12月8日(木)の『徹子の部屋』に、中井貴一が登場する。

出演するドラマ『ザ・トラベルナース』が好評の中井。初挑戦となったナース役の役作りや周囲の思わぬ反響を明かす。

中井は今回、ナース役を演じるにあたってナイチンゲールの言葉にはじめて触れ、共感したものをあたかも自分の言葉のように人に伝えたそう。

さらに、役作りで覚えた応急処置で喉に物がつかえた知人を助けた話、ドラマが放送されてから病院へ健診に行ったら全ナースから大好評だった話など、爆笑と驚きのエピソードを披露する。

大学生だった19歳の頃に映画出演して俳優生活をスタート、現在61歳の中井。

デビュー当時から中井を見てきた黒柳徹子に、これまでの俳優人生、コロナ禍での暮らし、20年以上連れ添う妻との秘話を語る。

また、若くして逝った二枚目俳優の父・佐田啓二さんへの思いや、2020年に受章した紫綬褒章についても語られる。