個人では銅メダル、そして、幼なじみの水谷隼(32才)と組んだ混合ダブルスでは念願の金メダル。2度目の五輪となる東京五輪の卓球競技で伊藤美誠(20才)が頂点を極めた。その背景には、2つの二人三脚があった。まずは、母・美乃りさん(45才)との歩みだ。美誠が2才で卓球を始めたのは、元卓球選手である美乃りさんの影響が大きい。

「美乃りさんは、超スパルタで女性版・星一徹ですよ。とにかく美誠ちゃんを卓球漬けにしました。自宅のリビングはほぼ卓球台で埋まっていて、食事のときはダイニングテーブル代わりにしていたくらいです」(伊藤家を知る卓球関係者)

 年間1500時間の練習を目標に、美誠は毎日5〜8時間はラケットを振り続けていたという。唯一、息抜きができるのはトイレに行くときだけ。

「しかしトイレに行っても、今後の目標や日常生活の標語、卓球関連の記事が壁にびっしりで気が休まらないんですよ(笑い)。ただ、この環境が、いまの美誠ちゃんを育てたのは間違いないです。独創性や強靭なフットワークが育ったのは、自宅特訓の成果でしょう」(前出・伊藤家を知る卓球関係者)

 卓球漬けの環境を整え続けたのが母なら、技術の向上を支援し続けたのが、松崎太佑コーチ(37才)。今回の五輪で、美誠の試合を見守ったイケメンコーチだ。出会ったのは美誠が幼稚園の頃だというから、もう15年近くのつきあいになる。

「会社員だった松崎コーチがボランティアで指導するクラブに、美誠さんが通い始めたことが出会いでした。指導を始めたのは、彼女が小学4年生くらいの頃からでしたね」(伊藤家の知人)

 しかし、その2年後に転機が訪れる。美誠は格上の選手と戦い、実力を磨こうと、美乃りさんと一緒に大阪へ。そのタイミングで松崎コーチも大阪へ来て美誠の専属コーチにならないかと、美乃りさんがオファーをしたのだ。

「松崎コーチはだいぶ迷ったようですよ。卓球経験者とはいえ、実績はすでに世界大会で結果を出していた美誠さんには及びません。しかし、このオファーをチャンスと思おうと決断し、大阪行きを決めたと聞いています」(前出・伊藤家の知人)

 ここから美誠と松崎コーチの二人三脚が始まった。松崎コーチは無給となり、貯金を取り崩す生活に。当時、美誠にはスポンサーが付いていなかったのだ。そうまでして美誠の将来に賭けた松崎コーチに、母と娘は特別な感情を抱いていた。

「美乃りさんは、美誠さんが小学5年生のときに離婚しているんです。大阪へ転居した時期は、離婚直後でもあった。美誠さんにしてみたら、新天地に渡り、父もいないし、地元が同じで兄代わりだった水谷選手とも離れ離れに。松崎コーチの存在は公私にわたって大きかったのでしょう。大阪市内のマンションに3人で一緒に住んでいた時期もあったようです」(前出・伊藤家の知人)

 美誠本人はもちろん、母親も松崎コーチも、目指すは世界のトップ、ただそれだけ。同じ目標に向かって突き進む3人が“家族”になるのは自然な流れだったのかもしれない。昨年、五輪の1年延期が決まったときも、松崎コーチは時にわが子に接するように、美誠のモチベーションを保とうとしたという。

「美誠ちゃんにとって、延期は相当なダメージだったそうです。練習への向き合い方も変わってしまいました。そんな美誠ちゃんを立て直したのが松崎コーチです。練習方法を変えてみたり、休みの日にはアウトドアに誘うなどして、気分転換を図ったそうですよ」(前出・伊藤家を知る卓球関係者)

 東京五輪が始まってからも、個人戦の準決勝で敗れて、3位決定戦を前に意気消沈する美誠に、松崎コーチは言葉をかけた。

「『次の試合は決勝だよ』と、冗談半分で言ったそうです。信頼関係のない相手からそんなことを言われたら、腹を立てるでしょう。しかし、美誠選手は、『そんなこと思えないでしょ』と笑顔で返したんです。軽口を叩き合うことでリラックスし、3位決定戦で勝利を収めたのでしょう」(全国紙記者)

 そこにあったのは、親子のような絆だった。

「4〜5年前だったと思いますが、お母さんが『籍は入れないけど事実婚というような形です』と関係者に説明をしていました。いまはどのような関係なのかはわかりませんが、“三人四脚”であることに変わりはないようです」(別の卓球関係者)

 大阪市の自宅近くの住民に話を聞いた。

「大阪に来たばかりのときはよくお見掛けしましたけどね。いまも時々ここに帰ってきてしばらくしたら出かけるという生活みたいです。遠征とかも多いですからね」

 美乃りさんの母、つまり美誠の祖母に、「美乃りさんと松崎コーチの関係」について聞いてみたところ、意味深な返事が返ってきた。

「まあそれはねえ、私にはあんまり答えられないわね。そういうことは、恥ずかしくてね。うふふふふ」

 美誠の所属先に聞いてみたが、期日までに回答はなかった。世界の頂点に立った美誠を支えたのは、卓球が結んだ“新たな家族関係”だった。

※女性セブン2021年8月19・26日号