大坂なおみ サーシャコーチと別れて「次のパートナー」は誰?

大坂なおみ サーシャコーチと別れて「次のパートナー」は誰?

 女子テニスでアジア勢初の世界ランク1位となった大坂なおみ(21)。2月17日に開幕したドバイ選手権には、吉川真司日本テニス協会女子代表コーチが「代役」として緊急登板したが、“パートナー不在”はしばらく続きそうだ。

 2月12日、大坂はグランドスラム2連覇を支えてきたコーチのサーシャ・バイン氏(34)との契約解消を発表。メンタル強化に貢献し、2人の師弟愛は強固なものと思えたのだが……。

「バイン氏が大坂のコーチをしていたのはわずか1年ほどですが、テニス界では珍しくありません。伊達公子さんは、1か月でコーチが代わったこともありました」(スポーツ紙記者)

 錦織圭(29)が、17歳で4大大会を制したマイケル・チャン氏に師事して飛躍したように“コーチ選び”は非常に重要だ。

「昨年末には次のコーチへのオファーを始めましたが、難航するかもしれません。インタビューやスピーチからもわかるように、大坂には“独特な世界観”がある。厚い信頼関係を築けていたと思われていたバイン氏ですら、あっさり解消したわけですから」(同前)

 グランドスラム優勝経験者など“元名選手”をコーチとするプレーヤーは少なくないが、まさかの人物が“新パートナー”として取り沙汰されているという。

「大坂の父であるレオナルド・フランソワさんです。テニス未経験ながら、2017年末まで大坂のコーチをしていたフランソワさんは、大坂の最大の“理解者”。大坂がテニスを始めるきっかけとなったセリーナとヴィーナスのウィリアムズ姉妹は、フランソワさんと同じく経験ゼロの父親がコーチを務めて世界トッププレーヤーになった。憧れの選手たちと同じ選択をして、父の再登板があるかもしれません」(別のスポーツ紙記者)

 5月には全仏オープンが控えている。果たして、大坂の選択は──。

※週刊ポスト2019年3月1日号


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索