電子マネーやスマホ決済が一般的になり、ついついお金を使いすぎてしまうという人もいるかもしれない。だからこそ、“お金が貯まる体質になりたい!と願う人も多いだろう。

 そこで、風水の専門家に“金運が上がる体質”になるための習慣を教えてもらった。

◆割り勘のときは少し多く払うべし

 これまでライフ・コンサルタントとして1万人以上を鑑定しているほか、東京都内のパワースポットを巡る「TABICA開運ツアー」を開催する、九星気学による運命学研究家(宗家師範認定)の菜奈実さんは、「目先のお金をケチるような、金払いの悪い人には、運気は巡りません」と断言する。

 特に、皆でお金を払わないといけない場面で出し渋るのは、運気を停滞させる原因になるのだそう。例えば、友人と食事をして割り勘をする時、端数が出たなら自分が少し多めに払うくらいの気持ちでいた方がいい。大金を気前よく支払う必要はないが、細かいことに捉われず、大様に構えている方が、お金は寄ってくるのだ。

「また、支払い時はお金に、“いつもありがとう”という感謝の気持ちを持つことも大切です」(菜奈実さん)

◆寺社では「貯まりますように」というお願いはするべからず

 寺社などでの参拝時に、「お金が貯まりますように」と願う人は多い。しかし参拝では、神様に感謝の気持ちを伝える方が、運気は巡るという。

「感謝を伝えるためにお参りをすることで、ご利益やチャンスを授かりやすくなります。いいことが起これば、そのことにまた感謝したくなるため、運気が好循環し、結果として“貯まる人”になります」(菜奈実さん)

 それでももし、願いごとをしてしまい、それが叶ったなら、お礼参りをして感謝の気持ちを伝えればいい。願いを叶えてくれた寺社が遠方の場合、気軽に感謝を伝えに行けないので、旅先の寺社では、その点も考慮して参拝しよう。

◆家の中に“マイ開運スポット”を作るべし

「気に入って購入したけれどあまりお金が貯まらない財布や、長年使ってお疲れモードの財布には、エネルギーを充電させる必要があります」(菜奈実さん)

 財布を充電させるには“マイ開運スポット”を作るのがおすすめだという。お気に入りのハンカチや白い布を広げ、その正面に、西と北を背にした状態で神社などの神札を置いたら、布の上に財布を置いて数日間寝かせておけばいい。

「宝くじや臨時収入も、まずこの場所へ供えて、神様に感謝してから使うと運気が巡ってきます」(菜奈実さん)

 水を置いたり線香を立てると、なお効果的だとか。

◆財布の中をいい香りで満たすべし

 整理収納サービスや掃除に関する講演のほか、収納商品の企画開発も行う、風水インテリアアドバイザーで日本ハウスクリーニング協会認定セミナー講師の「片付けアシストNaro」代表・中西直美さんはこう話す。

「香りには運気を上げる効果があります。なかでも金運アップに効果的なのは、黄色い柑橘系果実と“金”の文字が入った金木犀(きんもくせい)。これらの香りを財布やお札につけるのがおすすめです」

 お札に香りづけするには、“文香”(ぶんこう)を使うといい。文香とは、少量の香料を紙に包んだもので、手紙に添えて送るケースが多い。文香がなければ、金木犀を和紙に包んだものや、コロンをつけたしおりを財布に忍ばせる手も。染みにならない程度ならアロマオイルを直接財布につけて香りを移してもいいという。

 香りにつられてお金が舞い込んでくるような、魅力的な財布に育て上げよう。

※女性セブン2020年1月30日号