毎日、巷では何らかのイベントが開催され、そして毎日が何らかの記念日に制定されている。暖かくなってきたこの春の季節には、どんな記念日があるのだろうか。4月15日から21日までの記念日を紹介する。

◆4月15日 からあげクン誕生日

 1986年のこの日に発売されたローソンの看板商品『からあげクン』は、唐揚げをひと口サイズにしたことで一躍人気に。発売35周年を迎える今年、コンビニエンスストア初の記念日を制定した。全国の店舗では、記念日に合わせて同商品の各種1個増量キャンペーンを5月5日まで実施予定。

◆4月16日 えのすいの日

 日本初の近代的水族館として1954年に開業した「江の島水族館」。2004年のこの日に「新江ノ島水族館」としてグランドオープンしたことを記念して、2017年に「えのすいの日」と定められた。同館では例年、記念日を“つながる命に感謝する日”として、入場者へのプレゼントやさまざまな館内イベントを行っている。

「今年は、初の公式キャラクター『あわたん』がデビューします。サンリオの人気キャラクター『シナモロール』とコラボして館内の装飾に登場したり、スタンプラリーやフォトスポットで皆さまをお迎えします」(広報・山崎秀之さん)

 定期的に内容が変わるテーマ水槽では、「ステイホーム」「オンライン飲み会」など新型コロナウイルス感染防止対策のキーワードを表現した「生き物たちもソーシャルディスタンシング」が4月28日まで公開中。いまならではのユニークな展示も必見だ。

◆4月16日 エスプレッソの日

 エスプレッソマシンが初めて登場したのは、1906年開催のミラノ万国博覧会。それに先立ち一部に公開されたといわれる日にちなみ、イタリア国際カフェテイスティング協会で認定。日本ではコーヒー器具を多く手掛けるデロンギ・ジャパンが制定し、今年のキャンペーンは16日に解禁する。

◆4月17日 なすび記念日

 冬春なすの最盛期である4月、「良い(41)な(7)す」の語呂合わせから「冬春なす主産県協議会」が制定した日。なすが好物だったという徳川家康の命日でもあり、毎年4月にはなすが献上されていたという。なすのおいしさをアピールすべく、各産地やスーパーで販促イベントが行われることも。

◆4月18日 お香の日

 伝統的なお香文化を現代の生活にも取り入れてもらいたいと、全国薫物線香組合協議会が制定。日付は、淡路島に沈水香木が初めて伝来したとされる4月の、「香」の字を分解した「一十八日」に決定された。

◆4月19日 良いきゅうりの日

 きゅうりは一年中出回るが、最も出荷量が多いのは4〜5月。値段もお得な場合が多い。「西三河冬春きゅうり部会」は、より多くの人にたくさんきゅうりを食べてほしいと「良い(41)きゅう(9)り」の日に制定。

◆4月20日 四川料理の日

 フランス料理、トルコ料理とならび世界三大料理とされる中華料理。なかでも人気の四川料理は、盆地の厳しい気候を乗り切るために、新陳代謝が高まるスパイスを多用するのが特徴である。この記念日は本場の四川料理を日本に広めるため、四川フェス実行委員会と中国駐東京観光代表処によって2019年に制定された。

「毎年、東京・新宿中央公園で四川料理を振る舞う『四川フェス』を開催していますが、今年は3密を避けるため、オンラインで楽しめる企画を2つ用意しました」(代表・中川正道さん)

 4月20日19時からは、現地スタッフによる四川省での食べ歩きや市場見学を生配信。また、同日12時からは、公式ツイッターをフォロー&リツイートした人の中から抽選で、麻婆豆腐の素や調味料などが入った「四川料理セット」を10名にプレゼント。おうち時間が多いいま、ぜひ四川料理にチャレンジしてはいかがだろう。

◆4月20日 郵政記念日

 1871年、飛脚制度に代わり郵便制度が導入された日。日本郵便では毎年、同日を含む「切手趣味週間」に記念切手を発行。郵便創業150年にあたる今年は、日本画家・柴田真哉らの郵便に関する絵図が題材だ。

◆4月21日 川根茶の日

 甘みと渋みの絶妙なバランスが魅力の静岡産・川根茶。その普及を目指し、川根本町茶業振興協議会が制定。これまで、記念日には手揉み茶体験や飲み比べイベントを実施してきたが、今年は残念ながら中止に。

取材・文/スペースリーブ(加藤瞳)

※女性セブン2021年4月29日号