堀ちえみの「舌がん発覚」から得られる教訓

堀ちえみの「舌がん発覚」から得られる教訓

「口腔がんの原因は、歯に関係するものが非常に多い。特に舌がんは、誰にでも起こりうる。若い人も年配の人も可能性があります」

 口腔がんのスペシャリストである、静岡がんセンター・鬼塚哲郎医師(頭頸部外科部長)は、2014年の勉強会で衝撃的な画像を提示した。

「患者は50代男性。舌の一部が白く変色して、浅い潰瘍になっていました。ここの痛みが1か月以上治らない。よく見ると、銀歯の尖った部分が舌に接触して病変ができていました。がんの可能性が高いので、検査と治療を兼ねて大きめに切除したところ、約1cmの早期舌がんでした」

 鬼塚医師は、通常の口内炎は2週間程度で治るので、1か月以上同じ場所にある口内炎は注意が必要、と付け加えた。

 銀歯の突起が常に当たることで、がんを引き起こすことは、あまり知られていない。そこで鬼塚医師に、詳しく尋ねてみた。

「慢性的な刺激が発がんに関与することは、教科書などに記載されています。突起があるような銀歯など、銀歯が何かしら関係したと思われる舌がんを、30症例以上診てきました。口腔粘膜の前がん病変がある方で、銀歯を外し、セラミックやコンポジット・レジンに変えると、症状が軽快したという患者さんもいらっしゃいます」

 タレントの堀ちえみさんは、昨年夏頃に舌の裏に口内炎のような症状が出たという。だが、リウマチの治療薬の副作用と疑われ、かかりつけの歯科医院でレーザー照射を受けていた。

 痛みは治らず、自ら専門病院を受診。リンパ節に転移があるステージ4の舌がんと判明した。2月22日に手術を終え、リハビリの日々を送っているという。

 重要なのは、「一般の歯科医院では、口腔がんの確定診断はできない」ということだ。異変に気付いたら、鬼塚医師のような専門の頭頸部外科(耳鼻科)や口腔外科(歯科)へ迅速に紹介するのが、誠実な歯科医だといえる。

●レポート/ジャーナリスト・岩澤倫彦(『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2019年3月29日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索