巨人50億円補強 下平さやか・大神いずみ他、妻への影響

巨人50億円補強 下平さやか・大神いずみ他、妻への影響

 原辰徳氏(60)が新監督に就任したプロ野球・巨人の大補強に一喜一憂するのは、何も選手ばかりではない。夫の処遇によって、今後の生活がガラリと変わってくるのが「女子アナ妻」たちだ。このストーブリーグは彼女たちにとっても大きな転機となった。

 長野久義(34)の広島への電撃移籍で、テレビ朝日の姉さん女房・下平さやか(45)の去就も注目される。

 夫とともに生活拠点を広島に移すとなれば、テレ朝からの退社が濃厚だ。1月12日放送のレギュラー番組『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)では、「これから考えないといけない。人事とか各所に相談して決めたい」と話した。

 テレ朝関係者が明かす。

「今は東京を離れたくないというのが下平アナの本音でしょう。結婚後の下平アナは若い頃のバラエティキャラとはうってかわって“ニュースが読める硬派アナ”として評価を高めていた。アナウンス室でも、若手からの人望は厚い。そして大きいのが『報道ステーション』のメインキャスターとなった元後輩・徳永有美アナ(43・フリー)の存在です。

 下平アナが2歳下の彼女のことをすごく意識しているのは間違いない。テレ朝では近年、大下容子アナ(48)が昼の『ワイド!スクランブル』のMCで活躍しており、きっと下平アナも“私はまだまだ報道のメインを張れる!”と思っているはず」

 しかし、周囲には「広島行き」を勧める声も多いという。

「長野の親族は、下平が近くで夫をサポートしたほうがいいと考えていると聞く。局の上層部も協力的で、“系列の広島ホームテレビに出向という手もある”と検討されているという話もあります」(別のテレ朝関係者)

 下平アナと対照的に、このオフから“巨人妻入り”を果たしたのが大神いずみ(49・元日本テレビ)だ。夫は内野守備兼打撃コーチに就任した元木大介(47)である。巨人担当記者が語る。

「大神は夫の巨人復帰を喜んでいるようです。2005年の引退以降、元木はラーメン屋をやったりしたがうまくいかず、たまにバラエティ番組に出演する日々が続いていた。当時の夫の様子について大神はテレビ番組で『夫は引退して別人のようになってしまった』と話したほどでした。

 ところが昨年、侍ジャパンU-12の代表監督として世界大会で優勝してからガラリと風向きが変わった。まさかの古巣でのコーチ復帰で元木はやる気が漲っている。大神も“私も仕事を増やして頑張る!”とハッパを掛けているらしい」

 一方、昨季限りで退任した高橋由伸・前監督(43)の妻、小野寺麻衣(43・元日本テレビ)は、

「夫が重責から解放され明るくなったのを見てホッとしているそうです」(小野寺の知人)と明るい様子だという。

 ちなみに長野の広島移籍の余波はこんなところにも。カープの堂林翔太(27)と結婚して以来、広島に拠点を置く元TBSの枡田絵理奈アナ(33)は厳しい局面を迎えている。

「3連覇中の広島ですが、若手スラッガーとして期待された堂林は一軍と二軍を行ったり来たりで優勝に貢献できていない。最近は外野にも挑戦しているので丸のFAで出場機会が増えるかと思ったら、長野の加入でそれも難しい。堂林にとって、今年は勝負の年になりそうです。

 妻の枡田は、第2子が1歳を迎えて東京でのテレビ出演を増やしている。夫が厳しい状況にある中、家計をサポートしたいという思いがあるのかもしれない」(テレビ関係者)

※週刊ポスト2019年2月1日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索