誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない“夢の馬券生活”だ。「JRA重賞年鑑」で毎年執筆し、競馬を題材とした作品も発表している作家・須藤靖貴氏も、馬券生活を夢見る一人だ。そんな須藤氏が、万馬券ゲットのために、大活躍中のフランスからの騎手クリストフ・ルメールの弱点を探し、試行錯誤した苦難の道についてお届けする。

 * * *
 令和の常勝鞍上C・ルメール。彼をうまく外して的中すれば高配当、その模索なのだった。傑物の欠落をえぐり出すようで胸も縮むわけだが、強者の因縁です。馬券ファースト!

「日の前半、エンジンのかかりがイマイチ」との説。「特にダート、1番人気を飛ばしてないか」という友人の声にアンテナを立て、データをとった。JRA-VANのTARGETで2020年1月から2021年5月1週まで。

 1〜5Rの1番人気の首尾はどうか。222回騎乗で芝38勝、ダート39勝。勝率は芝.317、ダート.387。ダートよりも芝での分が悪かった。同条件で、ライバル川田の芝の勝率は.413だ。

 さらに、オッズ1倍台だと芝.385、ダート.500。ダート戦できちんと結果を出している。

 芝に絞ると、120回騎乗で4着以下(飛び)は44回。顕著なのが5Rだ。60回中1着20回だが23回も飛んでいる。

 人気を限定しなければ95回走って1着26回、飛び38回。5R芝の飛び率4割。けっこう飛ぶ。「ルメールのアフターランチは疑え」か。

 ところで、レース当日の騎手の昼食について。それぞれの流儀があり、水分だけだったり軽くサンドイッチをつまんだり。ある騎手は「体重が減り過ぎる」と蕎麦をずずっと啜る。ルメールの事情は分からぬものの、あれだけの乗鞍だから、喰わなきゃ身ももたんだろう。

 5Rの不首尾はランチのせいじゃなさそう。

 そのあたりはデビュー戦が多い。5Rの芝の新馬戦は46回。13勝、20回飛び。上記期間での全体の新馬戦騎乗は103回、1着24回、飛び48回。勝率.233、単勝回収率58円だった。

 陣営は素質馬に名手を乗せたがり、すると人気も上がる。だが彼はデビュー戦では馬の将来を勘案して厳しいムチを控えることもあるという。そのイズムの影響かもしれぬ。「ルメールの新馬戦、人気は割引」。これはアリだ。

 さて、ポジティブネタのほうも。「GIデーは他の乗鞍も注意」。当日はいつも以上に気合いがみなぎって勝ち切るというわけだった。

 2020年から今年のダービーまで241鞍で64勝。勝率.266。2020年全体の勝率は.261。まあ、少し上回っている。

 その30日間のうち未勝利は3日のみ。6勝(!)と5勝は1回ずつ、4勝2回、3勝4回。固め打ちの印象だが、他の日にも5勝、4勝も数多く、ルメールに限っては珍しいことでもないのだった。

 データを取れば取るほど凄みを突きつけられる。外しどころがどんどん狭くなってくるような。でも面白い。さらに粘ってみた。

【プロフィール】
須藤靖貴(すどう・やすたか)/1999年、小説新潮長編新人賞を受賞して作家デビュー。調教助手を主人公にした『リボンステークス』の他、アメリカンフットボール、相撲、マラソンなど主にスポーツ小説を中心に発表してきた。「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆。

※週刊ポスト2021年6月18・25日号