東京五輪でアメリカはすでに14個の金メダル(29日現在)を獲得しているのに、米国民はあまりNBCの五輪中継を見ようとはしない。力作だった開会式を見た米市民は1670万人。過去33年間の五輪開会式の視聴率としては最低だった。

 理由は「コロナ禍に国際オリンピック委員会(IOC)と日本の菅政権が五輪をゴリ押し開催したことへの反発もある」(米主要メディア)のだが、それ以上に、多くの国民が見たかった「女子体操の女王」シモーネ・バイルズ(24)と「女子テニスの女王」大坂なおみ(23)が棄権・敗退で早々に姿を消してしまったことが大きい。

 バイルズは6歳で体操を始め、2016年のリオ五輪では女子団体、個人総合、跳馬、ゆかで金メダルに輝いた。絵に描いたようなアメリカン・ドリームを実現した黒人選手だ。一方、大坂は全米、全豪オープンで優勝したハイチと日本にルーツを持つ選手。幼い頃からアメリカで生活したため母国語は英語で、国籍は日本だが、アメリカでは多くのファンがアメリカ人だと考えている。いまや大谷翔平と並ぶ人気の日本人アスリートだ。

 そしてバイルズと大坂に共通するのは、ともに国家と大企業・メディアの「広告塔」的存在だということ。好不調にかかわらず24時間マスコミに追い回されてきた。そして、二人とも精神的なダメージを負っていたのである。うつを告白した大坂は、その後も「スポーツ・イラストレイテッド」のカバーガールに起用されるなどモテモテだ。有色人種のアスリートが同誌の表紙を飾るのは史上初めてのことだった。しかし、五輪ではシングルス3回戦でストレート負けしてしまった。「プレッシャーが影響したのか」との質問に、「イエス・アンド・ノー」と答えていたが、どれだけの重圧の中でプレーしていたかは容易に想像できる。

 他方のバイルズは、五輪独占中継のNBCが「客寄せパンダ」として視聴率を上げる目玉選手に仕立て上げてきた。五輪番組の冒頭や中継の合間には、彼女の褐色の肉体が美しく舞うシーンが繰り返し映し出されてきた。「東京五輪は史上最高の広告売り上げ」と豪語していたNBCの切り札的な存在だった。ところが、団体で最も得意とするゆかでラインオーバーした後に、「精神的症状」を理由に団体と個人総合の決勝を棄権してしまった(29日時点では8月1〜3日に行われる種目別に参加するかは明らかになっていない)。

 リー大学のジェレミー・リタウ教授は、「ナオミはメディアのプレッシャーが選手の精神にダメージを与えると訴えてスポーツ界の共感を呼んだ。五輪で早々に敗れた原因も間違いなくメディアのプレッシャーだった」と手厳しく批判している。また、ロシア国営放送は、バイルズ棄権をとらえて、「米国内にはシモーネの決断に対する批判もあるが、そこには黒人やLGBTQを差別する白人至上主義がはっきり見える」と断じている。

 ロシアのアメリカ批判は政治的側面もあるが、それに正面から反論できないのはアメリカに弱みがあるからだ。二人に対する人種的な差別がなかったとはいえないし、商業的な野心で二人を祭り上げてきたNBCはじめ米メディアは、五輪の舞台を去った二人について不自然なほど黙して語らない。特にNBCは「ドル箱」を失って茫然とするばかり。視聴率急落で、すでにスポンサーから「補償・補填協議」を持ち出されている。視聴率が事前に設定した基準を下回った場合は、NBCがスポンサーのコマーシャルを別番組などで補填するという取り決めだ。

「コロナに呪われた東京五輪」(麻生太郎・副総理兼財務相)はアメリカの至宝だった二人の女王を打ちのめしてNBCを苦境に追いやったが、これで終わりとは思えない。コロナ危機は悪化し、日本でも五輪に対する批判的な声は消えていない。世界から五輪批判が噴出すれば、菅首相が政権を放り投げて逃げ出す事態だってあり得ないわけではない。

■高濱賛(在米ジャーナリスト)