ホテルやサウナ、スポーツクラブなどにもアメニティーグッズとして綿棒が置かれていることもあり、風呂上がりに綿棒で耳そうじをすることが欠かせない人もいるかもしれない。だが、これが命にかかわるケースがあるという。

 2019年、英国では、31才の男性が耳そうじのために綿棒を使用し、死に至る脳の感染症にかかったと伝えた。耳かきが原因で意識不明となり、病院に搬送されたというのだ。綿棒のコットンが5年前から耳の奥に詰まっており、そこから細菌が増殖し、脳にまで広がったとみられている。

 そんな事故が起こるほど、私たちが耳かきをつい手にしてしまうのには理由がある。

 耳の穴には「迷走神経」という神経が通っており、それを刺激すると快感がもたらされるからだ。

 ところが、わざわざ耳かきや綿棒を使ってそうじをする必要はないと、耳鼻咽喉科いのうえクリニック院長の井上泰宏さんは言う。

「耳あかは耳の皮膚を保護する役割があり、それによって細菌の侵入を防いでいます。無理に取る必要はないのです。また、耳には、耳あかを自動的に外に出す自浄作用が備わっているため、体質にもよりますが、通常は意識的にそうじする必要性はありません。米国耳鼻咽喉科研究学会も『耳そうじは一般的には不要』としています」

 それでも、風呂上がりは耳かきをやらなければ不快感が残ったり、耳かきが「癒し」のひとときという人もいる。残念だが、そんな人は要注意だ。

「耳かきのしすぎで皮膚表面の保護機能が壊れ、細菌が入り込んでしまったことで、ひどい場合は耳の中から耳たぶまで皮膚がただれる人もいます。なかには、頰のあたりまでグジュグジュに赤くただれてしまう人もいます」(井上さん・以下同)

 英国で起きたような、耳そうじから死に至るケースも、ごくまれではあるものの、存在するようだ。

「糖尿病患者や免疫抑制剤を使用している人など、免疫機能が低下している人に『悪性外耳道炎』という病気が起こることがあります。緑膿菌やMRSAといった抗生物質の効きにくい細菌が外耳道の骨に入り込み、顔面神経や嚥下に関係する神経などを破壊したり、耳からほど近い場所にある脳まで入り込んで亡くなるというパターンが多いようです。特殊なケースであるとはいえ、治療しても2割の人は亡くなる病気です」

 さらに、耳の触りすぎは、命を奪わずとも重大な病気を引き起こす危険がある。

「過剰な耳かきによって、外耳道がグジュグジュの状態が常態化すると、皮膚が再生するまでの間に“外耳道がん”になることもあります。紫外線の影響などもありますが、耳のがんは特別な体質などではなく、触りすぎで発症する可能性もあるのです」

 なお、市販の耳かきや綿棒のほか、マッチ棒やつまようじを耳かき代わりに使う人もいるようだが、実は使う道具は耳の皮膚を傷つけない限り、さほど関係ない。それ以上に「保管方法」が大事だという。

「つまようじで耳をかいても、その人の皮膚が強ければ病気にはなりません。しかし、皮膚が弱い人の場合、その辺に放置してあった綿棒を耳に入れるということは、空中に浮遊する雑菌を耳の中に塗りたくっているのと同じです。

 また、お風呂上がりに耳かきをする人は多いと思いますが、皮膚が柔らかくなっているので傷つきやすく、特に危険といえます」

 プールや海水浴の後も、水中のカビや雑菌を耳の中に持ち込むことになり同様に危険だ。

 さらに、耳の聞こえをよくしようとして行った耳のそうじが、難聴の原因となることも珍しくない。

「耳かきで外耳道をひっかき、炎症を起こしては治るということを繰り返していると、しだいに耳の穴が細くなっていき、そのうち完全に閉じてしまう『外耳道閉鎖』という状態になる人もいます。こうなると、治療の手段は外科手術しかなくなります」

 高齢者の場合には難聴になると外部から音の刺激がなくなり、脳が萎縮して認知症になるリスクが高まる。

 これほどデリケートで、重要な機能を持つ「耳」だが、一般的に耳かきの危険性はあまり広まっていない。それゆえ、幼い子供に耳かきをする親も多い。

「親が子供の耳そうじをしていて、綿棒を深く差し込みすぎたり、きょうだいやペットが耳そうじ中にぶつかって、鼓膜を破ってしまう事故も珍しくありません。

 そもそも耳の穴は、耳あかで90%塞がっていても聴力には影響しません。わざわざリスクを冒してまで耳そうじをするメリットはないのです」

 コロナ禍も、思いがけず耳の健康に影響を与えている。テレワークが推進されたことで、イヤホンを長時間使用する人が増えたことを井上さんは心配する。

「イヤホンによって耳がかぶれたり、炎症を起こす患者が増加しています。耳に異常を感じたら、決して触らず、耳鼻科を受診してください」

 何もしないことが耳にとっては最も健康的だと心得よう。

※女性セブン2021年7月1・8日号