大相撲9月場所では、“奇跡の復活”を遂げた照ノ富士が、4年半ぶりとなる新横綱として土俵に上がった。「令和初の新横綱」を「平成の大横綱」はどう見るのか。2018年10月に相撲協会を退職した貴乃花光司氏が語る、角界の最高位に求められる条件とは──。

 * * *
 新横綱の照ノ富士には“日本人的な骨組み”を感じますね。元々、間垣さん(元横綱・二代目若乃花)の弟子だったのでよく知っていますが、気骨がある。そうでなければ、大関経験者が序二段まで落ちてから復活なんてできません。私も右ヒザの怪我で苦しみましたが、照ノ富士は両ヒザの内側、外側、そして前十字……本来、力士にとっては致命傷です。回復力もさることながら、精神力は驚異的ですよね。

 ただ、下から上がっていく時は、猪突猛進、獅子奮迅の相撲でいいんですが、横綱になると負けられない。照ノ富士が大変なのはこれからです。

〈そう語るのは、第65代横綱・貴乃花だ。1990年代の相撲ブームを牽引した「平成の大横綱」である。15歳で父である元大関・貴ノ花の藤島部屋に入門。史上最年少記録を次々と塗り替え、幕内最高優勝22回、横綱としての勝率は8割を超える。横綱に昇進したのは、2場所連続全勝優勝を果たした1994年11月場所後のことだ。その地位を守る覚悟は、相当なものだったという〉

 横綱となるには「大関で2場所連続優勝か、それに準ずる成績」という内規を満たさないといけない。高いハードルですが、横綱になってからのほうが断然大変です。

 私は、「横綱になる時」というのは「死ぬ時」だと思っています。

 入門直後には、相撲教習所で「桜の花が散るように」という横綱像を教えられる。負け越したら終わりとかではなく、もっと深い意味があって、日本国を背負っているぐらいの気持ちで土俵に上がらないといけない地位なのだと教えられました。

 横綱は勝って当たり前。負けてはいけない地位であるうえに、「勝ち方」や「負け方」が問われる。

 横綱としての相撲を取るにはとにかく、「押す力」が基礎になります。私の場合、寄り切りが理想型でしたが、押す力、ぶつかり稽古の基礎、締め付ける力、そして足の運びが合わさって寄り切りになる。北の湖理事長(故人)の突き押しには勝負を決める威力がありましたが、横綱になって寄り切りや突き押しで勝負を決めるのが一番難しいと思います。相手は自分の得意な取り口できて、横綱はそれを受け止めたうえで勝たないといけない。また、負けた翌日のきっちりとした勝ち方というのも求められる。そんなことの繰り返しですから、横綱という地位にあることは、精神的な負担が相当大きいのです。

プライベートも制限される

〈先の7月場所千秋楽で照ノ富士は、横綱・白鵬との全勝対決の立ち合いで激しいカチ上げを食らい、敗れた。14勝1敗の準優勝で昇進が決まったが、結びの一番については「自分が弱かっただけ」と悔しさをにじませた。一方の貴乃花は、自身の横綱昇進を全勝で決めたが、大一番の後、不思議な感覚を覚えたという。1994年11月場所千秋楽の相手は、初土俵の同期ながら先に横綱に昇進していたライバル・曙だった〉

 あの時は“勝てば全勝優勝だ”と気負ったらプレッシャーに押し潰されると思ったので、何食わぬ顔で土俵に上がりましたが、2メートルの巨体相手の相撲はギリギリでした。休場明けだった曙関はすでに4敗していましたが、私の全勝を阻止しようと気迫十分だった。約50秒もかかった一番で、土俵際まで押されてからの逆転の上手投げで勝ちましたが、経験したことがない変な気持ちでしたね。ハイな状態を超越したというか、館内の雰囲気を肉体的な目でなく、背中で見ているような感じでした。なんとか勝ったという思いばかりで、宿舎に帰ってからようやく実感が湧きました。

 横綱昇進の伝達式の口上で述べた「不惜身命」は、師匠(元大関・貴ノ花)が選んだ言葉です。師匠も軍人さん的な厳格さがあった人で、「いつ死んでもいいぐらいの覚悟で土俵に上がらないといけない」と、伝達式の前日夜遅くまで考えていましたね。現役時代、自分は師匠の“分け身”だと思っていたので、師匠の人生観を私が口上で伝えるという気持ちでした。

〈新横綱として迎えた1995年1月場所では優勝決定戦で大関・武蔵丸(当時)を破り、年6場所制導入以降、今に至るまで4人しか達成していない昇進場所優勝を果たす。1994年9月場所から1996年9月場所までの13場所中10場所で優勝(残りの3場所も準優勝)という抜群の成績を残した貴乃花だが、土俵上だけでなく、私生活でも「横綱の重圧」を意識する日々だったという〉

 横綱が本場所の15日間で対戦する幕内上位の力士はみんな強いんです。相手の型にはまれば持っていかれてしまう。そんな相手が続き、どんどん緊張感が増していく。朝起きて“今日はよく眠れた”という日は稀です。1時間しか眠れなかったとしても、暗い部屋で目を閉じて瞑想に入り、なんとか脳を休ませようとする。自分との戦いでしたね。

 気持ちの切り替えのために、お茶でも飲みに行ければよかったのですが、そういうことがやりにくい時代でした。22歳で横綱になって、20代は娯楽がないおじいさんのような生活だった(苦笑)。常に緊張感があり、食生活を含めた体調管理には細心の注意を払った。コロナ禍で全国民がマスクをして家に閉じこもる生活を強いられていますが、当時の自分の暮らしはそれに近く、風邪の菌すら体内に入れないように注意を続ける生活でした。

※週刊ポスト2021年10月1日号