違い、実際にゲームをプレイした時のデータを集計、解析しているため、より具体性の高い実験結果だといえる。しかし、気になる点としては鍛錬・学習効果による影響を考慮していないことが挙げられると眞鍋教授は語る。

「若い世代はよりゲームに時間を費やしているため、他の世代より熟練度が高いだけかもしれません。このような要素を差し引いて考える必要はあると思います。それだけでなく、この研究では被験者の脳の血流や代謝の変化などについて測定しておらず、生理学的な検証がなされていないことも考慮しなければなりません」

 そもそも人間の目や耳などから入った情報はどのように脳に届き、指先の動きとして反映されるのだろうか。

「目や耳などの感覚器が刺激を受けてから脳内で処理し、指先に反映されるまでの過程は大きく『【1】情報の処理』『【2】(処理した情報をもとにした)行動の決定』『【3】行動の実行』の3つに分けられ、反応速度のうち3分の2以上が【2】の『行動の決定』のために費やされることが分かっています。

 20代の反応速度は0.15〜0.22秒と各年代で最短という結果があります。前述した3つの要素のうち、『【1】情報の処理』と『【3】行動の実行』は若い世代ほど速いと言われています。例えば目は老眼やそれを支える筋肉の衰えによって低下しますし、指先などを速く動かすのも若い方が有利であるためです」

 しかし、それだけでは“若い人ほど有利”とは言い切れないのだという。

「『【2】行動の決定』を司る、脳の前頭前野という部位の機能は年齢によって衰えないのではないかという説が提唱されています。また、経験が豊かであればあるほど鍛錬・学習効果によって前頭前野の機能は発達することが分かっており、経験を重ねた熟練者は発達した前頭前野により過程【2】の処理速度を高めることで、過程【1】と【3】の衰えをカバーしていると考えられます」

 格闘ゲームの大会ではしばしば30代のプロゲーマーが優勝することがあるが、これは経験で年齢の衰えを補っていることが背景にありそうだ。

 一方、反応速度に実力が左右されない競技の代表例として将棋が挙げられる。現在、18歳の若き棋士、藤井聡太二冠が大躍進を遂げているほか、羽生善治九段や加藤一二三九段といった棋界を代表する棋士たちの多くが10代の頃から大成している。彼ら名棋士と若くして活躍するプロゲーマーたちに存在する共通点とは何だろうか。眞鍋教授が語る。

「これは生来の能力で、いわゆる『天賦の才能』と呼ばれるものだと思います。わかりやすい例を挙げると、弁護士の中には六法全書に書かれた膨大な文章を絵として記憶できる人がいたりします。藤井さんや羽生さんは現在の盤面から先の展開をイメージする高い能力が先天的に備わっており、それに加えて経験に基づいた後天的な能力も持っているからあれだけ強いのだと思います。これは過程【2】の処理速度にも大きく影響しており、若くして強いゲーマーたちはある種の才能を持ち合わせているのだと考えられます」

 ゲームの上手さには先天的能力、いわゆる才能が関与している部分があるのだという。では、努力によって才能を補うことはできるのだろうか。

「先天的能力と後天的能力は一部重なっているイメージで、ある程度は努力によるカバーが可能ですが、努力で六法全書を絵として暗記することはできません。どうしても才能でしか得られない能力は存在します」

 しかし、たとえこうした天賦の才能を持ち合わせていたとしても、年齢とともに衰える部分があるのは間違いない。鍛錬でその衰えを補っていくことで、長く現役で戦い続けることができるのだろう。

 また、この「天賦の才能」は多かれ少なかれ、あらゆる人間に備わっていると眞鍋教授は解説する。

「備わった才能の量に個人差があるのだと考えられます。多い人はいわゆる天才で、中程度の人は努力でカバーして秀才になり、少ない人は成長するための難易度が高い。また、才能の種類も人によって異なります。瞬時の判断を求められるタイプに特化した才能もあれば、将棋のように熟考するのが得意な場合もある。両方を兼ね備えた人も中にはいるかもしれませんが、それは人によります。これがいわゆる『個性』となって現れてくるのだと思います」

◆取材・文/すいのこ

【プロフィール】すいのこ/1990年、鹿児島県生まれ。プロゲーマー。本名・桑元康平。鹿児島大学大学院で焼酎製造学を専攻。卒業後、大手焼酎メーカー勤務を経て2019年5月より、eスポーツのイベント運営等を行うウェルプレイド株式会社のスポンサードを受け「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのプロ選手として活動開始。近著に『eスポーツ選手はなぜ勉強ができるのか』。