池江璃花子が進学予定の日大水泳部 恐怖のシゴキ現場

池江璃花子が進学予定の日大水泳部 恐怖のシゴキ現場

 日大の運動部を舞台にしたスキャンダルの連鎖が止まらない。5月に起こったアメフト部の悪質タックル問題、チアリーディング部で発覚したパワハラに続き、水泳部でも、先輩による2年生部員への暴力事件や、2016年7月に入学間もない1年生部員が自殺していた事実が明らかになった。

 今年のアジア大会MVPにして、2年後に迫る東京五輪で複数の金メダルが期待される競泳界のスーパー女子高生・池江璃花子(18)の進学が“内定”している日大だが、水泳部の抱える問題の深刻さを物語る写真がある。その画像が、昨年10月1日にインスタグラム(写真投稿サイト)内の24時間で投稿が消える「ストーリー」に掲載された一枚だと証言するのは、水泳部OBの一人だ。

「うちの部で、上級生が下級生に対して、とくに理由もなく、暇つぶしのようなノリで強いる悪ふざけです。二段ベッドの梯子に、両手両足をビニール紐が肉に食い込むほどきつく縛り付け、口にはさるぐつわのように何かを詰められます。

 私も受けたことがありますが、両手を拘束し、身動きの取れない状態で心身が追い詰められる。この状態で部屋の灯りを消し、1時間以上放置されることも珍しくなかった。アイマスクで視界を遮り、急に大きな音を出して怖がらせることもあります。上級生はからかっているつもりのようでしたが、やられている側にとっては恐怖です」

 写真の部員は、9月に3年生部員から暴行を受け、全治2週間のケガを負ったことが明らかになった現役の2年生部員A君だと、このOBは説明した。

『週刊文春』が、このA君への暴行について報じた後、同部の上野広治・監督とA君の母は一緒に会見の場に現われ、暴力を認める一方、当事者同士で和解済みと説明していた。しかし、今回の画像やOBの証言を踏まえれば、同部で上級生からの“シゴキ”のような行為が常態化しているとの懸念は拭えない。

 本誌がA君の母親を訪ね、画像を見せたところ、A君であることを否定せず、「取材にお答えするつもりはありません」と話した。また、上野監督は直撃に対し、「(写真や証言について)事実として把握していないのでお答えできません。大学側に聞いてほしい」と答えた。日大広報部は次のように話す。

「(写真は)あくまでも部員同士のふざけた行為であり、いじめではありません。このような行為は現在行なっておりません」

 前出のOBはいう。

「水泳連盟の副会長でもある上野監督は大学以外のことで忙しく、正直、水泳部に目が行き届いていない。日大水泳部には悪しき習慣がたくさん存在する。今回、事件が明るみに出たことをきっかけに、膿を出し切ってもらえたら……」

 日大水泳部は、男女で普段の練習場所は違うとはいえ、同じ監督が管理の責任を負い、大会前の調整では同じプールで練習することもあるという。日大への進学が、金メダルが期待される池江の足枷になることだけは避けてもらいたい。

※週刊ポスト2018年11月2日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索