いよいよ目前に迫る東京五輪。体操、スケートボード、サーフィンの注目の選手たちを一挙にご紹介しよう!

◆体操 谷川航選手(24才)

 得意技の跳馬では、世界でも数人しかできないといわれる最高難易度の大技と安定感のある着地を武器に持つ。3つ下の弟・翔も同じ体操選手として活躍し、2018年には内村航平選手や白井健三選手を押さえて全日本選手権で優勝。兄弟そろって男子体操界のエースとして注目されている。

◆体操 北園丈琉選手(18才)

“内村航平二世”と呼ばれている、体操界のホープも東京五輪の切符を獲得。3才から体操を始め、五輪選手を多く輩出している名門校・清風学園でめきめきと実力を伸ばす。高校総体で、当時高校2年生ながら4冠を達成。体操ニッポンの黄金時代を築く注目選手!

◆スケートボード 白井空良選手(19才)

「日本中からすごいと言われる選手になりたい」と、高校卒業後にプロスケーターとして競技に専念した白井選手。世界の強豪が集まる大会「WORLD SKATE OI STU OPEN」で優勝を果たすなど、次世代の注目スケータ―。

◆スケートボード 堀米雄斗選手(22才)

 6才からスケートボードを始め、高校卒業後はスケートボードの本場・アメリカに拠点を移す。瞬く間に数々の大会で優勝を飾り、「スケートボード・ストリート世界選手権」で初優勝し五輪切符を獲得。一流スケーターの証しでもある“シグネチャーモデル”のスケボーが発売されるほど。

◆サーフィン 大原洋人選手(24才)

 13才でプロテストに合格。1959年から続く世界で最も大きなサーフィンの大会「Vans USオープン・オブ・サーフィン」で18才にして日本人初の優勝を成し遂げ、脚光を浴びた。その後も数々のタイトルを獲得。メダル獲得の期待が高い。

◆サーフィン 五十嵐カノア選手(23才)

 父親の影響で3才からサーフィンを始め、わずか11才でアメリカの主要大会に30勝する驚異的な記録を打ち立てる。その後も世界最高峰のツアーで優勝を重ねるなど、“サーフィン界の宝”は東京五輪でどんな波乗りを魅せてくれるのか。

◆ビーチバレー 石島雄介選手(37才)

“ゴッツ”の愛称で親しまれる石島選手は、男子バレーボール日本代表選手として北京五輪を経験。「限界を追い求める場所を見つけた」と、2017年にビーチバレーボールへ転向。

◆ビーチバレー 白鳥勝浩選手(44才)

 頭脳とテクニックを武器に3度目となる五輪出場を獲得。北京五輪、ロンドン五輪と連続出場を果たした、現役唯一のオリンピアン。東京五輪でもパワフルなアタックを見せてもらいたい。

◆カヌー 當銘孝仁選手(28才)

 高校生でカヌーを始め、大学生で日本代表に選出という驚異的スピードでプロ選手に。数々の大会で優勝を果たし実力も◎。パドルを漕ぐときに必要な上半身の肉体美に、うっとりする人が増えそう。

※女性セブン2021年6月24日号