5月31日(金)に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、マツコ・デラックスが有吉弘行の“裏切り行為”にショックを受ける場面があった。

この日は、視聴者から寄せられた「何気なく入った飲食店で“この店当たりかも?”と思うポイントは?」といったテーマでトークを繰り広げた2人。

有吉は「水がめっちゃ冷たい」と“この店当たりかも?”と思うそうで、逆に「(水が)ぬるいともう諦めちゃう」と話す。

一方、マツコは「身も蓋もないけど“印象”で味が変わる。ただ単に“おいしいかどうか?”じゃない場合もある」とのこと。

これに有吉も「Theうまそうな町中華ってその時点で口が“うまく”なっちゃっている」と共感。結局お店の雰囲気や接客態度など“印象”や“思い込み”で味の感じ方が左右されるといい、2人は「気の持ちよう」といった結論に辿り着く。

そんななか、『夜の巷を徘徊する』(6月7日(金)放送)のロケで、有吉の故郷・広島を訪れたというエピソードを披露したマツコ。広島では人生初の穴子の刺身を食べたそうで、「淡白だと思っていたらめっちゃ味が濃い」と感想を語る。

すると、有吉から「参宮橋のうなぎ屋さん、(収録の)次の日、『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ)のロケで店の情報言って、行ってしまった」との報告が。

というのも、先日の『かりそめ天国』で、大久保佳代子と黒沢かずこが東京渋谷区のうなぎ屋「参宮橋あさや」を訪れたVTRを放送。うなぎ好きのマツコ&有吉は「みんなで行こう」と盛り上がっていたが、有吉だけ抜け駆けしていたことが発覚する。

まさかの展開に、マツコは「せめてその回だけでもアタシを呼びなさいよ!」とあ然。

その味は想像以上だったようで「おいしかった。感動した。いろんな種類のうなぎがあって…」と大興奮の有吉だったが、マツコは「アタシこの番組はじまって1番ショックなんだけど…」「みんなで行こうって言ったじゃない!」と意気消沈する。

はじめて有吉から裏切られてしまったマツコは「もう今日しゃべんない」とすねていた。