高齢者が窒息を起こす定番の食べ物といえば餅だが、夏の食卓に欠かせない「そうめん」にもリスクはあるようだ。みえ呼吸嚥下リハビリクリニック院長の井上登太氏がいう。

「長い麺をすする時、一回ですすれないと途中で『息継ぎ』を挟みます。健常な人なら食べ物を口に含んだ状態で一休みしてもう一度スムーズにすすれますが、呼吸や嚥下の機能が落ちてきた人は息を吸うタイミングを失敗して、そうめんを大量にゴボッと吸い込んで窒息してしまうことがあります」(井上医師)

 そうめんを勢いよくすすろうとする人が多いのは、「そうめんの製法と関係がある」と井上医師が続ける。

「定番の『手延べそうめん』は文字通り延ばして作るため、うどんやそばのような切り麺とは違って角がなく全体的にツルツルしていてコシもあります。さらに、製造過程で食用油でコーティングするものもあるため、余計にのど越しが良くすすりやすくなるのです。

 人間は体の記憶をもとに食事を楽しもうとするので、健康な頃と同じ感覚ですすろうとしてしまいがちです。自身の体の機能低下に適応できていないと、事故につながってしまうリスクがあります」

 そうめんならではの、のど越しの良さには、思わぬ一面があるのだ。

誤嚥性肺炎になれば命の危険も

 夏真っ盛りに向けて、麺類のなかでもそうめんを口にすることが増えていくが、重篤な病気につながることもある。

「窒息はレアなケースだと思いますが、そうめんに限らず麺類は全般的に誤嚥を起こしやすい」

 そう指摘するのは、心越クリニック理事長で訪問医の岩間洋亮氏だ。誤嚥は口から入れた食べ物や汁を胃に通じる食道ではなく、肺に通じる気管に誤って入れてしまうことを指す。食べ物や汁などが気管に侵入することで雑菌が繁殖し、肺炎を起こすと「誤嚥性肺炎」となる。

 厚生労働省「人口動態統計月報年計」(令和2年)によると、誤嚥性肺炎による死亡者数は全国で約4万3000人、死因では第6位(3.1%)となっている。

「そうめんのように多くの水分を絡めて食べ、しかもとろみがなくさらさらした食べ物は気管に流れて行ってしまうことがある。

 健康なら『嚥下反射』といって反射的にむせて吐き出すのですが、高齢であることなどが理由で嚥下機能が落ちていると反射が遅れて、そのまま気管に流れ込んで肺に落ちてしまう。そうして異物が腐ると、肺炎につながってしまうのです」(岩間医師)

 通常、呼吸をしている時は空気を採り入れる気管が広がり食道の入り口が閉じ、逆に食べ物や汁を飲み込む(嚥下)時はのど仏が上がり、「喉頭蓋」という蓋が気管を塞いで食道が開くようになっている。

「そうめんの麺自体が肺に入ると誤嚥性肺炎のリスクが高まる」と、前出の井上医師も言う。

「たとえば数ccの水が肺に入ったとして、直ちに肺炎になるわけではありません。水に含まれた不純物の刺激などにより肺が炎症を起こし、何らかの原因で体調を崩したタイミングで肺炎を起こすと考えられます。その一方で、むせることが引き起こす『多量誤嚥』は急性の誤嚥性肺炎のリスクがあります」

 窒息の原因と同様、そうめんを口に含んだ状態でむせると、口の中に残ったものを吸い込んでしまい、気管に多量誤嚥してしまうことがあるという。

「多量誤嚥でそうめんが肺に入ると、急性の炎症を起こしてしまいかねません。また、苦しんでいる最中に胃酸を嘔吐し、それが気管から肺に大量に入り込むと、重症の『間質性肺炎』を起こすことも考えられます」(井上医師)

 汁をすすることでむせ、麺を誤嚥してしまうリスクがあるわけだ。加えて、むせることを誘発する要素に「薬味」もあるという。そうめんにはネギや生姜、ゴマなどを入れることが多い。

「細かく刻んだ薬味は吸い込みやすく、吸い込んだ後の刺激性が強いため、肺に入ると危険です。刺激物は直接肺を損傷させたり、むせるリスクも高くなり、多量誤嚥につながることがあります」(井上医師)

食べる時の事故を防ぐには

 では、窒息や誤嚥といった事故を予防しながら、できるだけ長くこれまで通りの食べ方を続けるにはどうすればいいのか。前出の岩間医師は、嚥下機能を鍛えるために「歩く」ことと「口のトレーニング」を推奨する。

「歩けない人ほど、のどの筋力も落ちてくる。のどの筋肉は下半身の筋肉に連動しているので、足の筋肉を鍛えることが大事になります。歩行器や杖を使っていても、歩く距離が延びれば飲み込む力は上がっていきます。

 また、口の周りの筋肉の動きをスムーズにするために、早口言葉を言ってみたり、口を大きく動かしながら、『パ・タ・カ・ラ』と繰り返し言ってみる方法もあります。

 歳を重ねると鼻とのどの奥の『鼻咽腔』が閉じなくなって飲み込む力が弱くなってしまうのですが、それを食い止めるためのトレーニングになります。これを食べる前に繰り返すことで、飲み込む力が鍛えられます」

 一方、井上医師は「ある程度誤嚥しても、『息を吐く力』がしっかりしていれば問題ない。それにはラジオ体操が効果的」だと言う。

「コロナ禍もあり、人と喋らないことで呼吸筋力が弱まります。胸郭が固くなると、腕が肩より上がらなくなる。ラジオ体操の『大きく息を吸う』体操で頭の上に両腕を広げますが、これがとても効果的です。腕をしっかり上げて、胸郭を伸ばす運動をしましょう。嚥下障害は全身疾患なので、栄養をしっかり摂って運動することを心掛けたい」

 体のケアを通して誤嚥などのリスクを減らし、元気にそうめんを食べて夏を乗り切りたい。

※週刊ポスト2021年8月13日号