いまなお予断を許さない新型コロナウイルス。感染した時に備えて、知っておくべきことは多い。

 コロナに感染しても、医師に軽症と診断された場合は、ホテルか自宅での療養となる。罹患中は苦しくて動けないし、買い物にも行けない。そこで、もしも自宅・ホテルでの療養になっても困らないために、用意しておくべきものを専門家に聞いた。

「ホテル療養の場合、室内の空気が乾燥しがちなので、リップクリームやハンドクリームといった、保湿用品を用意しておきましょう。乾燥はウイルス活性化の原因になるので、保湿を心がけてください」(国際災害レスキューナースの辻直美さん・以下同)

 自宅療養の場合、調理ができない場合に備えて栄養補助食品や保存食など、手軽に食べられるものを用意しておくといいという。

「家族がいるなら食器の共用を避けるため、紙コップや紙皿の活用を。ゴミも感染者専用のゴミ袋を作り、こまめに口を縛って捨てる必要があるので、ゴミ袋は多めに用意しておくと便利です」

 自宅やホテルでの療養中に怖いのが容体の急変。どうなったら病院に連絡すべきか。

「パルスオキシメーターで測定できる酸素飽和度の数値が決め手のひとつになります。96%以下になったら入院が必要とされるため、念のため、用意しておきましょう」

自宅&ホテル療養の対コロナグッズ一覧

【日用品】
発熱で汗をかくのでタオルは多めに用意を。濡らして部屋に干しておけば、乾燥対策にも役立つ。

□石けん
□アルコールや除菌スプレー
□ハンドクリーム
□リップクリーム
□タオル(多めに)
□ゴミ袋(多めに)
□紙皿・紙コップ
□塩素系漂白剤
□ティッシュペーパー
□マスク
□生理用品
□下着などの着替え(多めに)

【食料品】
ホテルでは食事が出るが、療養中は気が滅入るので、好きな菓子や飲み物などを持っていこう。

□菓子類など好きな食べ物
□インスタントコーヒーなど好きな飲み物
□飲料水
□経口補水液やスポーツ飲料
□ゼリー状栄養補助食品
□保存食(缶詰、レトルト食品、インスタント食品、冷凍食品など)

【医療品や薬】
電子タイプの体温計は予測体温を測定するため、より正しく測るには水銀タイプがおすすめ。

□体温計(水銀タイプがあれば推奨)
□パルスオキシメーター(脈拍数と経皮的動脈血酸素飽和度を測るための医療機器)
□血圧計
□目薬(目の乾燥を防ぐため保湿タイプのものを)
□水まくら
□咳止め
□解熱剤
□持病の薬など
□おくすり手帳

【その他】
特に高齢者の場合、療養中の筋力低下や、長時間寝る際の皮膚の炎症(床ずれ)対策グッズも。

□簡易加湿器
□読みたかった本、編み物やプラモデルなどいつかやろうと思っていた趣味のものやパズルなどの遊べるもの(療養中は気が滅入るし、軽症なら時間を持て余すので、楽しめるものを)
□足首に巻いて使うダンベル(脚の筋力低下を防ぐために使う)
□クッション(床ずれを防ぐため、腰のあたりにはさめるものを)
□スマホやタブレット
□現金(カード類が使えないことを想定)

【プロフィール】
辻直美さん/国際災害レスキューナース。一般社団法人育母塾代表理事。各地で防災に関する講義・講演を行う。著書に『防災クエスト』(著:辻直美、絵:エイイチ/小学館)など。

イラスト/さややん。

※女性セブン2021年3月18日号