現在、全国に約470店舗を展開している「カルディ」こと、「カルディコーヒーファーム」。30種類にも及ぶこだわりのオリジナルコーヒー豆のほか、世界約50か国からの食品が販売されている。料理の専門家も足繁く通うというカルディだが、マニアの間では「カルディのお菓子にハズレは少ない!」が共通認識なのだという。毎日のように通っているというカルディマニアのフリマアプリアドバイザー川崎さちえさんに、カルディで販売されているおいしいお菓子をピックアップしてもらった。

「カルディには“食べ出したら止まらない! やみつき注意”のお菓子がたくさんある」と川崎さんは語る。

「気づいたら1袋食べてしまっている“危険”なお菓子がたくさんありますが、店頭で見かけるとつい買ってしまいます。

 季節限定のオリジナル商品やコラボ商品もたくさんあり、すぐに品切れになるので、こまめにチェックしています。

 東京近郊の駅近には、カルディの店舗が多数ありますが、私は郊外に住んでいるので、少し離れたショッピングモールに車で行くことに。そこで、毎日オンラインショップをチェックして商品情報を入手し、買い出しリストを作ってから買いに行っています。カルディの商品には、それでも欲しいと思える魅力があります」(川崎さん)

 品切れが続く商品は、オンラインで買うこともある。公式オンラインストアでは、6480円以上購入すると送料無料(北海道、沖縄を除く)になるので、まとめ買いがおすすめだ。

◆ローマの伝統的な菓子パン

『オリジナル 【冷凍】マリトッツォ』270円

丸くてやわらかなパンに、オレンジピール入りの生クリームをたっぷりサンド。冷凍なので、冷蔵庫で自然解凍して食べる。ローマのバールでの朝食に、カプチーノと合わせるのが定番。

「生クリームが甘すぎずに上品な印象のひんやりスイーツです」

◆口の中で溶ける軽いクッキー

『もへじ ほろりくちどけくっきー抹茶』4個 129円

名前の通り、口の中でほろほろと消えていく、新食感クッキー。表面の宇治抹茶パウダーがほろ苦い、大人の味だ。

「触ると崩れてしまうのでは? と思うくらいサクサクしている食感にハマりました。季節に応じて桜味、抹茶味などが出るので、見つけたら必ず買い!」

◆豆乳を練り込んだビスケット

『オリジナル 豆乳サンドビスケット』10P 198円

カルディの定番お菓子。サクサクのビスケットに、まろやかな豆乳クリームを挟んだ、やさしい甘さのオリジナルビスケット。個包装タイプ。

「クッキーに近い食感で、サクサクしていて、口の中でとろけていく感じがいい。季節に応じていろいろな味が登場するのも楽しみ」

◆塩のきいた甘辛味のけんぴ

『もへじ 塩けんぴ』155g 226円

 国内産のさつまいもを、海洋深層水仕込みで塩をきかせて、甘辛い味に仕上げた“けんぴ”。カリカリの食感が後を引く。高知県の伝統菓子“いもけんぴ”は、素揚げにして蜜をかけるが、こちらは蜜に塩を加えたもの。

「塩味の向こうに、さつまいもの自然な甘みが感じられる、マイルドな味です」

◆ほんのり甘いコーヒー味

『オリジナル ミレービスケットコーヒー風味』100g 185円

昔ながらの製法で作られた素朴な味の“ミレービスケット”を、コーヒー風味に仕上げたカルディならではの味。ちょっと硬めの歯ごたえがクセになる。

「プレーンタイプもありますが、袋を開けた瞬間のコーヒーの香りがたまらない、独り占めしたくなる味」

◆きなこと三温糖の素朴な味

『もへじ北海道から 三温糖きなこねじり』150g 236円

 きなこを主原料にして作られるねじり菓子。三温糖のまろやかな甘さと香ばしいきなこの香りが郷愁をそそる味。硬そうに見えるが、やわらかな食感が特徴。

「きなこ、水あめ、三温糖、こめ油だけで作るシンプルな味で、毎日1〜2個を少しずつ食べるのが好き」

【プロフィール】
川崎さちえさん/フリマアプリアドバイザー。オールアバウトのフリマアプリ・ネットオークションガイド。カルディの通販サイトを毎日チェックするマニアで、カルディに関する記事をさまざまな媒体で執筆中。

取材・文/山下和恵 撮影/菅原拓

※女性セブン2021年4月29日号