ペットの自傷行為原因はストレス以外も、“常同障害”の実態

ペットの自傷行為原因はストレス以外も、“常同障害”の実態

 過剰に鳴いたり、何度注意しても食べてはいけないものを食べてしまうといった、愛猫の困った行動。それは、しつけの問題ではなく、心理状態や健康上の問題が関係しているかもしれません。問題行動を引き起こす、猫の“常同障害”に迫ります。

 愛猫が、同じ行動を何度も繰り返したり、自傷行為を行う場合、“常同障害”という病気の可能性があるという。

「常同障害とは主に、不安やストレスが多い環境下で表れる行動の総称で、“心の病気”ともいわれています」とは、獣医行動診療科認定医の藤井仁美さんだ。

 常同障害の猫に見られる主な行動は、次の通りだ。

●赤く腫れるほど皮膚をなめたり、かんだりするなどの自傷行為を繰り返す
●毛が抜けるほどの過剰なグルーミングを行う
●自分のしっぽを追いかけてグルグル回り続けたり、しっぽをかみちぎろうとする
●繊維類やプラスチック類など、食べてはいけないものを食べるのをやめられない
●背中がピクピクと痙攣する
●何度も過剰に鳴く

「常同障害は、ストレスだけでなく身体的な病気が影響している場合もあります。そのため、これらの行動が目につくようなら、まずは獣医師に相談し、検査を受ける必要があります」(藤井さん・以下同)

 常同障害による行動が、赤く腫れるほど体をなめてしまう場合は、皮膚の病気が原因の可能性がある。そのため、洗剤や芳香剤などの化学物質による刺激を受けていないか、感染症やアレルギーを患っていないかなどを調べたり、脳や神経に異常がないか検査を行う必要があるという。

 検査で問題が判明したら、治療などでそれらの要因を取り除けばいい。一方、ストレスが原因の場合は、行動診療によってストレスの原因を探り、生活環境を整える。

「行動診療とは、飼い主とカウンセリングを重ね、なぜ愛猫がそんな行動をするのか、原因を究明して、飼育環境や接し方などのアドバイスを行う治療法です」

 ストレスの主な原因としては、飼い主とのコミュニケーション不足による不満や葛藤、引っ越し、新入りの猫が来たなどの環境の変化による不安、ずっとケージに入れられていることによる運動不足などがある。

 また、ウールや布製品などをかじったり、食べてしまう行為は「ウールサッキング」とも呼ばれる。特に、子猫の頃に母猫から離された猫や、アジア系品種の猫はなりやすいといわれている。

「運動不足解消のためには、キャットタワーを設置する、刺激が足りず、退屈にさせているようならおもちゃを与える、環境の変化に耐えられないようなら、安心して1匹になれる空間をつくってあげるなど、ストレスを生まない環境づくりを飼い主と二人三脚でしていきます。こういった環境改善とともに、必要であれば抗うつ薬や抗不安薬など、薬物治療も取り入れる場合もあります」

 問題行動の裏に大きな病気が隠れている場合もある。猫の行動が気になったら、まずはかかりつけ医に相談しよう。

 問題行動に対して猫を叱りつけると、余計にストレスがかかって問題が悪化したり、逆にこの行動をとると飼い主が自分に関心を持ってくれると勘違いし、問題行動を繰り返すこともある。

 叱るのではなく、問題行動を生む原因を排除しよう。

※女性セブン2019年10月31日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る