過去の大型連敗と一体、何が違うのか。10月16日、巨人が広島に7対8で敗れて10連敗を喫した。今シーズンずっとBクラスに沈んでいた4位・広島に3ゲーム差と迫られ、盤石と思われていたクライマックスシリーズ進出を不安視する声まで出るようになった。

 監督通算16年目を迎える原辰徳監督は優勝9回、日本一3回と栄光を手にした一方で、屈辱も経験している。1次政権の2003年には9月5日から16日まで9連敗。就任2年目の原監督の辞任の呼び水となった大型連敗時は、清原和博やロベルト・ペタジーニという主力がスタメン出場していたにもかかわらず、連敗中の平均得点は「1試合3点」と自慢の打線が爆発しなかった。プロ野球担当記者が話す。

「今年の連敗はこの時と似ていますね。打てないこともそうですし、連敗中に優勝の可能性が完全に消滅したことも同じです。目標を失って、ズルズルと負けてしまった印象です」(以下同)

 2003年の連敗時は、9月17日の中日戦で桑田真澄が連敗を止めたものの、18日に渡邉恒雄オーナーが続投について『20日からの阪神戦で3連敗したら話は別だ』と発言。フロントとの確執もあったのか、原監督は9月19日に辞任を申し入れ、翌日に報道された。その日から巨人は残り9試合7勝1敗1分と巻き返している。その原監督が復帰した1年目の2006年には6月6日から8連敗、18日から10連敗、7月4日から9連敗と3度の大型連敗があった。

「この時は、ケガ人の続出が大きな理由でした。5月下旬に開幕から5番を打っていた高橋由伸が左肩痛で離脱。6月2日にはキャプテンの小久保裕紀が右手親指骨折をした。阿部慎之助も右手親指打撲で6月下旬に抹消になりました。今の巨人で言えば、坂本勇人、丸佳浩、岡本和真が打線から欠けるようなもの。山田真介との交換トレードで広島から木村拓也を獲得し、元阪神のジョージ・アリアスを緊急補強したが、空いた穴は大き過ぎた。これだけ主力に怪我人が出れば、連敗は仕方ない面もあった」

 今年の10連敗は亀井善行が死球を受けて登録抹消にはなったが、それ以外に主力の離脱はない。先発投手陣もローテーションを崩さずに回っている。

「ケガ人が続出しているわけでもなく、メンバーは変わっていない。むしろ、コロナで複数の選手が離脱した春先よりも戦力は充実している。それなのに、連敗が続いて立て直せない。責任は首脳陣にあると言われても仕方ないし、原監督の神通力がなくなったのかもしれません。

 先発を中4、5日で回してリリーフ陣への負担がさらに大きくなったし、このローテーションで上手く行ってないのに頑なに変えない。その割には、中田翔の起用にはこだわる。負けが込んでいる状況だから、起爆剤に使うのもわかりますけど、5番や6番を打てる状態ではない。打率1割5分の選手に中軸を任せるべきなのか。中田加入の影響で出番の減ったウィーラーがハッスルプレーやファインプレーでチームを鼓舞し、孤軍奮闘している姿を見るとやるせないものがあります。原監督は中田と心中するつもりなのでしょうか」

 残り試合が少ないとはいえ、4位・広島とは3ゲーム差まで追い詰められてきた。

「もちろんクライマックスシリーズ進出に向けて、圧倒的に巨人が有利なのは変わりありません。ただ、AクラスとBクラスが大きく分かれていた今シーズン、最終盤になって巨人と広島の勝敗ラインが比較されること自体が恥ずかしい。

 原監督は一昨年から2連覇を果たしていますし、Aクラスに入れば留任でしょう。しかし万が一、Bクラスに落ちてクライマックスシリーズ進出を逃せば、電撃辞任は十分あり得ると思います。いずれにしても、コーチ陣の入れ替えは避けられないでしょう」

 過去には、2008年に最大13ゲーム差から巨人に逆転優勝を許した阪神・岡田彰布監督がフロントの慰留を断って辞任。巨人の高橋由伸・前監督は2018年、3位に入ったものの3年連続V逸の責任を取っている。同年、阪神の金本知憲監督は最下位に沈み、契約年数を残して辞めている。残り4試合の結果次第では、原監督の去就も予断を許さない状況になってきた。