皆様、いかがお過ごしでしょうか……その顔で。綾小路きみまろです。私もメジャーデビュー15周年を超えて全国を飛び回る日々を過ごしておりましたが、コロナで生活が一変。自宅の畑でカボチャやナス、ニンジンなどの野菜を育てたりしています。まさに濃厚接触ならぬ“農耕接触”です……。テレワーク、ステイホーム、巣ごもり……と家にいる時間が増える中で、夫婦で向き合う時間も増えました。こんな時こそ、ご家庭には笑いが必要です。

「それはわかってるけど、夫婦で交わす話題がないよ」。何を言ってるんですか、ご主人! そんな時のために最適な“遊び”があります。そうです、「夫婦川柳」です!

 夫婦川柳の題材は、ご夫婦の会話や身の回りで起きたエピソード、あるいはママ友同士の噂話など、なんでもありですが、最近流行っている歌や芸能ニュースも楽しいですね。

 たとえば、ひとりでコンビニ弁当を食べながら、歌番組で9人組ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」の縄跳びダンスを観ていたご主人。「そういえば最近、女房もダンスを始めたけど、ずいぶん見た目が違うなぁ」と詠んだ一句。

【NiziUまね ダンスする妻 二重あご】

 一方、若さをアピールしようと、ショートムービーアプリ「TikTok(ティックトック)」に投稿したご主人の映像を観た奥様が一刀両断……。

【TikTokで 踊るおじさん キモいだけ】

 第4次韓流ブームも世の女性たちの胸をときめかせました。「『愛の不時着』は大興奮だったわ! 私も、『不時着』を味わいたかった……」。いえいえ、奥様も若い頃ご主人の元に“不時着”したのをお忘れですか?

【ご主人に 「不時着」してから 40年!】

 最近のヒット曲の中でも特に印象的なのがAdo(アド)の『うっせぇわ』。曲を聞きながら、ご主人が心の中でつぶやいたのがこんな一句です。

【「うっせぇわ」 言ってみたいよ カミさんに】

 一方、オジサンたちに意外に人気があるのが「YOASOBI(ヨアソビ)」。お風呂の中で歌っているご主人も少なくないようですが、やっぱり奥様に嫌がられます。

【YOASOBIに ハマるオヤジは 「うっせぇわ」】

 そんな奥様がよく口ずさんでいるのが、瑛人(えいと)さんのヒット曲『香水』です。サビの歌詞が印象的ですが、ご家庭で横にいるご主人の臭いは、また独特なようです。『香水』関連の夫婦川柳3連発です。

【横にいる 夫はニオイで すぐわかる】

【加齢臭 かぐとダンナを 思い出す】

【近づくと なぜか女房は 離れてく】

 こんな時期だからこそ、中高年の皆さんも大いに笑って、免疫機能を高めていただけたらと思います!