武蔵野台地の東端部に位置する東京都心部は、いくつもの川筋によって谷が刻まれた「谷のワンダーランド」だ。3方向以上を丘に囲まれた窪地を“スリバチ”と定義している東京スリバチ学会・皆川典久会長の案内のもと、フリーアナウンサー・神田愛花さんと東京のスリバチ地形を紹介しよう。

高輪の高台から品川の低地へ下る階段

【位置】港区高輪4-18付近の細い路地を東に入る。

 江戸時代末期のペリー艦隊来航を機に、防衛政策でお台場を海上に築造するために使う土砂を採取したことによりできた窪地。高層ビルが建つエリアは当時、海だった。

3つの階段に囲まれた「不動谷の窪地」

【位置】新宿区中落合3丁目の厳島神社付近

 明治時代の字名が「不動谷」と呼ばれた谷筋の谷頭にあたり、3つの階段で窪地を実感できる。山手通りと目白文化村の造成の際に谷の出口側が土盛りで塞がれ、4方向を丘で囲まれる地形に。

茗荷谷の庚申坂(こうしんざか)

【位置】春日通りの信号「茗台中学校前」を西に入る

 茗荷谷と呼ばれた谷間。開削工法で建設された地下鉄・丸ノ内線は地表から浅い場所を走っているため、通過する際に軌道が地上に顔を出す。その奥には丸ノ内線の車両基地がある

円通寺坂

【位置】港区赤坂4-13と同5-2の間

 赤坂界隈には凸凹だらけの地形を体感できる坂が多く、薬研坂の坂上付近にある「圓通寺」脇を通る円通寺坂もその1つ。急峻な坂を下りてずっと歩いていくと赤坂・一ツ木通りに出る。

薬研坂(やげんざか)

【位置】青山通りの信号「赤坂地区総合支所前」で南に入る

 かつて流れていた太刀洗川が作った谷間。坂名は向かい合う下り坂と上り坂の形状が「薬研」(薬種をすり潰す器具)の形に似ていることに由来。

荒木町の窪地へ下る階段

【位置】外苑東通りから「策の池」方向へ東に入る(新宿区荒木町)

 4方向を丘に囲まれた完璧な一級スリバチ。江戸時代に美濃国高須藩主松平摂津守が庭園を造営した際にできた窪地。スリバチの底には湧水池「策の池」があった。

六本木ヒルズの毛利庭園

【位置】港区六本木6丁目の六本木ヒルズ敷地内

 江戸時代の長門長府藩毛利家上屋敷の庭園にあった湧水池を組み込み、六本木ヒルズ建設時に再整備された日本庭園。

有栖川宮記念公園

【位置】港区南麻布5-7-29

 麻布台地の谷間にあった笄川の支流が流れ出ていた場所で、江戸時代は陸奥盛岡藩南部家の下屋敷だった。

夕やけだんだん

【位置】荒川区西日暮里3-13付近

 日暮里駅北口から続く御殿坂の先に位置し、谷中のスリバチへ下る階段の先には谷中銀座商店街(台東区)が広がる。

【プロフィール】
皆川典久(みながわ・のりひさ)/1963年生まれ、群馬県出身。東北大学工学部卒業。2003年に東京スリバチ学会を設立し、地形ブームの先駆けに。『東京スリバチの達人』(昭文社)など著書多数。

神田愛花(かんだ・あいか)/1980年生まれ、神奈川県出身。学習院大学理学部卒業後、アナウンサーとしてNHKに入局。2012年、フリーに転身。情報番組のキャスターやコメンテーターなど幅広く活躍。

取材・文/上田千春 撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2021年4月30日号