小平奈緒、羽生結弦、平野歩夢を支えるマル秘アイテム

小平奈緒、羽生結弦、平野歩夢を支えるマル秘アイテム

「自信は正直ありました。しっかりと自分の滑りができれば、いいタイムが出るだろうと感じていました」。歓喜から一夜明けた2月19日、平昌五輪のスピードスケート女子500mで金メダルを獲得した小平奈緒(31才)はそう心境を明かした。

 ここまでの道のりは平坦ではなかった。2010年のバンクーバー五輪で団体パシュートで銀メダルに輝くも、個人種目ではメダル獲得ならず。2014年のソチ五輪でもメダルに手は届かなかった。

「ソチでは金メダル候補の最右翼といわれながら、500mで5位、1000mでは13位という悔しい結果に終わりました。満足のいく結果の出なかった小平選手は、スピードスケート王国のオランダへの武者修行を選びました」(スケート関係者)

 言葉が通じず生活様式や文化も違う中で、最初に鍛え直されたのは「闘争心」を持つことだった。内気で引っ込み思案だった彼女は、滞在2年目には周囲を引っ張るリーダーにまで成長していた。

「肉体的な強化や技術の向上に加え、食事や休養のとり方についても研究したそうです。帰国後は、管理栄養士の友人の協力を得て、調理に3種類の油を使うなど徹底管理。同時に、練習で疲れた体を睡眠で癒すマル秘アイテムを導入したそうです」(前出・スケート関係者)

 それが、高反発マットレスの『エアウィーヴ』だった。

「アスリートにとって、睡眠はベストパフォーマンスを引き出すために不可欠です。小平選手は、エアウィーヴを使用することで睡眠の質が上がって疲労回復もかなり早くなったそうで、海外の大会や合宿などの遠征先にも必ず持参し、使用しているそうです」(スポーツ紙記者)

 同製品はスキージャンプで銅メダルを獲得した高梨沙羅(21才)をはじめ、フィギュアスケートの浅田真央(27才)やテニスの錦織圭(28才)なども愛用している。

「今回の平昌五輪では、日本選手団からの依頼で約200人分のエアウィーヴが提供されていました。現地入りした選手から、選手村に用意されたベッドがかなり硬くて戸惑う声が上がり、選手団は“しっかりとエアウィーヴを活用するように”と、選手たちに改めてアナウンスしたそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 冬季五輪の最多メダル獲得数更新が確実といわれる日本選手たちの活躍を、陰で支えるアイテムというわけだ。

 マル秘アイテムといえば、フィギュアスケートの羽生結弦(23才)の『くまのプーさん』も有名だ。

「“プーさんの顔を見るとリラックスできる”と実は精神統一の面で一役買っているんです。また、常に首から提げているひし形に星のようなマークが入ったペンダントは、羽生の地元・仙台で“チャクラの仙人”として有名な接骨院を営む男性院長から贈られた特別なものです」(フィギュア関係者)

 スノーボードの男子ハーフパイプで2大会連続で銀メダルを獲得した平野歩夢(19才)のこだわりのアイテムはイヤホンだ。

「平野選手がイヤホンをしているのが気になった人も多いでしょう。スポーツシーンでは、イヤホンは試合展開や状況などをチームスタッフと確認するために使われることが多いですが、平野選手の場合は本当に音楽を聴いているんです。好きな音楽でテンションを上げて、練習でも試合本番でも同じテンポでパフォーマンスができるそうで、『ビーツ』というブランドのイヤホンを愛用しているそうです」(スノーボード関係者)

 選手だけのこだわりアイテムは、いつもそばにいる。

※女性セブン2018年3月8日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索