宮川一朗太、「人が住んでる形跡すらない」極寒の地に住む日本人女性を探す

宮川一朗太、「人が住んでる形跡すらない」極寒の地に住む日本人女性を探す

世界各国の“極地”で暮らす日本人を訪ねる番組『世界の村で発見!こんなところに日本人』(ABC・テレビ朝日系)。

「ハプニング発生! 緊急事態勃発! 波乱の3時間スペシャル」と題した2月12日(火)の放送では、宮川一朗太が極寒のアラスカ、氷点下の森に住む日本人女性を探しに向かう。

©ABCテレビ

「初めてのアラスカ、人生最北ですね!」とアンカレッジの空港でニッコリと話す宮川。空港を一歩出ると、「グーッと身が縮こまるような寒さです」とあまりの寒さに思わずのけぞってしまうほどだ。この日の気温はマイナス12度。「人生初のマイナス2桁ですよ」と猛烈な寒さに体を慣らしながら、まずはアンカレッジの市内へと向かう。

しかし、雪に覆われた市内に人通りはほとんどなく、歩いている人を見つけることだけで四苦八苦。ようやく見つけた人に話を聞いてみると、目的地であるマーフィードームの場所が判明。北へ420キロほど。フェアバンクスの郊外にあるそうだが、行くためにはアラスカ山脈を超えなくてはならない。

©ABCテレビ

列車で行けるという情報を得た宮川は、アンカレッジ駅へ向かう。閑散期でもある1月はなんと週に1便しか列車が走っていないのだが、ラッキーなことに翌朝にフェアバンクス行きの列車が運行しているという。思わず喜びを爆発させる宮川。その夜は地ビールとサーモングリルで英気を養い、翌日からの旅に備えることに。

翌朝、気温はなんとマイナス17度!「息が吸い込めない」という寒さのなかアンカレッジ駅へと向かった宮川は、アラスカ鉄道でフェアバンクスを目指す。

その車窓には野生のムース(ヘラジカ)やデナリ山(マッキンリー)など極北の大自然のパノラマが! そんな車窓を眺めながら「(日本人は)この景色に魅せられた人なのかな。本当にこの景色は雪が作り出した芸術ですよ」と圧倒的な風景美へ感動しつつ、日本人への思いをはせる。

©ABCテレビ

フェアバンクス郊外にあるマーフィードームは、ドーム状の施設だけがポツンとある丘。マイナス30度〜40度が当たり前な、「人が住んでいる形跡すらないですね」という真っ白な世界だが、雪に覆われた森の中でその日本人女性は暮らしていた。

かつてはオーロラの研究をしており、世界的な発見もしたというその女性は、なぜこの地で暮らすこととなったのか?


関連記事

テレ朝POSTの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索