現役僧侶「自動搬送式納骨堂は節度を超えている!」

現役僧侶「自動搬送式納骨堂は節度を超えている!」

「本を読んで、ようやくお墓を改葬する決心がつきました」などの感想が続々と届いている単行本『いまどきの納骨堂』(小学館)。その発売を記念して、著者の井上理津子さんが、大阪大学医学部教授の仲野徹さん、應典院住職の秋田光彦さんと公開鼎談を行った。意見の異なる3人が繰り広げたお墓と終活に対する本音の数々。大いに盛り上がったその模様をお届けする。

【議題】いまどきの納骨堂は是か非か?

 墓じまいした後の引っ越し先として注目を集めるのが自動搬送式の納骨堂だ。『いまどきの納骨堂』では《首都圏には、建設中のところも含めると約30カ所に及び、完売すれば12万〜15万人が使用することになるらしい。都立霊園8か所の使用者数の合計は約28万人だから、今や自動搬送式の納骨堂は誕生して約20年で、なんとその半数に届こうとしている》というほど、増えてきているという。しかし、これまでのいわゆる「土の上に立つお墓」との違いから抵抗感のある人もいて、3人の意見も真っ二つに割れた──。

井上:自動搬送式の納骨堂は、立体駐車場と倉庫が合体したような形です。外観はオフィスビルかミュージアムみたいな建物で、ロビーにあるパネルにカードをピッとかざす。そうすると、空いているブースが示されて、そこが今日の参拝所になるんですね。保管庫からコンピュータ制御のベルトコンベアでお骨が運ばれてきて、共用の墓石にセットされるんです。

 購入されたかたが満足を得ているというのを聞くと、私はそういった自動搬送式もオッケーだと思います。どこも駅近だったりして、交通至便なところでカジュアルに手を合わせるのは、ありだと思いますね。

秋田:大体、あの自動搬送式の機械って、故障したりするんじゃないですか?

井上:そこが問題なんです。今はできたばかりでいいですが、いつかマンションの大規模修繕のようなことも出てきかねない。潰れないところを探さないといけないと思いますけどね。

秋田:その搬送式の納骨堂がいいとか悪いとかって、ぼくがあれこれジャッジする立場にはないですが、どうしても見えてしまうのは、デベロッパーの陰。量とか効率を求めたもので、率直に言えば、ほとんど反宗教的で、お寺がこれまで長い間に培ってきた節度を超えていると思っています。

仲野:その言い方だと、むちゃくちゃお嫌いですよね?

秋田:宗教が大事にしてきたものをかなり否定しているような気がするんですね。駅に近いし便利やん、建物もきれいで気持ちいいやん、というふうにお客様本位で決められていく。だんだん価値観が変わってきているんでしょうね。

井上:いえ、納骨堂を選ぶ人は利便性優先であっても、故人に手を合わせたい気持ちがあってこそだと思います。その部分は、従来のお墓に求めるものと変わらないんじゃないかな。経営主体のお寺が、堂内で法話や写経の会をやり、参加する人もいます。さっきの仲野先生の言葉のように、お参りの回数が増えたという人がとても多いですしね。

秋田:ぼくらはお寺で何百年という単位でずうっと培ってきた儀礼とか慣習を引き継いで、次へとまた繫いでいきたいんです。「土に還る」って日本人の死生観のベースじゃないですか。だから、批判はしませんが、私はうちのお寺で搬送式はやらないと思います。

井上:じゃあ、ロッカー式とか仏壇式とかの納骨堂はいかがですか?

秋田:それは、まあ、許容できるというか、うちの寺でもやっていますしね。それは地に根づいているということと、お寺さんがしっかり責任を持ってなさっているところが多いんじゃないかなと思いますね。

井上:自動搬送式の「回るところ」とどう違うんですか?

秋田:いや、自動搬送式は販売とか設計、管理とか、全部デベロッパーがやっているじゃないですか。彼らの考え方は完全に収益優先で「お墓ビジネス」です。お墓には矛盾もあれば、不合理もある。完全にシステム化できないんです。そういう構造の中で出来上がったものから、生き死にの物語は引き継ぎにくいんじゃないかと思っています。

仲野:私も秋田住職の意見に賛成で、搬送式は嫌ですね(笑い)。何となく感覚ですが。うちの母親も、もし搬送式の墓を選んでたら、絶対賛成せえへんかったと思います。

井上:でも、その搬送式をご覧になったら、また違うと思います。食わず嫌いのかたは絶対多いと思うんですよ。

秋田:骨を納める高層マンションのようなお墓っていうのは、グローバルで見た場合、異様な建物だと思います。

仲野:その建物の中に1万人分ものお骨が入っていると思ったら、極めて気持ち悪いですよね。

秋田:ところが、香港とか中国が同じような問題を抱えていて、その搬送式を日本のデベロッパーが売りに行ってるんです。日本の技術力はすごいんですよ。アジアでああいったものが林立してくるのは予想されるんだけど、私にはいいとか悪いとかは言えないから。でも、食わず嫌いはいけないから、一度…。

井上:一回、ご案内しますから、来てください。

秋田:行きましょう。案外いいじゃないって、すっかり変わったら困りますけどね(笑い)。

【プロフィール】
井上理津子■いのうえ・りつこ。1955年奈良市生まれ。ノンフィクションライター。著書に『葬送の仕事師たち』『親を送る』『さいごの色街 飛田』など。最新刊はさまざまなお墓を取材した『いまどきの納骨堂 変わりゆく供養とお墓のカタチ』。

仲野徹■なかの・とおる。1957年大阪市生まれ。大阪大学大学院・医学系研究科教授。専門は「いろんな細胞がどうやってできてくるのだろうか」学。著書に『こわいもの知らずの病理学講義』『(あまり)病気をしない暮らし』など。

秋田光彦■あきた・みつひこ。1955年大阪市生まれ。大蓮寺の29代目の住職、應典院代表。人生の末期を支援するエンディングサポートをNPOと協働して取り組むなど「協働」と「対話」の新しい地域教育にかかわる“おもろい住職”。

※女性セブン2019年1月1日号


関連記事

おすすめ情報

NEWSポストセブンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索