12月20日(月)の『徹子の部屋』に、岩下志麻が登場する。

早くからスマホやメールを使いこなし、夫・篠田正浩の監督引退作品では自らカメラを回して記録映像を作るなど、機械好きで知られる岩下。

コロナ禍で通っていたジムが閉鎖したときには、自ら「オンラインでやれませんか?」と提案。トレーナーと話し合いながらオンラインレッスンを開催することができたそう。

ジムと違い、家の中から音声だけでレッスンに参加。その気楽さにはまってしまい、新しく気功のレッスンも受けはじめた。外出を控えた暮らしのなかでも新しい楽しみが増えたのだという。

先日亡くなった中村吉右衛門さんとは映画デビュー作で共演。初めて親元を離れて地方ロケに参加し、ホームシックで泣いていた岩下を吉右衛門さんはトランプ遊びで慰めてくれたとか。

また、結婚後に夫と作った映画『心中天網島』では、心中相手を演じてもらった。歌舞伎仕込みの指先まで、妥協しない演技を尊敬していたと語る。