薬は飲み合わせによっては注意が必要という意識がある人も、「サプリや健康食品のことは医者に言わなくても大丈夫だろう」と思ってないだろうか。「飲めば飲むほど健康になる」と安易に飲み続けていたら、あなたの身体に重大な異変が起きるかもしれない。

 そこで本誌・週刊ポストは日本健康食品・サプリメント情報センターが編集、日本医師会・日本薬剤師会などが監修した『健康食品・サプリメントと医薬品との相互作用事典』から、薬剤師の長澤育弘氏(銀座薬局代表)監修のもと、組み合わせと、その危険度(高・中・低)の一覧表を作成した。

 西洋で古くから伝わるハーブを原料にしたセントジョーンズワートは不安やイライラを抑える目的で利用されるが、「薬学部でも習うほど薬との相性が悪い」(長澤氏)。実際、胃薬や抗凝固薬との併用により薬の効果を弱める恐れがあるとして、相互作用事典で「併用禁忌」とされている。

 新型コロナ感染症の後遺症として出現することが報告されている味覚・嗅覚障害や脱毛症。それらの症状の改善策として、亜鉛のサプリ摂取に注目が集まっている。しかし、亜鉛は抗リウマチ薬の効果を弱める恐れがある。

「サプリの影響で薬の効果が弱まってしまうと、医師に薬が効かなかったのではと勘違いされ、必要以上の薬が処方される可能性もあります。常に何らかの相互作用が生まれる可能性はあるので、薬を飲む時は、サプリをやめるのが得策かもしれません」(長澤氏)

 高齢者の服用が多い骨粗鬆症薬との組み合わせにもこんなリスクがある。医薬情報研究所エス・アイ・シー取締役で薬剤師の堀美智子氏が指摘する。

「鉄やカルシウム、ミネラル類とビスホスホネート製剤というタイプの骨粗鬆症治療薬を同時に摂取してしまうと、互いにくっつき体外に排出されてしまい、薬の作用が減弱する恐れがあります。ビスホスホネートは骨に蓄えられたカルシウムが排出されるのを防ぐ薬なので、排出されては薬を飲む意味がなくなってしまいます。

 そのため、ビスホスホネートは朝起きてすぐ服用し、その後30分は何も食べないでくださいと説明しています」

 アミノ酸の一種で、血管を拡張し血流を促す効果が期待されるL-シトルリン。欧米など海外では男性の勃起機能の改善目的で利用されることがあるが、ED治療薬との併用は「血圧を過度に低下させる恐れがある」として禁忌となっている。

「血管を拡張することで勃起しやすくなるということは、血圧を下げることになります。ED治療薬も特定部位だけの血管を拡張して勃起しやすくする薬なので血圧を下げることになる。作用が増強される恐れがあるということです」(長澤氏)

 大切なのは、飲み合わせに不安があれば医師や薬剤師にきちんと聞くことだと日本健康食品・サプリメント情報センターの宇野文博理事は言う。

「サプリ大国の米国では、購入時に薬剤師に説明を求める人が多いですが、日本では自分から聞こうとする人はほとんどいません。薬剤師には処方された医薬品との相互作用について説明する責務があるので、患者側から積極的に聞いてみることです。そうすることで、場合によっては減薬に繋がる可能性などもあります」

 ドラッグストアで購入できる手軽な商品だからこそ、薬とサプリを両方飲む際は医師に相談のうえ、本当に飲んでいいか慎重な見極めが必要だ。

※週刊ポスト2021年11月5日号