「金メダルは99%取れる」。東京五輪開幕前、メディアを前に瀬戸大也(27才)が口にしたこの言葉は、自らを鼓舞するためのものだったのだろうか──。

「しかし、最も得意な400m個人メドレーで予選落ち、200mバタフライもやはり予選落ち。ラストチャンスの200m個人メドレーでは決勝に残ったものの、ゴール直前でかわされて4位でした」(五輪担当記者)

 99%の予想を裏切り、まさかのメダル0となったのも頷けると、この記者は言う。

「瀬戸選手は大会直前の代表合宿には参加せず、単独で高地トレーニングを行っていました。それが裏目に出た格好です」

 ほかの選手と行動を共にしなかったのには、気まずさもあったのだろう。瀬戸の不倫が報じられたのは昨年9月。この報道で大手企業からスポンサー契約を解除され日本水泳連盟からは昨年中の活動停止などの処分を受けていた。

 そんな瀬戸を救ったのは、元水泳飛び込み選手で、2人の子供を育てる妻の馬淵優佳さん(26才)だった。稼ぐ場を失った夫の代わりに情報番組からバラエティー番組にいたるまで、積極的にテレビ出演を始める。五輪期間中は、番組をはしごするほどの人気ぶりだ。

「でも、質問をしてもなかなか答えが噛み合わないんですよ」と頭をかくのは、テレビ局プロデューサーだ。

「私たちは馬淵さんを“瀬戸大也の妻”としてスタジオに呼んでいます。ところが、瀬戸選手について何を聞いても“元アスリートとして答えます”と逃げられてしまう。MCが『瀬戸選手はなんと言っていましたか』と聞いても『○○じゃないかなと思います』と、推測で答えるばかり。ほとんど夫婦の会話がないんでしょうね」

 確かに、8月1日の『サンデージャポン』(TBS系)でも、MCの爆笑問題・田中裕二(56才)に試合後の会話について聞かれても「泳げることに感謝しているような印象を受けました」と答え、今後の活動に関する問いには、メディアで耳にした夫の言葉の感想を話す始末。

「自身のインスタグラムでも瀬戸選手への応援や励ましはなく、共演者との写真ばかり。大会前、競技に集中するためか瀬戸選手は別居をしていましたが、競泳の全競技が終了しても、すぐには自宅に帰っていないようです。以前のような関係に戻るには時間がかかりそうですね」(競泳関係者)

 敗退後、瀬戸の今後について《どういう振舞いをするかが一番大事だと思います》とメディアに答えた馬淵さん。

 関係修復の可能性は99%か、それとも。

※女性セブン2021年8月19・26日号