PRESIDENT Online 掲載

離婚すべきか回避すべきか、判断の基準はどこにあるだろうか。夫婦問題研究家の岡野あつこさんは「一時の感情やその場の勢いで、離婚しかないと思い込む前に、一度立ち止まって考えることが大事です」という。離婚したことを今も後悔し続ける妻と夫、3つのケースを紹介しよう――。

■離婚したことを今も後悔し続ける妻と夫3ケース

「あの時、別れなければよかった」「離婚以外にも選択肢はあったはず」そんなふうに離婚を後悔している人たちもいる。離婚か修復か、こじれてしまった夫婦関係をどうするかは、最終的には自分自身で決断しなければならない。

ところが最善の選択をしたつもりでも、離婚の先に後悔が待っていることもある。たとえば、こんなケースだ。

※プライバシーに考慮して、事実関係の一部を変更しています。あらかじめご了承ください。