日々、私たちをウイルスの危険から守ってくれるマスク。実はその下では、黙々とシミ予備軍が生み出されていた。「マスクなんかどれでも同じ」「どうせ見えないから何も塗らない」と油断していると、コロナ収束後に大打撃を受けるかも!

 外出時にはUVカット効果があるマスクを着けているし、そもそも、この2年、夏は海やキャンプもがまんしたし、出かける頻度が減って、あまり日光に当たっていない。それなのに、なぜか日に日に顔のシミが増えている気がする……。

 残念ながら、それは気のせいではない。実は、コロナ禍とシミには大きなかかわりがある。

「シミ対策として紫外線を意識する人は多いですが、摩擦の刺激を気にしていない人が多いことが問題です」

 そう話すのは、はなふさ皮膚科院長の花房火月さんだ。

「摩擦」は紫外線と同じくらいシミを増やす重大な原因であり、コロナ禍の影響で、今後ますますシミに悩む人が急増するという見通しもある。

 その原因は「マスク」。肌とマスクが擦れることによって、私たちの肌にシミができやすくなっているのだ。

マスクが「隠れジミ」を増やす

 摩擦がシミを生むメカニズムを、化粧品会社ドクタープログラムの製品企画担当、北岡薫さんが解説する。

「肌の表皮の奥には、メラノサイトという色素細胞が存在します。メラノサイトはシミの原因となるメラニンを作り出す、いわば“メラニンの工場”です」

 髪の毛や瞳が黒いのもメラニン色素の働きによるものだ。メラニンには、外的刺激から細胞の中のDNAを守るという大切な役割がある。

「そのため、紫外線や摩擦で皮膚が刺激されると、表皮を形成する角化細胞はメラノサイトにSOSを出します。するとメラノサイトはメラニンを生成し、角化細胞に送り込む。つまり、それによって細胞の核は外的刺激から守られるのです。

 通常は皮膚の新陳代謝であるターンオーバーによってメラニンを含んだ表皮は1か月程度ではがれ落ちますが、メラニンが異常に増えてしまったり、ターンオーバーが滞って排出できずに蓄積すると黒ずんでシミになってしまうのです」(北岡さん・以下同)

 毎日マスクの摩擦で刺激を受けている肌は、肌の内側にメラニンがたまったシミ予備軍「隠れジミ」が発生している可能性が高い。隠れジミを放置してマスクを着け続けていれば、いずれ肌表面にシミとして現れる。

「コロナ禍が収束してノーマスクで生活できるようになったとしても要注意。マスクの摩擦で隠れジミができている部分は摩擦を受けていないほかの部分と比べ、紫外線の影響でシミができやすくなっています」

 そうでなくても、年齢を重ねた肌は若いときよりシミができやすい状態にある。

 主にシミには「日光性色素斑」と「肝斑」と呼ばれるものがあるが、シミの広がり方やシミができる理由が異なる。花房さんが言う。

「日光性色素斑は、シミとそれ以外の部分の境界線がはっきりしている。一方の肝斑は、頰や目の下などに左右対称で薄茶色に広がっており、境界線がわかりにくい。

 また、日光性色素斑の原因が紫外線による角化細胞の異常であるのに対し、肝斑は30代以降の女性ホルモンの乱れなどが原因とされ、角化細胞の異常もありません。そのため、クリニックで治療する場合、日光性色素斑は異常を起こしている角化細胞を取り除けば終わりですが、肝斑は決定的な治療法がないのです」

 ただし、いずれのシミもメラニンの蓄積によって濃くなるというメカニズムは同じ。摩擦と紫外線が悪影響を与えることも同じだ。

 日頃からシミ対策を心がけることが、最大の防御となる。

顔に合わないマスクでシミリスクが上がる

 肝斑ができやすいのは頰骨の周辺とされ、最もマスクが擦れる部分と一致する。本来ならば、肌への刺激が弱いコットン素材のマスクを着けたいところだが、新型コロナ感染症対策の視点では、不織布マスクでなければ意味がないという報告もあり難しい。

 注目すべきは不織布マスクのサイズや形状だ。最近は、プリーツタイプだけでなく、さまざまな形の不織布マスクが売られている。

「大きくてズレやすいマスク、小さくて締めつけがきついマスクは刺激が強くなってシミの原因になりかねない。自分の顔に最もフィットするサイズや形状のマスクを選びましょう」(花房さん)

 不織布マスクには「UVカット」を売り文句にしている商品もあるが、100%カットしてくれるわけではないので紫外線対策は必須。さらに、マスクが擦れる部分は日焼け止めクリームが落ちやすいため、マスクを着けているときこそこまめに塗り直そう。

 当然、日々のスキンケアにも、マスクの下にこそ気を配りたい。

「乾燥肌は外的刺激を受けやすく、保湿することで肌のバリア機能がアップします。シミ予防には、保湿力を高めバリア機能をサポートする『セラミド』成分が配合されたものを選ぶといいでしょう。

 また美白作用のあるスキンケア用品には、トラネキサム酸やプラセンタエキスなどメラニンの生成を抑える成分が入っていたり、ターンオーバーを促す成分が入っているため、よりシミ予防につながります」(北岡さん)

 摩擦が気になったり、紫外線を浴びたと感じるときは食べ物にもこだわりたい。

「紫外線や摩擦は活性酸素を生み出し、それが角化細胞を傷つけ、シミの原因につながります。ビタミンCが豊富なレモン、いちご、キウイ、ピーマン、パプリカ、ブロッコリーなどは抗酸化作用が高く、活性酸素の発生を抑えてくれます。

 メラニンを生成する酵素である『チロシナーゼ』の働きを抑えるリコピンもシミ予防に効果的。トマト、すいか、グレープフルーツなどに多く含まれています。これらの食材は地中海地方やアフリカ大陸など、紫外線の強い地域でもよく食べられています」(花房さん)

 活性酸素は摩擦や紫外線の刺激が肌に加わると、角化細胞ですぐにつくられる。

 そのため、「ビタミンCたっぷりの果物を毎朝食べる」といった習慣的な食べ方をするよりも、「マスクの刺激を感じたら、次の食事にすぐ取り入れる」という食べ方の方がより効果的だ。

 新型コロナのワクチン接種が進んだり、感染者数が減ったからといって、マスクを着けないという選択はまだ難しい。さらに、摩擦によるシミのリスクはマスクに限らず、メガネの鼻パッドや、洗顔やメイクをするときの刺激など日常生活のあらゆるところに潜んでいる。

 いまできることを行って、シミも感染症も予防することがポストコロナ時代の常識だ。

※女性セブン2021年10月28日号