東京五輪での日本人選手の活躍が連日、報じられるなかで、全国各地では8月9日に開幕する夏の甲子園に向けた高校野球の地方大会が行なわれている。「スーパー中学生」と呼ばれ、高校進学前から注目を集めていた高知高校・森木大智の最後の夏となったが、またも強豪校の高い壁に阻まれる結果となった。高知大会決勝で高知高校との直接対決を制した明徳義塾は、いかにして森木を攻略したのか。そこに至るまでのドラマを紹介しよう。

 * * *
 春のセンバツを制した東海大相模(神奈川)や強豪校の星稜(石川)が新型コロナのクラスター発生によって地方大会の道半ばで出場を辞退し、東北では宮城・仙台育英や福島・聖光学院、青森・八戸学院大光星など、甲子園の常連校が思わぬ伏兵に敗れた。さらには市立和歌山の小園健太、天理(奈良)の達孝太といった今秋のドラフト上位候補もまた聖地にたどり着けなかった。

 無観客の東京五輪がメダルラッシュによって沸き立つその裏で、東京五輪の閉会式翌日に開会式を迎える夏の甲子園に向け、高校野球は大波乱の連続だ。

 そして高知では、中学時代に軟式球で150キロを記録し、この世代で最も注目を集めた豪腕・森木大智を擁する高知高校が決勝で馬淵史郎監督率いる明徳義塾に3対5で敗れた。

 世代ナンバーワン右腕と、高校野球の名伯楽の直接対決──果たしてこの結果は波瀾だったのか、それとも順当だったのだろうか。

 試合の直後、春野球場を訪れていた観客の前で、馬淵監督はこう打ち明けた。

「1年前からこの決勝戦を想定して、『速球打ち』と『無駄な点をやらない』ということをテーマにやってきた。それは間違いではなかったと思います」

 森木は3年前から、高知のスーパー中学生としてその存在が知られていた。馬淵監督は当時、今後3年間対戦することになるであろう森木のことを、強がるようにこう評していた。

「確かにええピッチャーよ。高知の宝やね。でも高校に入ってからののびしろで言ったら、うちの関戸(康介。その後、大阪桐蔭に進学)のほうが上かもしれん」

 この頃から、高知では“怪物の卵”と“高校野球界でもっともしたたかな策士”との対決から目が離せなくなる。森木を初めてインタビューしたのは高校入学した直後だ。

「小6で127キロ。将来はプロ野球選手にとこのときに決めました。中2の秋に145 キロ、そして中3の夏に150 キロが出ました。でも、ピッチャーだけじゃ面白くない。やっぱり、大谷(翔平)選手に憧れています。高校でも明徳を倒して、甲子園には5回出たいです」

 両者の最初の対決は1年夏に実現した。森木は打者として、高校生となって初めての本塁打をこの試合で放ったものの、マウンドでは3失点して敗れた。昨夏はコロナ禍によって独自大会となったが、昨秋も高知大会の決勝で対戦し、森木と明徳のエース・代木大和の投げ合いは延長12回を戦って1対1で日没コールドに。翌日の再試合で高知高校は敗れた。

 今年3月に森木に会った時には、1年生の頃に比べて下半身が見違えて太くなり、顔中にあったニキビも消えていた。大人の球児に変貌していた。これまで一度も甲子園にたどり着けていない現実をこう語っていた。

「そうそううまくはいかないなというのが正直な気持ちです。これまでの高校生活は悔しい思いばかり。その悔しさを、最後の夏にぶつけたい」

 今春の高知大会(明徳はセンバツ出場のため不出場)を制し、選抜に出場した明徳とのチャレンジマッチ(春季四国大会への代表順位決定戦)の試合後に森木は馬淵監督と挨拶を交わし、「秋のほうがボールが来ていた気がするなあ」と言われたという。

「いやらしいことをおっしゃるな、普通の会話でもこんな駆け引きをしてくるんだな、と思いました(笑)」

 まさかライバル校のエースの動揺を誘うためにこんなことを言ったわけではないだろうが、馬淵が高校球界屈指の策士であることは間違いない。今春のセンバツの直前に明徳は、岡山学芸館との練習試合を予定していたが、馬淵監督は急遽、その予定をキャンセルした。岡山学芸館の監督は、センバツの1回戦での対戦が決まっていた仙台育英のOBで、同校の須江航監督の同級生。明徳の情報が少しでも漏れることを防ごうとしたのかもしれないが、理由ははっきりとはわからない。ただ、勝利のためには細心の注意を払い、最善の手を打っていく。それが甲子園通算51勝の馬淵監督という野球人なのだ。

 5月の四国大会決勝で対戦した時は、高知高校が勝利した。両軍共にエースを先発させず、手の内を隠した戦いとなったが、森木は1イニングだけ登板し、ふたつの三振を奪った。試合後、夏に向けた森木攻略の手応えを問われた馬淵監督はこう話した。

「森木攻略の自信なんてありません。うちとしてはとにかく食らいついていくだけ。追い込まれる前の甘い球を打たんとダメやね。追い込まれると、ストレートは速いわ、スライダーはあるわで。でも、三振はあまり取られない。うちの選手も150キロぐらいの球でも普通にバットに当てていましたから」

 言葉の裏側にある自信の背景には、秘して行ってきた直球対策があったのだろう。

 7月28日の高知大会決勝──。高知は守備の乱れから明徳に2点を奪われ、8回に一時は同点に追いついたものの、3対5で高知は敗れた。森木は150キロに迫る直球を投じて10三振を奪うが、低めの変化球を明徳の打者に見極められて与えた7四死球が痛恨だった。

 徹底した直球対策と、相手のミスにつけ込む隙のない野球で、森木を攻略した。軍配は名伯楽にあがり、敗れた森木はかねてから公言していた高校からのプロ入りを改めて明言した。