7月7日(木)の『徹子の部屋』に、女優の古村比呂が登場する。

2012年に子宮頸がんが発覚し、2017年には再々発も経験。息子3人の応援を受け、きつい治療も頑張ることができたという。

幸い治療後の経過もよく現在は定期健診のみ。同居している2人の息子の世話をしながら元気いっぱいで暮らしているそう。

82歳の母もいまだに1人暮らし。勉強好きな母はスマホやパソコン操作を覚え、大好きな音楽を検索しては楽しんでいるのだとか。

そんな母が、古村の再発をきっかけにうつ病になってしまった。原因は仕事の関係で再発を公表せず伏せたこと。

陽気でお喋り好きな母は誰かに話すことで不安を解消していたため、口止めされたことがとても辛かったのだと後になってわかった。

母の不安を聞き手助けをしてくれたのは息子たち。逞しく成長した3人には感謝していると話す。