「おふたりは東京からニューヨーク、おれらは佐賀から大阪。一緒やん、と思って……」

 渦中の秋篠宮家長女・眞子さまと小室圭さんの姿にかつての自分を重ね合わせて振り返るのは、タレントの島田洋七(71才)。漫才コンビB&Bとして「もみじまんじゅう!」のギャグで1980年代の漫才ブームを牽引し、その後に人気が急降下して危機を迎えるも、人情味あふれる自身の祖母を描いた自伝小説『佐賀のがばいばあちゃん』の大ヒットで息を吹き返し、介護のため佐賀に移住……。ジェットコースターのような人生に寄り添う妻とは、駆け落ち婚で結ばれた。

 洋七が妻を見初めたのは、故郷・広島の大学を中退して、祖母の住む佐賀を訪れていたときだった。たまたま入った喫茶店で鉢合わせしたふたりは意気投合。たちまち結婚を意識する“運命の相手”となったが周囲は猛烈に反対した。

「嫁の実家に挨拶に行っても、お父さんには会ってもらえなかった。そりゃそうや。こっちは就職もせず、八百屋でアルバイトしとったからね。うちの親や親戚も『ちゃんとした仕事についてからでないとダメだ』とみんな反対だった。だけど唯一、がばいばあちゃんだけは『おりたい人とおるのがいちばんいいんじゃないの』と言ってくれたんよ」(洋七・以下同)

 当時成人したばかりの洋七に大人たちの声は届かなかった。ずっと地元で暮らしてきたふたりは「都会に住みたい」との一念で故郷を離れ、先輩のつてを辿って大阪へと出奔した。出会いからわずか半年後のことだった。洋七はそこで生涯をかける仕事に出会うことになる。

「先輩の奥さんから『大阪は漫才と新喜劇が名物だから見に行ったら?』と言われてなんば花月で吉本新喜劇を見たことがきっかけで、漫才師になりたいという夢を持つようになりました。舞台の面白さはもちろんのこと、終わった後に、当時出演していた笑福亭仁鶴さんや中田カウスさんが次々と高級外車に乗って帰って行くのを見て、『15分しゃべってロールスロイスやポルシェに乗れるなんて、ええ商売や。おれはぜったいコレになる』と思ってしまって……(笑い)」

 つてを頼って吉本興業に入ったが、下積み時代の生活は苦しかった。

「新婚生活は4畳半のアパートを借りてスタートさせました。妻も働いていたけれど、最初の1年半くらいはしんどい思いをしました。同じ頃吉本に入った間寛平がよく遊びに来て、腹が減ったけど金がない。食材は食べ尽くしてしまって冷蔵庫にあったケチャップとマヨネーズを寛平とふたりで人差し指につけて舐めているのを見つかって、嫁さんに『何してるの、あんたたち!』と怒られたこともあった(笑い)」

 多くの夫婦問題にかかわってきた夫婦問題研究家の岡野あつこさんは、駆け落ち後、シビアな現実に直面するケースは多いと指摘する。

「眞子さまがニューヨークで新生活を始められるように、一般に駆け落ちは親や友人たちと離れて遠くに行く。するとゼロからのスタートで収入が減る上にお金もかかるし、環境の変化による不便さや経済的な問題が噴出する。

 最初こそ愛し合うふたりでいられるならばカップラーメンをすすっても幸せ、とその環境を楽しむことができますが、時間が経つと価値観の違いが浮き彫りになり夫婦げんかになることが多い。みんなに祝福されて頼れる人が近くにたくさんいる環境と、誰も知らず『どこから来たんですか?』と聞かれることからスタートする環境では、後者の方が圧倒的につらいのは自明でしょう」

 そうした状況を切り抜けるには、男の本気度が必要と岡野さんが続ける。

「すべてを捨てて結婚しようとするとき、女はもとより本気に決まっているから、どれだけ男がリーダーシップを張れるかが大事です。親や世間から何と言われようが妻を守る、という気概を持てるかどうかが、駆け落ちした後の命運を分けます」

 洋七も謙遜しつつこう振り返る。

「確かに、別れようと思ったことは50年で一度もないし、とにかく途中で投げ出さずにふたりで幸せになれるように頑張ろうという一心だった。嫁さんも大阪に出てきてすぐに働き始めたし、諍いが起きたこともなかった。

 ただ、ぼくらが成功したのは、ふたりともあまりいろいろ考えすぎなかったこともよかったんだと思う。あんまり頭がいいと、いろんなことを考えてしまうから。つらい生活を乗り切るためには、適度にアホな方がいいのかもしれないね(笑い)」(洋七)

 幸せな家庭を作るため、前を向いて生きたふたりには、親族たちとの関係に“雪解け”のときがやって来た。洋七と妻が大阪で迎えた最初の冬、4畳半のアパートに妻の実家から布団が届いた。そこには、「ふたりで頑張れよ」という義父からのメッセージが添えられていた。

「ぼくは知らんかったけど、嫁はちょくちょく公衆電話で実家の親と話していたみたいです。あれだけ反対していたお義父さんが心配してくれたことがうれしゅうて。でもまだそのときは完全に許してもらえたわけではなかったから、布団を励みにしてとにかく漫才に取り組んだ。そしたら2年後にNHKの漫才コンテストで最優秀話術賞を受賞できた。普通、漫才なんて九州のテレビには映らんけど、NHKは全国で映るやん。

 優勝したシーンをお義父さんが見て、嫁に『ここまで頑張ったなら、結婚を許してもええやん』と言わはった。そこから3年くらい経った頃にぼくらが東京に進出して、西城秀樹さんや野口五郎さんが出る人気歌番組でコントをするようになったとき、お義父さんから『頑張っとるな』と手紙が来て、そこでようやく和解できたと思いましたね」(洋七)

※女性セブン2021年10月28日号