3月4日発売の女性セブンが報じた卓球女子元日本代表・福原愛(32才)の「お泊り不倫」の衝撃が止まらない。福原は2016年に台湾出身の卓球選手・江宏傑(ジャン・ホンジェ、32才)と結婚し、2児をもうけ、台湾で幸せな結婚生活を送っていると思われていた。しかし、今年に入り関係が悪化したとする報道が増え、そして福原と一般男性Aさんとの“不倫現場”がキャッチされたのである。

 女性セブン発売に先駆け、3月3日にNEWSポストセブンで配信された記事は、国境を越え、中華圏でも瞬く間に拡散。中国では「#福原愛回應与男子約会(男性とのデートについて福原愛の反応。実際には簡体字)」というハッシュタグが、一夜にして閲覧回数7億回を突破。一時、中国版ツイッターといわれる微博のホットワードランキングで1位となり、14億人の中国人民の間でも大きな話題となっていることが分かった。また、台湾のポータルサイトのトップニュースにも、不倫報道を引用した現地メディアの記事が複数並んだ。

 ただ、同じ中華圏でも、中国と台湾のそれぞれの世論では、不倫報道の受け止め方は大きく異なっている。

〈これまで彼女の笑顔にすっかり騙されていた。魔性の女だったとは……〉
〈なんか裏切られた気分だな〉
〈母親や子供を台湾の夫の親族に預けて不倫とは……〉

 こんな福原に対する幻滅をあらわにするコメントが溢れているのは、台湾ニュースサイトのコメント欄。〈男を連れ込んで『ホテルも自宅でも別の部屋』って(笑)。愛ちゃん、もう少し言い訳の仕方があったのではないかな〉という書き込みもあった。

 一方、微博をはじめとする中国のSNS上では、こういった批判的な意見は稀で、

〈幸せじゃなければ、結婚なんてやめてしまえばいい〉
〈ベイビー、このままでいいんだよ。むりせずに中国に帰っておいで〉

 といった福原を擁護するような書き込みが目立った。夫・江宏傑からのモラハラ疑惑や離婚協議中であることを伝えた他誌報道を踏まえ、

〈お前は本当に愛ちゃんに値しない! こんな素敵で有能な妻を手に入れておいて、大切にできないなんて!〉と、夫を批判するものや〈俺たちの愛ちゃんを罵ったその口を潰してやる〉という物騒な書き込みもあったほどだ。

 こうした中台世論の違いについて、中華圏事情に詳しいジャーナリストは話す。

「中国のファンは以前から夫の江さんのことを苦々しく思っていたんです。愛ちゃんは10歳でプロ宣言して以降、毎年1か月以上、中国遼寧省に卓球留学していました。15歳で五輪初出場を果たしたアテネ大会の翌年から、中国スーパーリーグに2シーズン参加するなど、中国とのゆかりは深い。テレビのインタビューなどでは中国東北部訛りの流暢な中国語を披露し、中国人民のハートをつかみ、『人民の妹』とも呼ばれたほど。

 そんな愛ちゃんが2016年に台湾人の江と結婚したときの、中国人ファンの落胆ぶりは大きかったですからね。当時は、SNSに江さんを呪う声が殺到しました。結婚後も、愛ちゃんの中国語が台湾訛りになっていることに、嘆きの声が上がったこともあります」

 一方、台湾で巻き起こった福原バッシングの背景についてはこう分析する。

「愛ちゃんと結婚後、江さんは『イノセントでやさしい夫』というタレントイメージを確立しています。昨年9月から放送されている全明星運動会(オールスター運動会)という高視聴率番組では、チームの監督役として高い好感度を獲得していて、今回の件に関しても『江さんに問題があるわけない』と思っている台湾人が大半でしょう。さらに台湾人が漠然と持っている『裏表がある』という日本人に対するイメージも手伝い、『愛ちゃん憎し』となっている」(同前)

 にわかに持ち上がった福原・江の夫婦問題。両国の違いは、2人の影響力があまりにも大きいことからも起きていると言えそうだ。